資格の選びのポイント - 難易度や取得方法など役立つ情報を一覧で紹介 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 資格の選びのポイント

資格の選びのコツ

ポイント画像資格の選びのポイント!

国家資格から民間資格まで、何千もの資格がある現在。国家資格だけでも1000を超え、 その膨大な資格のなかから自分に合った資格を見つけるのはとても大変です。 ここでは、資格の選び方の一例として、自分の「タイプ」から候補をしぼる方法を紹介します。
就職・転職・やりたいことがある人
資格を取得するには、ほとんどの場合、少なからず試験勉強が必要になります。そして効率のよい学習を実現するには、 自分の興味に沿った分野であることが一番です。好きなことなら難しい勉強でもさほど苦にはならないはずです。 やりたいこと、すなわち興味のある分野が明確に決まっているなら、どんな資格が必要とされているかを判断する必要があります。 採用担当者が求める人材であることを、資格によって証明できるように、的確に資格を選びましょう。
キャリアアップをしたい人
資格を取得するには、ほとんどの場合、少なからず試験勉強が必要になります。そして効率のよい学習を実現するには、 自分の興味に沿った分野であることが一番です。好きなことなら難しい勉強でもさほど苦にはならないはずです。 やりたいこと、すなわち興味のある分野が明確に決まっているなら、どんな資格が必要とされているかを判断する必要があります。 採用担当者が求める人材であることを、資格によって証明できるように、的確に資格を選びましょう。
とにかく資格がほしい人
将来にそなえて、なんらかの資格を取っておきたいが、どれを取ったらいいかわからない、という人は少なくないかもしれません。 そうした場合には、とにかく資格の情報を集めてみるのがおすすめです。 民間資格では、取得のための講座を開いていることが多いのですが、その資料を請求してみるのもよいでしょう。 通常、資料は無料です。そうして、勉強したい資格かどうかをよく検討してみてください。 資格の取得を目指す際には、目的を明確にすることが大切です。目的があいまいでは、努力して勉強する意欲もわきにくく、 たとえ取得に成功したとて、それを有効に活用できないままとなってしまいます。 これでは、資格取得に投じた時間や労力、費用が、すべて無意味になってしまうでしょう。 まずは自分の人生設計をある程度、明確に立てることから始めてください。 どのような仕事をして、どのような生活をしたいのか。そのためには、なにが必要なのか。 その必要なもののなかに、取得すべき資格が見えてくるはずです。 人生設計と言っても、さほど大げさに考える必要はありません。現在の自分を見つめ直し、客観的に観察し、 これまでの人生の履歴を振り返ってみましょう。学歴や職歴はもちろん、部活動やサークル活動など、学校や仕事場、家庭での経験を踏まえながら、 これまで取得してきた資格についてもかえりみて、自分の過去を鮮明に洗い出す作業をしてみましょう。

ちなみに資格業界で人気の資格ジャンルは下記の通りになります。

  • 医療事務資格
  • 介護資格
  • 調剤薬局事務資格