調剤薬局事務資格 - 難易度や取得方法など役立つ情報を一覧で紹介 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 調剤薬局事務資格

調剤薬局事務資格

ポイント画像調剤薬局事務資格おすすめポイント!

医療・介護系の需要が高まっているので当然ながら調剤薬局の需要も高まっています。
調剤薬局は剤師さんが調剤のお仕事だけにとりかかれるように補助するお仕事で、女性に人気の事務職です。
調剤薬局事務は専門職であるのですが、難易度も高くなく、仕事から勤務形態に自由がきくので パート・アルバイトとして勤務できるため非常に女性に人気となっています。
調剤事務管理士とは、調剤薬局・総合病院などの医療機関・ドラッグストアで薬剤師さんのサポートなどを行う仕事です。
主な業務は「薬剤師のサポート」「処方箋の受付と会計業務」「保険請求分のレセプト作成」です。
パートなら時給800~1000円前後、社員ですと月収15~20万円前後です。
特別お金が良いわけではないのにこの資格が人気があるのには理由があります。
資格の難易度が低いことと、調剤事務管理士の仕事柄家庭と育児の両立がしやすいことです。
また医療機関、ドラッグストアは全国にあるので就職率も高めです。
この資格の取得を目指す上で、医療事務系の資格にするか、調剤事務の資格にするか迷う方がいるかと思います。
この二つは根本的に学ぶ範囲が異なります。調剤薬局事務は「薬剤」のみですが、医療事務は「薬剤・入院・処理・手術」になります。
この範囲=難易度と考えても良いです。調剤薬局の方が難易度が低いので気軽に受けやすく、人気が高まる要因でもあります。
また先に調剤事務管理士を取得してから医療事務資格する人も多く、二つ取得することにより働ける職場が広がります。