介護に役立つ資格 - 難易度や取得方法など役立つ情報を一覧で紹介 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 介護に役立つ資格

介護資格

ポイント画像介護資格のおすすめポイント!

高齢化社会を迎え確実に介護系の仕事の需要は高まっています。また不況でも介護関係の仕事は安定した需要があると言われています。 現在は施設や在宅介護の現場において女性が8割近くをしめており、今後は力のある男性の需要も期待されます。
人材不足を補うために外国人を介護員として受け入れようという動きもあり、今注目の業界と言えます。
介護資格といっても、いくつもの種類がありので就職に比較的有利のものをまとめてみました。
技能認定振興協会が実施する技能認定試験です。各介護施設においてケアマネージャーが行っている、介護事務全般をサポートする事務のお仕事です。
受験資格がないので同じような資格のケアマネージャーと迷うかもしれません。
介護事務管理士は介護報酬請求事務など専門的なことですが、ケアクラークは介護事務だけでなく幅広い知識を問われます。
別名ケアワーカーと呼ばれる介護福祉士介護関係の仕事に就いている方には、広く認知されている国家資格です。
介護福祉士の資格は確かな介護スキルの証明となり、就職や転職に大変有利ですし、有資格者や手当てや待遇のアップも期待できます。
将来的に高齢化社会が予想されるか特にニーズが高まっていて、社会福祉施設や老人ホーム、障害者施設だけでなく、 医療機関、ケアつきの高級マンションなどで活躍している人が増えています。
ケアマネージャーは受験資格が必要なため、それなりの介護経験がないと取得できない資格です。
その分任せられる仕事はやりがいのある仕事が多く、高齢者や障害者からの相談に応じ、適切な介護プランを作成し、 各事業者や保健施設と連絡調整を図り、作成したプランがきちんと実施できているかもチェックします。
介護の仕事についていてキャリアアップを目指す方におすすめの資格となり、有資格者は転職・就職でも大変有利です。
福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所が1999年5月にスタートさせた新しい検定資格です。 高齢者や体の不自由な方が「安全で安心して暮らせる住まい」を提案・サポートする資格です。 近い将来、超高齢化社会を迎える中で福祉関連の住宅に関するスペシャリストとして注目されている資格です。 高齢者や障害者の身体的特性や生活特性を考えてアドバイスしますので住環境に関する幅広い知識が必要となります