資格の取り方 » 国家資格 » IT(パソコン) » ITパスポート試験〈iパス〉(IP)

ITパスポート試験〈iパス〉(IP)

ITパスポート試験は、現在のIT時代を生きるビジネスマンにとって不可欠な情報技術の基礎知識を問うテストです。分野はストラテジ系やマネジメント系、テクノロジ系にわたり、それぞれにおいて基礎レベルの用語や概念をどれだけ理解できているかが判定されます。なお、この試験は情報処理技術者試験のレベル1に相当します。

資格詳細
ITパスポート試験、略して「iパス」は、日本唯一のコンピュータ関連の国家試験である「情報処理技術者試験」の区分のひとつであり、12区分のなかでもっとも基礎的な試験です。現代はあらゆるビジネスの現場で情報処理技術の活用や安全なネットワークの利用が不可欠となりつつあることから始まった試験で、基本的なIT知識のほか、ソフトウェアのライセンスなどに関する法規、マネジメントや経営戦略などの知識がためされます。基礎とはいえ出題範囲の広さが特徴です。

活躍場所
iパスに合格することで、基礎的なIT知識を持ち、パソコンおよびネットの利用ができると認定されます。すなわち、職場でパソコンを使うのに基礎的な教育を必要としない人材であることが証明されます。業務でPCやインターネットを利用するすべての職場で活かせる資格だと言ってよいでしょう。

収入と将来性
ITパスポート試験に合格することで劇的に収入が変わるということはないでしょうが、国家試験だけに信用は高く、就職や転職の際に、確実に評価されるポイントとなります。少なくとも、パソコンの使い方を基礎から教えなくてもよい人であることが国によって認定されている、というのは大きな強みです。また、会社によっては昇給や昇進のための評価材料とされる可能性もあります。

向いている人
あくまでも基礎知識がためされる試験であり、難しい内容ではないので、すべての人に向いていると言ってもよいかもしれません。これからパソコンを使えるようになりたいという初心者が、ひととおり基本を学んだあと、しっかり基礎が身についているかどうかを確認するために受験するのに最適です。また、基本情報技術者や応用情報技術者など、その他の「情報処理技術者試験」にチャレンジする上で、ITパスポート試験を最初のステップにするのもよいでしょう。

取得方法
受験資格は特に制限がなく、だれでも受けることができます。国家試験として初めてCBT方式(パソコンを使った試験)が導入されているので、ある程度、パソコンに触れて慣れていないと試験で実力を発揮できません。問題集やガイドブックも出版されていますので、試験勉強は独学で充分ですが、不安があるようなら、専門学校などで実施される試験対策セミナーや模擬試験を利用するのがおすすめです。



ITパスポート試験〈iパス〉(IP)資格の難易度偏差値

偏差値45
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ITパスポート試験 合格
所轄・主催:
経済産業省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2019年資格日程

願書受付
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
試験日
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
合格発表
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

ITパスポート試験〈iパス〉(IP)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にやや有利 特になし ★★★★★ 独学 通学 通信

ITパスポート試験〈iパス〉(IP)試験概要

受験資格 不問
試験内容
試験時間:
165分

出題形式:
四肢択一式

出題分野:

ストラテジ系
(経営全般)35問程度
企業と法務・経営戦略・システム戦略
マネジメント系
(IT管理)25問程度
開発技術・プロジェクトマネジメント・サービスマネジメント
テクノロジ系
(IT技術)40問程度
基礎理論・コンピュータシステム・技術要素
合格率 48.30%
願書受付期間 随時
試験日程 随時
受験地 全国主要都市
受験料 5700円
合格発表日 翌月中旬
合格者には翌々月上旬に合格証書を発送
受験申込・問合せ 独立行政法人 情報処理推進機構 IT人材育成本部情報処理技術者試験センター
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15F
TEL:03-6204-2098
ホームページ 【ITパスポート試験】情報処理推進機構
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/

ITパスポート試験〈iパス〉(IP)のレビュー

(2件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

ウィービット
専門校で学び1回目のチャレンジで合格できました

2019年01月11日
事務に準ずる仕事をこれまでこなしてきて、よりITに関連のある職種に就きたいと考えるようになった頃。基本情報技術者という資格があることを知りました。
これまでエンジニアの仕事について知識はありましたが、技術面での知識はほんとんどないといっていいくらいでした。仕事は今までどおり続けながら独学での勉強をしばらく続けていましたが内容があまりに専門的だったため限界を感じていました。一度職場から離れて、社会人入学をして勉強し直すことに決めたのはこのためです。専門校は2年間あったため、じっくりと勉強に取り組むことができました。希望だった基本情報技術者の資格取得は在校中に取得はかないませんでしたが、ITパスポートを1年めで取得することができました。これを機会に自信もついてきて、より勉強に熱心になることができました。専門校修了後は、以前から希望していたIT関連の非常勤講師の仕事に就くことができました。やはり専門校での2年間とITパスポート取得は決め手になったと思います。
このレビューを4人中3人が評価しています


ほりのうち
ITの基礎を広く浅く学びたい人に!

2018年11月20日
ITパスポート試験の合格には、【知識を広く浅く暗記する】が重要になります。
試験は、ITの基礎的な知識を確認するものですが、範囲はかなり広く、パソコン周辺の
基本知識からプログラミング、簿記、企業経営・コンプライアンスなど3部門から出題されます。
また、3部門の各点数と総合点数が基準を満たさないと合格にならないため、バランスよく対策を
することが大切になります。
私は、会社からの指示で受験しましたが、試験勉強に4ヶ月程かかりました。この資格試験の
メリットは、試験日を自分で設定出来るので、十分に対策をしてから本番に臨むことが出来ます。
対策は、私はIT初心者のため、テキストを読み込む→問題を解くを繰り返しました。
試験には、計算問題(例:簿記や確率)も出題されるため、解法を暗記してミスを減らすように
しました。一番時間がかかったのは、OSS、CPUなどの英語表記が何を示しているかを理解する
ことでした。IT初心者は、各機器の役割や、用語が結びつくまでに時間がかかります。
私は過去問を解いて、この用語では~の部分が問われる、と試験対策を重視しましたが、
ネットで調べて、普段どの部分で活用されているのかを理解した方が、後々仕事などで役に立つ
場面が出てくるかと思います。
試験当日は、パソコンでの解答になるため、操作が初めての人は、ITパスポートのホームぺージで
体験出来るので、慣れておいた方が焦らないです。わからない問題があっても、全問選択問題のため、
点数を稼いでください。私は、当日対策していない問題が大量に出ましたが、勘で選択し
ギリギリでしたが、合格出来ています。
この資格自体は、ITの基礎が出来ている、という証明になるため、取得して転職などへの有効性は
あまりないです。しかし、企業のIT部門に異動したい、転職したいと考えている人は、
ITパスポートの上位試験である情報処理技術者試験の土台作りとして挑戦して損はありません。
このレビューを10人中10人が評価しています