資格の取り方 » 公的資格 » 公務員 » 教員免許状

教員免許状

各種学校(幼稚園、小学校、中学校、中等教育学校、特別支援学校)の教員になるには、教員免許状が必要です。教員免許は、学校種や教科ごとに分かれており、法律上の所要資格を満たした上で、各都道府県の教育委員会に申請することで取得できます。一般的には、大学や短大の教職課程を修めて取得しますが、教員資格認定試験制度を利用するなどの方法で取得することも可能です。

資格詳細
日本では教育職に就き教育を行うためには教員免許の資格をもっていることが必須とされています。教員免許状には普通免許状、特別免許状、臨時免許状があり、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の校種別に分かれています。さらに普通免許状は専修免許状、一種免許状、二種免許状があり、取得のために必要な単位数や科目など取得方法によって異なります。教員免許状を取得するためには大学や短大で、必要な「単位」と「学位」を得る必要があります。必要な単位を修得したのち、各都道府県によって教員免許状が授与されます。

活躍場所
教員免許状の校種によって異なりますが、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校で教鞭をとることができます。養護教諭、栄養教諭の免許状では校種関係なく働くことができます。ただし、教員免許状をもっていても教員採用試験に合格しなければ教諭として働くことはできないので、教員免許状は教員採用試験を受けるための資格と捉えることもできます。他にも、塾や予備校、家庭教師も教員免許状をもっていることを条件にしていたり、採用されやすくなることがあります。学校だけでなくあらゆる教育現場で働くことが期待できます。

収入と将来性
公立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校に就職した場合、給与は各自治体の規定によって決まります。私立学校の場合は各学校の規定によって決まるので、あらかじめ調べておくことをおすすめします。公立の各校種で働く場合は教育公務員になるため、毎年の昇給と手厚い福利厚生が保障されています。ただし注意しておきたいのは、教員には残業手当がないということです。「残業見込み手当」などの名称であらかじめ基本給に見込み残業代が上乗せされています。そのため地方公務員と比べると基本給は高いといわれます。少子高齢化で教員の削減の方向に進んでいますが、一方で教育の必要性や、特別な教育を必要とする子どもの増加により教員はまだまだ一定数以上必要とされています。将来的にも必要とされ続ける貴重な職業です。

向いている人
教育に対する信念があることが第一です。教員免許状は教育のプロフェッショナルを証明する資格なので、一人ひとりの子どもと真剣に向き合える真摯さが必要です。どれだけ働いても残業代は出ないので、教育にお金以上にやりがいを感じられる人が向いていると思われます。人と関わる仕事なので、人が好きであることが必要な条件といえます。教育現場では専門科目に関係なく「先生」となるため、自分の専門科目以外の一般教養、一般科目にある程度精通していることが求められます。教育活動は子ども本人だけでなく保護者、他の教員との連携が必要になります。円滑にコミュニケーションをとれることが期待されます。

取得方法
教員免許状の取得には、定められた単位数、科目の履修が必要です。大学や短大によって異なりますが、すべての科目に試験やレポートがあります。すべて教育に関わるものなので、自分の経験や考えだけでなく様々な人の意見や専門書を読み知識と技術を積み重ねていくことが良いでしょう。教員免許状の取得には教育実習が必須なので、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校な取得したい免許状の校種で実習を重ねる必要があります。様々なシチュエーションに応じた対応など現場に基づいた指導方法を直接学ぶことがとても力になります。



教員免許状資格の難易度偏差値

専修 一種 二種
偏差値53 偏差値52 偏差値50
普通
普通
簡単
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 高等学校教諭一種免許状(英語) 取得
平成○年○月○日 中学校教諭一種免許状(英語) 取得
所轄・主催:
文部科学省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

教員免許状資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
公的資格 就職や転職にかなり有利 特になし 大関クラス 通学 通信

教員免許状試験概要

受験資格
専修免許状:
修士の学位を持つ者
一種免許状:
学士の学位を持つ者
二種免許状:
短期大学士の学位を持つ者
試験内容 大学院、大学、短大などの教職課程にて「教科に関する科目」や「教職に関する科目」などについて所定の単位を取得した上で、学位を取得することで教員免許状が授与される。

教員になるには、公立学校なら各都道府県または政令指定都市の教育委員会、国立・私立学校なら学校ごとの採用試験に合格する必要がある。
合格率 24.6%(東京都中高共通)
願書受付期間 取得方法により異なる
試験日程 取得方法により異なる
受験地 取得方法により異なる
受験料 取得方法により異なる
合格発表日 取得方法により異なる
受験申込・問合せ 文部科学省 初等中等教育局教職員課
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL:03-5253-4111
ホームページ 教員の免許、採用、人事、研修等:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/01_h.htm

教員免許状のレビュー

(3件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

とっぽ
今の時代、選択肢は広がっています

2020年06月23日
元々教員を目指していたわけではありませんが、
大学の科目を選択する時に
「せっかく資格が取れるのならば取っておこう」と
軽い気持ちで選びました。

その結果、履修科目が増えることで授業時間数も増え、
長時間学校に拘束される事になったのです。
教育実習では準備等初めての経験の連続で大変な事が多く、
毎日クタクタになってしまいました。。
でも、最後は良い思い出となり、「教員という道も悪くはないな」
という考えに変化していったのです。

教員免許は卒業時に取得できますが、
教員採用試験に落ちてしまった私は、
一般の会社に就職しました。

ところが結婚して数年、再び社会復帰する頃には
「中学校教諭」という免許が思いがけず役に立ったのです。

今や活躍の場は中学校だけでなく、小学校や福祉施設、
家庭教師や塾の講師など様々な選択肢があります。
私は今もこの資格を生かして仕事を続けていますが、
大変やりがいがあり、頑張って取得して良かったと
心から思っています。
このレビューを9人中8人が評価しています


kuma
子育てにも役に立ちます。

2019年01月10日
教員免許はたくさんの単位が必要になるので、とても忙しい学生生活になります。
実際、私も授業がたくさん入り、時間割もいっぱいになりました。
大変だからと取らない友人もたくさんいましたが、私は取得して良かったと思っています。
実際に取って良かった所は、教員に関係ない企業や医療関係のお仕事でも、履歴書に書くと面接の際にある程度良くみてもらえる点です。
また、教育関係(塾講師、家庭教師、採点業務)のお仕事では採用されやすく、強みになります。
学生時代には、家庭教師や塾でアルバイトをする時に、「教職を取ってる」と言うと採用されやすかったです。さらにアルバイトしながら勉強にもなりました。
私が免許を取って一番良かったと思うのは、実際の生活、自分の子供の教育に役にたつ所です。
免許を取る為に、「教育心理学」、「教育原理」、「生徒指導論」、専門として「国語科教育法」など、書くとキリがありませんがたくさんの内容を学びます。
もちろん教育実習で、2週間ほど出身校に行き、生徒たちと関わったりして勉強します。
その時には気が付かなかったのですが、教員免許を取る為の授業で勉強した事が、実際に自分の子供の育てる際にとても役にたっているのです。
子供との関わり、生活の仕方、物事の考え方、先生や友人との関わり、資格試験・テストのサポート、勉強を教える、進路など。
生活面、勉強面などのさまざまな面で役にたっていると実感しています。
取って良かった点がほとんどなのですが、国語科に関しては書道の経験が少ない方は少し大変かもしれません。
中学校では国語科の教諭が書道を教える事が多いので、教職科目でも書道の授業が必修になっています。(必修なので避けて通れません。)
書道を習った経験のない友人は、かなり大変な様子だったのを覚えています。
私自身も書道は習っていましたが、生徒に教えられるレベルかどうかは少し微妙です。
学生生活も忙しくなり、いくつか大変な面もありますが、教育実習などのなかなかする事の出来ない貴重な経験もでき、授業の内容もとても充実したものになるので、
教員になる予定、教育に携わる予定のない方も、是非機会があれば取得する事をおすすめします。
このレビューを7人中7人が評価しています


シドニー
教員を目指す前に、会社員経験もあり

2018年11月15日
教員免許は大学や取得する免許(小学校や中学校、専門教科)により授業内容が異なるため、
一般的な流れと私の教育実習経験や、最近の傾向について説明します。
教員免許は、専門教科と教育分野に分かれて指定した単位を取得出来ないと、教育実習の申込が
出来ないため、計画的に進める必要があります。また、介護実習を1週間する必要があります。
授業数が多いため、自分の時間を大事にしたい人は勧めません。
私は大学2年の時に、介護実習に行きましたが、結論から言うと介護を勉強出来て良かった、です。
最初は何故実習に行くのかと思いましたが、経験してみると自分の家族で介護が
必要になった時、多少でも経験があれば焦らず対応出来ると感じました。また、認知症部門も
経験しましたが、実際に患者と対面してみるとTVで見る以上に驚くことが多く、貴重な体験でした。
教員免許を取らなくても経験して損はないと思います。
教育実習では、私は母校の私立中高一貫校で実施しました。高校社会で授業しましたが、
教科書20ページほどの範囲のために、図書館から10冊程借りて、事前準備をしました。教科にも
よりますが、生徒は全く知識が無い前提で授業を受けるため、飽きさせない工夫が大切になります。
私は途中に人物の豆知識などを説明して、一方的な教科書の説明にならないようにしました。
最近の傾向ですが、社会人経験のある教員の採用も増加しています。会社での勤務経験があれば、
生徒の進路指導にも説得力が増し、良い刺激になるからです。教員採用試験で不採用でも、一度
会社で働くことで、再度挑戦する際にプラスになることもあります。実際私の母校では、
教員になった人が、1年間会社で働いて戻っていましたので、経歴にマイナスに働くことは無いと
思います。また、海外の日本人学校では、教員免許を所持していると、優先的に教員採用されることも
あります。取得が大変ですが、将来の保険として持っておいて損はない資格です。
このレビューを12人中12人が評価しています