資格の取り方 » 民間資格 » 事務 » 漢検(日本漢字能力検定)

漢検(日本漢字能力検定)

日本で生活してゆく上で、老若を問わず身近に求められ続ける漢字の知識。漢字が読めなければ、生活に不自由さえきたします。漢検は、その漢字の読み書き能力を証明する検定試験で、下は3歳から上は101際まで、受験者の年齢層の幅が広いのが特徴です。1~10級のなかで自分の実力に合った受検ができますが、1級は年間に500人ほどしか合格できない難関となっています。

資格詳細
古代に中国から輸入した漢字は、日本人が初めて手に入れた文字であり、ひらがなやカタカナに派生して、日本独自の文字文化を形成しました。多少、形を変えながらも、現在に至るまで、漢字は日本語のコミュニケーションに不可欠な存在となっています。日本漢字能力検定、略して「漢検」は、その漢字の読み書き能力を判定する公的な検定試験。とてもポピュラーな検定であり、例年、200万人を超える受験者があり、年齢層も3歳から101歳までと、きわめて幅広いことで知られています。

活躍場所
漢検で認定される漢字能力は、日本語が使われるあらゆる場所で役に立つと言ってよいでしょう。日常生活全般はもちろん、ほとんどのビジネスにおいても漢字能力は必要ですし、難しい漢字を読み書きできることは、その人の教養の高さを示すことにもなります。漢検は、単に漢字の知識だけでなく、事務処理能力や文章構成能力の向上にもつながるため、社員研修の一環にしている企業もあるほどです。高校や短大、大学によっては、入学時の評価対象としている学校もあり、受験や就職に有利となる検定でもあります。

収入と将来性
漢字能力は、日本に暮らす人にとっては一般教養の範疇であり、常用漢字に至っては常識のレベルです。そして逆に、常用外の難しい漢字は、読み書きできなくてもあまり不都合はありません。漢検の成績が、収入の増加や出世につながることはほとんどないでしょう。しかしながら、日本人が漢字を使い続けるかぎり、常識としての漢字の必要性は変わらないため、将来性は盤石です。パソコンなどで漢字を入力するにしても、正しい漢字能力がないと誤変換を頻発したり、誤りに気がつかなかったりするケースが大幅に増えます。対外的な文書で誤変換がそのままになっていると、あらぬ誤解をまねく可能性がありますし、それを書いた当人個人だけでなく、企業のイメージまで損なう恐れがあります。そうしたミスを犯しにくい、常識ある社会人や学生であることを証明するものとして、漢検は非常に価値のある検定試験だと言えます。

向いている人
漢字をおぼえることに多少の向き不向きはありますが、日常的に新聞や本を読んでいて、それらに使われている漢字を読むのに不都合がない程度であれば、漢検は難しい試験ではありません。漢字が苦手だとの自覚がある人は、それなりの受験勉強が必要になります。元もと文章が好きで、漢字が苦にならない人なら、1級などの高い級位でも楽しんで勉強することができるはずです。

取得方法
漢検は1級から10級までの級位が用意されており、大学生・社会人レベルから小学校1年生レベルまで、幅広く対応しています。そして自分に合った級位から受験することができます。試験内容は、漢字の読みのほか、書き取りも出題されますので、受験対策として、実際に漢字を手で書いてみて、体でおぼえるというトレーニングが重要になります。市販の問題集などを利用して、漢字を書く力を重点的にきたえましょう。



漢検(日本漢字能力検定)資格の難易度偏差値

1級 準1級 2級 準2級 3級
偏差値69 偏差値59 偏差値55 偏差値48 偏差値39
難関
普通
普通
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 日本漢字能力検定○級 合格
所轄・主催:
公益財団法人日本漢字能力検定協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

願書受付
2020年11月1日~2021年1月15日
試験日
2021年2月14日
合格発表
2021年3月26日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

漢検(日本漢字能力検定)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
民間資格 就職や転職にやや有利 特になし 大関クラス 独学 通信 公式テキスト

漢検(日本漢字能力検定)試験概要

受験資格 不問
試験内容
1級:
大学・一般程度
常用漢字を含めて約6000字の漢字(JIS第一・第二水準を目安)の音訓を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

準1級:
大学・一般程度
常用漢字を含めて約3000字の漢字(JIS第一水準を目安)の音訓を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

2級:
高校卒業・大学・一般程度
すべての常用漢字(2136字)を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

準2級:
高校在学程度
常用漢字のうち1940字を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

3級:
中学校卒業程度
常用漢字のうち1607字を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

4級:
中学校在学程度
常用漢字のうち1322字を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

5級:
小学校6年生修了程度
小学校第6学年までの学習漢字(1006字)を理解し、文章の中で漢字が果たしている役割に対する知識を身に付け、漢字を文章の中で適切に使えるレベル。

6級:
小学校5年生修了程度
小学校第5学年までの学習漢字(825字)を理解し、文章の中で漢字が果たしている役割を知り、正しく使えるレベル。

7級:
小学校4年生修了程度
小学校第4学年までの学習漢字(640字)を理解し、文章の中で正しく使えるレベル。

8級:
小学校3年生修了程度
小学校第3学年までの学習漢字(440字)を理解し、文や文章の中で使えるレベル。

9級:
小学校2年生修了程度
小学校第2学年までの学習漢字(240字)を理解し、文や文章の中で使えるレベル。

10級:
小学校1年生修了程度
小学校第1学年の学習漢字(80字)を理解し、文や文章の中で使えるレベル。
合格率 54.40%
願書受付期間 4~5月・7~9月・11~12月
試験日程 6月下旬・10月下旬・2月上旬
受験地 全国主要都市
受験料
1級:
5000円
準1級:
4500円
2級:
3500円
準2・3・4級:
2500円
5・6・7級:
2000円
8・9・10級:
1500円
合格発表日 検定日の約30日後にWeb上で、約40日後に郵送で通知
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側551番地
TEL 0120-509-315
月~金 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)
ホームページ 日本漢字能力検定
http://www.kanken.or.jp/kanken/

漢検(日本漢字能力検定)のレビュー

(3件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

ゆう
なんとなく受験してみた

2020年06月02日
高校生のときになんとなく勉強して、なんとなく合格した資格が漢検です。
文章を考えるときはスマホやパソコンが大半で漢字を書く機会なんてほぼないですが、たまに漢字を書く機会があるのでその面では学習しといて良いと思います。
実際、漢検3級を学習してよかったなと最近感じました。
漢検3級は社会で使う感じの最低限を学習するのには便利です。
資格としての有用性はあまり感じたことがありませんが、学習ツールとしては漢字の読みや書きまで学習できるので良いです。
私の実体験から3級に合格をすれば本などを読む際に読めない漢字は、ほぼないくらいのレベルになります。
3級程度でしたら本気でやれば、漢検の公式テキストをひたすら3周くらい解くことで、3週間程度で合格出来ると思います。
年間3回受験チャンスがあるのし、会場も全国様々なところにあります。
試験料も約5,000円なので気軽に受験を受けられます。
漢検準1級レベルだと普段絶対使わないような漢字が出題されるので、受験をするだけあまり意味がないと私は考えています。
このレビューを2人中1人が評価しています



家族で目指せ合格

2019年01月09日
子供が通っていた学習塾で「漢検が受けられるよ」と言われました。調べてみると、大人も子供も受験できる漢字の検定で、漢字の知識だけでなく資格としていろいろな面で優遇されることも分かり、子供を説得して家族受験をすることにしました。
受験に際しては過去問がたくさん載っている問題集を繰り返しやりました。子供のゲームDSで「漢検」を購入し、そっと置いておいたら、子供も遊びのように勉強してくれるように。私もそちらで楽しく学ぶこともありました。子供は学年相当の級を、私は4級からスタートして準2級まで取得しましたが、3級までは主にゲームで勉強していたように思いますが、いつでも簡単に勉強できるので役立ちました。
ただ読み書きができるだけでは漢字検定は取得できません。対義語・類義語や、熟語の構成、四字熟語で点数が伸びず、なかなか覚えられずに苦労しました。しっかり、繰り返し、問題集に取り組むことが大切だと思いました。
家族で受験して合格すると、家族受験表彰を受けることもできます。一枚の表彰状に合格した家族の名前と級が書き込まれていて、これからも頑張ろうという励みになります。
このレビューを5人中5人が評価しています


エバーフリー
頻出問題を把握して点数を取る!

2018年12月15日
漢字検定2級の合格に必要なことは、【過去問を繰り返すこと】です。
私が2級を受験したのは、中学3年生の夏頃です。当時既に高校受験の勉強も
始めていたので、1発勝負で準備しました。
普段は学校の宿題もありましたので、試験勉強に割ける時間は、1時間が限界でした。
試験勉強にかかった時間は、約3ヶ月です。
準2級受験の際、出題パターンに慣れること、頻出問題を把握することが、合格しやすいと
実感したので、公式テキストは購入せず、【過去問】のみ購入しました。
初めて解いた時は、当然ですが合格点に届きません。そこは気にせず、知らない用語は辞書を引き、
意味や漢字の読みを調べ、間違えた問題にチェックを入れる、ということをひたすら繰り返しました。
当たり前の勉強法と感じる方も多くいると思います。
しかし、2級の出題範囲は、常用漢字全部ですので、普段使わない言葉が大量に出題されます。
特に四字熟語は、意味とその言葉が出来た経緯を理解しないと、問題を解く時に非常に苦労します。
そのため、知らない用語が出たら、必ず辞書を引くことを勧めます。
過去問を繰り返し解くと、ひっかけ問題や、毎回出題される問題が見えてきますので、把握しておけば
当日は焦らず得点に出来ます。
結果は合格でしたが、点数は72点でギリギリだったと記憶してます。過去問で十分合格できますが、
語彙を増やしたい、満点を取りたい人は、公式テキストを使用しても良いと思います。
漢検は、級が上がるほど受験で優遇したり、点数を加算する学校は多いので、勉強して損は無いです。
2級レベルであれば、かなり有利になります。また、社会人でも出版社やアナウンサーは、2級取得を義務
にしている所もあります。
ただ、就職活動の際、英語の資格と比較して有効性は低いのが現状ですので、就職を有利に進めるために
取得することは、あまりおすすめしません。
このレビューを7人中7人が評価しています