資格の取り方 » 国家資格 » 福祉 » 社会福祉士

社会福祉士

身体や精神に障害をかかえている人、または環境などの理由で日常生活をいとなむのに困難をともなう人のために、専門的な知識と技能を駆使して生活をサポートする社会福祉士。問題をかかえた人々の相談などに応じてアドバイスや指導、福祉サービスの関係への連絡や調整など、さまざまな援助をおこないます。高齢化社会がすすんだ現在、需要がますます高まっている資格です。

資格詳細
一般に「ソーシャルワーカー」「ケースワーカー」「生活相談員」と呼ばれる社会福祉士は、心身に障害を持つ人や日常生活に不自由な高齢者、およびその家族の相談に乗って、適切なアドバイスや指導を提供する福祉サービスの専門家です。相談だけでなく、福祉施設の利用者と一緒にスポーツやレクリエーションに参加したり、家庭訪問をするなどの活動もあり、福祉用具の貸与や住宅のリフォームなどに関与することもあります。

活躍場所
福祉サービスのプロフェッショナルである社会福祉士の活躍の場は、行政機関から民間企業まで広範にわたります。老人ホームや児童福祉施設、障害者施設などの社会福祉施設のほか、自治体の福祉事務所、病院、保健所といった医療機関。あるいは福祉用具をあつかう企業や盲導犬訓練施設などの福祉関係企業で活躍する人もおり、最近は独立開業する人も増えてきました。なお、公的な施設に勤務する場合には、地方公務員試験に合格する必要があります。

収入と将来性
社会福祉士はまだ新しい資格ということもあって、有資格者の数は不足しており、無資格のまま福祉事業にたずさわっているベテランも少なくないのが現状です。しかし高齢化社会が進むことで福祉の需要は増加傾向が続きますので、この資格の重要性も高まってゆくと考えられます。収入面では、自治体の福祉施設などに勤務する地方公務員の場合は、その土地の公務員給与規定によって給与が決まります。民間施設の場合も、その地域の公共機関と同程度の給与となるのが相場です。

向いている人
社会福祉士は、困っている人や悩んでいる人の相談に乗ることがメインのお仕事ですので、親身になって話を引き出し、じっくり耳をかたむけることができるコミュニケーション能力が求められます。また、相談者には、将来を悲観している人も少なくないため、そうした人びとを励ましてあげられる前向きな性格の人が向いていると言えます。いずれにしても、そもそも「人間が好き」でなければつとまらない仕事であり、対人スキルが高いほど優秀なソーシャルワーカーになれると言ってもよいかもしれません。

取得方法
社会福祉士の国家試験には受験資格として規定の学歴が求められます。多くの受験者は、社会福祉系の大学で必要単位を修得した上で試験にのぞみますが、それ以外の人でも指定の社会福祉士養成施設(1~2年間)を卒業すれば受験資格を得ることができます。そうした条件があるにもかかわらず、合格率20~30%程度の難関であり、試験は出題範囲が非常に広いのが特徴です。大学や養成施設でしっかり勉強し、復習をおこたらず、不足があるようなら通信教育を利用して補強するなど、万全を期して試験にのぞまなければ合格は難しいでしょう。



社会福祉士資格の難易度偏差値

偏差値57
普通
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 社会福祉士国家試験 合格
平成○年○月○日 社会福祉士 登録
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

願書受付
2019年9月5日~2019年10月4日
試験日
2020年2月2日
合格発表
2020年3月13日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

社会福祉士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 特になし 名称独占資格 横綱クラス 独学 通学 通信

社会福祉士試験概要

受験資格 ・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した者
試験内容 ・人体の構造と機能及び疾病
・心理学理論と心理的支援
・社会理論と社会システム
・現代社会と福祉
・地域福祉の理論と方法
・福祉行財政と福祉計画
・社会保障
・障害者に対する支援と障害者自立支援制度
・低所得者に対する支援と生活保護制度
・保健医療サービス
・権利擁護と成年後見制度
・社会調査の基礎
・相談援助の基盤と専門職
・相談援助の理論と方法
・福祉サービスの組織と経営
・高齢者に対する支援と介護保険制度
・児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
・就労支援サービス
・更生保護制度
合格率 29.3%
願書受付期間 9月上旬~10月上旬
試験日程 2月上旬
受験地 北海道・青森・岩手・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・石川・岐阜・愛知・京都・大阪・兵庫・島根・岡山・広島・香川・愛媛・福岡・熊本・鹿児島・沖縄
受験料 15440円
合格発表日 3月中旬
受験申込・問合せ 公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 SEMPOSビル
TEL 03-3486-7559
ホームページ [社会福祉士国家試験]:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/shakai/index.html

社会福祉士のレビュー

(5件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

マリゴー
効率的な勉強方法で1回で合格しました

2021年06月01日
事務の仕事をしていましたが、介護事業所でケース検討会を主催したり、
高齢者のための健康運動を企画しているうちに福祉の仕事に興味を持ちました。
未経験のため、取得できる資格は限られましたが、育児休暇中はまとまった時間がとれるので、
福祉の中で一番難易度が高い社会福祉士に挑戦することにしました。
子供がいることを考慮し、通信教育を選びました。
子供が生まれる前までが一番時間が確保できると思い、2か月間1日6時間以上勉強しました。
過去問8年分と模擬問題を解き、間違えた問題は翌週にもう一度解きます。
さらに間違えた問題は、暗記リストを作って覚えるようにしました。
子供が生まれてからは、子供を優先し、暗記することに重点を置きました。
昼寝しているときや夜にちゃんと覚えられたかテストしていました。
その結果、1回で合格することができました。その後、通信制高校の講師兼スクールカウンセラーとして採用され、
生徒の気持ちに寄り添いながら、やりがいある仕事をしています。
このレビューを3人中2人が評価しています


りひろ
働きながら通信教育で専門学校に通い、一発合格!

2020年09月29日
現在、教育関係の仕事をしています。いずれ学校で福祉的な支援活動をしたいと思い、スクールソーシャルワーカーを目指しています。そのために社会福祉士が必要で、受験資格を得るために通信制の専門学校に進学しました。
この資格は相談援助に必要な知識やスキルを証明する専門資格です。そのため試験範囲が広く、覚える知識もかなりあります。合格率は30%と難しい試験だと言われています。また資格があるからといって、適切な支援ができるとは限りません。そのために必要なスキルも専門学校で学びました。専門学校は1年半、卒業後半年後に国家試験です。仕事をしながらのため、入学と同時に勉強をはじめました。毎月レポートの提出があり、その課題も対策だ思い真剣に取り組みました。実習は24日間。その時、実習先の方にに国家試験のポイントを聞き、勉強にとりいれました。
卒業後、3月まで専門学校の対策講座に参加し、模試も受けました。模試のやり直しは必ず行い、過去問も解きました。5年分くらいを何度かやりました。試験は約60%の得点率かつ各分野最低1問以上の正解で合格なので、苦手分野の克服に努めました。仕事の合間にも勉強できるよう、模試のやり直しノートを持ち歩きました。
合格できた理由はスキマ時間を有効に使ったことと、「夢」を大切にしたことです。「正確な知識と技術で支援したい」という気持ちを持ち続けました。「国家試験対策のための勉強」ではなく、「社会福祉士として必要な勉強」をしました。資格取得は通過点です。これからも努力を続けたいと思っています。
このレビューを9人中8人が評価しています


ちゃっきー
就職に役立つかはマチマチ。でも、人生の役には立つ資格!

2020年05月05日
福祉の仕事がしたいと思い、社会福祉学科のある大学に行き、国家試験をパスして資格取得。勉強は過去問とテキストを使って、1日2時間から3時間程度。合格率3割未満と見た目の合格率は厳しいですが、19分野で1分野でも0点をとらないこと、合計で6割程度とれれば合格基準なので、「苦手な分野でも捨てない」「得意分野でとことん点を稼ぐ」の2点に注力すればクリアできると思います。
実際取得してみて、就職に役立つかは微妙です。私と同じように、大学で受験資格を取って国試で合格というルートだと、受験資格をもらう時点で「社会福祉主事任用資格」という資格をもらう可能性があり、就職するにはそれで事足りてしまう場合があります。社会福祉士で資格手当がつくこともありますが、金額は場所によってマチマチで、私がみてきた中では5000円から15000円とかなり開きがありました。そのため、就職や転職をするにあたっては、社会福祉士が有利かどうか微妙なところです。
しかし、社会福祉士は「弱者となっても安心して暮らすための、制度やサービスに精通した資格」であるため、自分や家族に何かあったとき、大いに役に立つ資格であると思います。私の祖母が、これは支援が必要だろうな……という状態になったとき、祖父に相談先をアドバイス出来、迅速に支援機関に繋がることが出来ました。
また、私の夫は身体障害者なのですが、年金の遡求や重度心身障害者の医療費助成などの申請準備や書類作成などを私が手伝い、無事にサービスを受けられ、家計的にとても楽になっています。これらのサービスの存在や申請方法、書類の書き方などは、社会福祉士になるための勉強を通じて学んだものです。自分や家族が障害を負ったとき、生活困窮したとき、子育てをしていて孤立してしまったときなど、それ以上転落してしまわないようなセーフティネットとして使える資格なのではないかと思います。
このレビューを8人中7人が評価しています