資格の取り方 » 国家資格 » 電気 » 電気工事士

電気工事士

電気工事士の資格は、工事できる範囲により第一種と第二種とに細分化されています。第一種電気工事士は、住宅や店舗などの一般用電気工作物のほか、中小ビルなどの自家用電気工作物の工事ができます。第一種よりも需要が高く、受験者数も多い第二種電気工事士は、一般用電気工作物の工事のみとなります。

資格詳細
電気工事士とは、屋内外のさまざまな電気工事に必要な技術職の資格です。高圧の電気を取り扱う際には重大な危険がともなうため、国家資格かつ有資格者のみが実務作業を許される業務独占資格となっています。工事できる範囲および規模によって「第一種」と「第二種」に区分されていますが、いずれも受験資格は不問であり、特に第二種電気工事士は電気工事系の資格のなかでも取得しやすいものとなっています。

活躍場所
電気工事士の主な職場は電気工事会社です。電気設備工事会社または建設会社、電力会社などに勤務する人もいます。第二種では、一般家屋や小規模商店などの電気工事ができ、第一種では、さらに中小規模の工場やビル、高圧受電の商店などの工事をおこなうことができます。具体的には、住宅や店舗の新築および改装時の屋内配線工事、照明器具やエアコン、アンテナの設置工事などが一般的な作業ですが、実際の工事の種類は就職先により異なってきます。

収入と将来性
電気工事会社の社員になった場合、年収400万円から500万円ほどの収入が見込めるでしょう。経験が重要な世界ですので、実務をかさねることで昇給してゆきます。電気工事の需要は常に安定しており、急に仕事がなくなるといった不安はあまりありません。また、最近はオール電化住宅や太陽光発電システムの普及により、住宅向け電気工事の幅も広がっていますし、家電量販店でも小規模な電気工事をおこなう店が増え、電気工事士の活躍の場は増えています。充分な経験を積めば独立開業も可能ですが、他の電気工事系および関連の深い資格を取得して業務の幅を広げることが成功の秘訣となります。

向いている人
作業のミスが重大な死亡事故につながる恐れのある危険な仕事ですので、ある程度、几帳面に作業をこなせる人でなければつとまりません。作業時のミスが自分の生命に関わるだけでなく、電気工事の不備はのちに火災などの悲劇につながりかねませんので、責任感の強い人である必要もあるでしょう。職場は工事現場であり、一日中、屋外で働き続けることもあるので、それなりの体力も求められます。

取得方法
電気工事士の国家試験は、一般財団法人の電気技術者試験センターが実施し、第一種は年1回、第二種は年2回おこなわれます。いずれも筆記試験と技能試験(実技)とで構成されています。筆記対策としては、市販のテキストを利用してとにかく暗記することが大切です。技能試験の対策には電気工事作業の練習が必要ですが、ホームセンターなどで道具と材料をそろえれば独学でも実習が可能です。こちらもテキストを早めに入手し、試験でスムーズに作業が進められるように練習をかさねておきましょう。



電気工事士資格の難易度偏差値

第1種 第2種
偏差値52 偏差値44
普通
簡単
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 第○種電気工事士免状 取得
所轄・主催:
経済産業省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

記載内容は第二種の情報。10月実施分の合格発表日は不明。
願書受付
2020年7月30日~2020年8月13日
試験日
2020年10月4日
合格発表
級や部門によって合格発表の日等が異なります。
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

電気工事士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 専門的資格(良) 業務独占資格 横綱クラス 独学 通学 通信

電気工事士試験概要

受験資格 不問
※第一種は合格後に3年または5年以上の実務を経て免状が交付される
試験内容
第一種

第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できる。
筆記試験

・電気に関する基礎理論
・配電理論及び配線設計
・電気応用
・電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
・電気工事の施工方法
・自家用電気工作物の検査方法
・配線図
・発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
・一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令
技能試験

・電線の接続
・配線工事
・電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
・電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
・コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
・接地工事
・電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
・自家用電気工作物の検査
・自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理

第二種

一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できる。
筆記試験

・電気に関する基礎理論
・配電理論及び配線設計
・電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
・電気工事の施工方法
・一般用電気工作物の検査方法
・配線図
・一般用電気工作物の保安に関する法令
技能試験

・電線の接続
・配線工事
・電気機器及び配線器具の設置
・電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
・コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
・接地工事
・電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
・一般用電気工作物の検査
・一般用電気工作物の故障箇所の修理
合格率 39.5%(第二種筆記)
願書受付期間
第一種:
6月中旬~7月上旬
第二種

3月中旬~4月上旬・7月下旬~8月中旬
試験日程
第一種

筆記:
10月上旬
技能:
12月中旬

第二種

筆記:
5月下旬・10月上旬
技能:
7月中旬・12月中旬
受験地 札幌・仙台・東京・愛知・石川・大阪・広島・高松・福岡・西原(沖縄)
受験料
第一種

郵便:
11300円
ネット:
10900円

第二種

郵便:
9600円
ネット:
9300円
合格発表日
第一種:
1月中旬
第二種:
9月上旬・1月中旬
受験申込・問合せ 一般財団法人 電気技術者試験センター
〒104-8584 東京都中央区八丁堀2-9-1(RBM東八重洲ビル8F)
TEL:03-3552-7691/FAX:03-3552-7847
問い合せ時間 平日9:00~17:15
ホームページ 一般財団法人 電気技術者試験センター
http://www.shiken.or.jp/

電気工事士のレビュー

(4件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

shiio
過去問こそ正義

2021年03月03日
第二種、第一種電気工事士を高校生のうちに取得しました。
一応電気科なのですが、普段の授業は電気工事士筆記試験とあまり関係がなく、ほとんど独学と変わりません。
各テキストも購入しましたが、計算問題のやり方を見る程度であまり活用できませんでした。
2種、1種共に過去問の暗記が主な勉強です。
同じ問でも選択肢が変わったりしますので、正解の選択肢を覚えつつ、不正解の選択肢は何が不正解なのか、矛盾しているポイントはどこなのか?というところを抑えておくと、合格しやすいと思います。
自動車の運転免許試験と似たようなものですね。

実技も候補問題の暗記です。
私は高校で練習を行いましたが、特筆して難しい事はないと思います。
このレビューを6人中5人が評価しています


ポイ
やっとの思いで・・・

2020年12月01日
私は9年ほど電気工事会社に勤めているのですが、最初は電気の知識など全くの無知で、
上司からはみたら覚えるといわれていたので全く勉強などしてなく、ただ参考書を見るだけで、試験を受けてました。
もちろんその程度じゃ落ちるの当たり前なのですが、受かる方法をアドバイスしてもらい見事受かりました。
そのアドバイスは大きく分けたら5項目あります。
1つ目は計算問題
これは計算式複雑なので覚えなくてもいいです。
2つ目は電気の基礎知識
この問題は10問ほど出るので完璧に暗記したほうがいいです。
3つ目は電気工事の施工方法と法令です。
この問題で10点ぐらいはあります。
4つ目は写真をみての工具の名前あてです。
この問題は一番覚えやすいです。
5つめは配線図をみての回答です。
この問題はいかに電気記号を覚えるかです。
要点さえ覚えれば60点の合格ラインは楽勝だと思います。
筆記を受かった後に実技試験があるのですが、実技試験は本当に時間との勝負です。
練習の時は余裕の時間で終わっていた問題もいざ試験会場に行くと緊張感で頭が真っ白になります。
なので頭で覚えるのではなく体が覚えるまで練習したほうがいいです。
今免許を持ってない方、今からとられる方、持っていたら電気屋としての自覚が強くなり、自身にもつながります。
このレビューを16人中14人が評価しています


てんちょー
1冊の参考書でもしっかり学べば合格できます。

2019年12月23日
私はビル管理会社で設備点検や簡単な修理を行っております。
具体的にはマンションのお部屋に設置されているコンセントや照明用スイッチの交換、
換気扇の点検や取替、漏電ブレーカが作動した際の原因調査などを行います。
それらの業務を行うのに必要な資格が第二種電気工事士となります。
資格の取得には筆記試験と技能試験に合格する必要があります。
私は学生時代は文系で、電気の事については全くの素人でしたが
資格を取得した際に購入した参考書は1冊でした。
参考書を選ぶ際には文字ばかりではなく、カラーのイラストを使用しており
分かりやすそうなものから選びました。
筆記試験の3ヵ月ほど前から1日30分から1時間ほど参考書を使って勉強しました。
電気の理論や計算の部分は正直理解しきれない部分もありましたが、
それ以外の施工や法令に関する問題は参考書を読んで覚えれば大丈夫です。
私は1冊の参考書を3回ほど繰り返して学んで筆記試験にのぞみ1発で合格しました。
技能試験はあらかじめ候補問題が13問ありその中から出題される方式です。
技能試験練習用教材なども販売されておりますが、私は費用を抑えるために
ホームセンターにて工具や部材を購入して練習しました。
技能試験の1ヵ月ほど前から1日30分から1時間ほど練習してこちらも1発で合格しました。
技能試験についての注意点は試験時間が短い為、早く作業することを意識した
練習が必要になります。あらかじめ候補問題がある為、苦手だと感じる部分を繰り返し
練習して時間短縮に努めました。
第二種電気工事士は電気工事の入門的な資格になりますが、
私が行っている作業では今の資格で十分です。
このレビューを20人中18人が評価しています