資格の取り方 » 公的資格 » 事務 » 日商簿記検定試験

日商簿記検定試験

年間およそ60万人(全級合計)もの人が受験を申し込む日商簿記検定試験は、全国各地の商工会議所で実施される検定試験です。1級を合格すると税理士の受験資格が得られたり、2級以上なら大学などで推薦入試が有利になるといった特典があります。企業の採用や人事異動においても優遇されることが多くなっています。

資格詳細
「簿記」とは、企業活動における生産や販売、さらには人事管理などの経営状態を数字に置き換え、データとして記録する仕事を指します。企業の経営には、お金や物など、さまざまな要素の複合的な変化がともないますが、それを数値にしてわかりやすくまとめることで、現状を正確に把握したり、経営方針を決定する根拠にしたりできるようになります。地味な作業ながらも、企業にとってはいわば羅針盤のように重要な役割であり、簿記なくして会社の未来を決めることはできないと言っても過言ではありません。その簿記の資格としては、日本商工会議所(日商)が実施している検定「日商簿記検定試験」があります。毎回とても多くの人が受験する定番資格となっています。

活躍場所
企業の基本的な部分をつかさどるため、簿記の有資格者にはビジネス全般に活躍の場所があります。簿記には勤務先の経済活動に応じて、いくつか種類がありますが、「商業簿記」と「工業簿記」が代表的です。商業簿記は、もっとも一般的な簿記で、オーソドックスな商業(商品を仕入れて販売する)における財務管理のほか、会計処理や固定資産の償却処理も含まれるのが普通です。工業簿記では、企業の経済活動に商品の製造が加わり、材料の仕入れなども管理対象になるため、商業簿記よりも複雑な処理が求められます。また、簿記の関わらない部署においてもその知識は大いに役立ちます。たとえば営業職では、取引先の経営状態がわかるようになれば、相手の現状に合わせたプレゼンができたり、取引リスクを回避できたりするでしょう。なお、他の資格でも簿記への理解が求められるものがあり、公認会計士や税理士、中小企業診断士、情報処理技術者などを目指すなら必須となります。

収入と将来性
簿記に求められる仕事は、企業にとって常に必要なものなので、景気の動向に左右されにくい手堅い資格となっています。将来性については、急速に需要が高まるということもありませんが、安定した需要があり続けるため、まったく不安がありません。経理財務にたずさわることで、会社の経営を支えているという実感から、大きなやりがいが感じられる仕事でもあります。最近では、業種や職種に関係なく、新入社員や役職者に簿記の研修を実施したり、資格の取得を奨励する企業も増えてきました。中には、昇進や昇給の条件にまでしている会社もあるほどに、いまや簿記はビジネス・パーソンすべてに求められる教養となっています。簿記の資格を取得し、より高い級位にチャレンジすることは、社内での待遇改善や収入アップにつながることでしょう。

向いている人
数字を相手にした仕事ですので、当然、数字に強い人が向いています。とはいえ、現在はコンピュータで処理することがほとんどですので、実際の計算が苦手でも、表計算ソフトなどのツールを使いこなす能力があるなら実務では充分でしょう。ただし検定試験のためには、計算能力も高いほうがよく、1級のような高い級位を目指す場合には、数字に対する苦手意識は完全に消し去っておきたいところです。

取得方法
簿記は非常に人気のある資格であり、日商簿記検定試験も毎回、多くの受験者がいます。受験対策において、参考書や過去問などの資料に困ることはまずありませんし、受験勉強に独特なコツのようなものもありません。しっかり時間をかけて、問題演習をかさねてゆきましょう。ただし出題傾向はバラエティに富んでいるため、過去問だけを繰り返すような学習パターンでは合格は難しいでしょう。応用力を身につけるために、簿記の基礎をしっかりと自分のものにしておく必要があります。試験は1級から4級まで用意されていますが、ビジネスの現場で普通に役立てたいなら2級までで充分です。管理職を目指すためのスキルアップや、就職や転職の際の強みにしたいなら、ぜひ1級にチャレンジしてみましょう。



日商簿記検定試験資格の難易度偏差値

1級 2級 3級 初級
偏差値66 偏差値54 偏差値45 偏差値37
難関
普通
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 簿記検定試験(日商簿記)○級 合格
所轄・主催:
日本商工会議所
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書の申込み期限は会場により異なる
願書受付
不明
試験日
2018年6月10日
2018年11月18日
2019年2月24日
合格発表
不明
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

日商簿記検定試験資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 就職や転職にやや有利 特になし ★★★★★ 独学 通学 通信

日商簿記検定試験試験概要

受験資格 不問
試験内容
1級:
(3時間)
・商業簿記
・会計学
・工業簿記
・原価計算

2級:
(2時間)
・商業簿記
・工業簿記

3級:
(2時間)
・商業簿記

初級:
(ネット試験)
・商業簿記
合格率 42.3%(3級)
願書受付期間
1~3級:
試験日の約2カ月前から(商工会議所により異なる)
初級:
試験会場により異なる
試験日程
1級:
6月上旬・11月中旬
2級・3級・4級:
6月上旬・11月中旬・2月下旬
初級:
随時
受験地 商工会議所が指定する会場
受験料
1級:
7710円
2級:
4630円
3級:
2800円
初級:
2160円
合格発表日
1級:
試験日から約2カ月後
2級・3級・4級:
地域により異なる
初級:
試験後、即時
受験申込・問合せ 各地の商工会議所

商工会議所検定情報ダイヤル:03-5777-8600
ホームページ 受験の申し込みの流れ | 商工会議所の検定試験
https://www.kentei.ne.jp/flow/

日商簿記検定試験のレビュー

(2件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

まこ
持つなら2級を

2018年12月10日
事務の仕事を希望していたけどなかなか就職に結びつかず、職業訓練校に通うことにしました。
そこでは高校以来の簿記の授業があり、習ったころのことを思い出して3級取得を目標に過去問などを繰り返しやりました。教えてくださった先生は、実際に働いている税理士の方。忙しい中、初心者の私の質問にも答えていただきました。
以前勉強したことがあり基本が分かるからか、そんなに難しいと思うようなこともなく模擬テストを繰り返しました。ただ、テストのどこが採点されるのかが分からないので、段を間違えないようになど、ケアレスミスに気をつけました。
検定間近になると、仕分け問題を繰り返し解きました。すべては仕分けから、と思い、直前まで難しい勘定科目などの漢字を間違えないように繰り返し書き込みました。ネットでの無料問題などを参考にし、大変役立ちました。
無事に3級は取得できましたが、応募しても就職にはいたらず「2級がないとね」と言われたこともあり、現在は2級の勉強をしています。簿記資格は一般常識・基礎力とも言われます。取得して損はありません。
このレビューを1人中1人が評価しています


キャンベラ49
簿記は会社を見る基礎!

2018年11月07日
日商簿記3級の勉強で重要になるポイントは「用語の理解」と「仕訳を自力で書けること」です。
新卒入社した物流会社で、管理系の部署に配属になり、取得するよう指示を受け、勉強しました。
合格までにかかった期間は約3ヶ月です。
簿記は初心者のため、口コミを参考にしながらテキスト一式を買い、平日は1時間程、休日は2時間程
勉強しました。
最初は簿記独特の言葉を理解できず、テキストを5周ほど繰り返しました。
用語を理解しないと、過去問どころか、簡単な仕訳問題さえ解けないです。
また、仕訳は自分で書かないと理解するのが難しいので、仕訳を紙に書いて身体で覚えるようにしました。
問題集も3~4周したら、自然と仕訳が出来るようになり過去問にとりかかりました。
ここまでで、1ヶ月以上かかっていました。独学の場合は、ネットで調べたり、動画の解説を見て進めたほうが
理解はしやすいと思います。
過去問ですが、問題パターンがある程度決まっているため、10年以上解くことで問題の形式が変わっても対応出来ます。
過去問も5周繰り返しました。結果ですが、自己採点で9割はとれていたかと記憶しています。
企業の経理は、人材不足のため、簿記の資格を持っていると転職で有利です。もちろん2級を持っている、または実務経験があれば
可能性は広がりますが、3級でも十分です。また、基本的な知識と、決算書の読み方を勉強すれば、株購入の判断もできるようになります。
私は、転職して現職で数十社の決算書を見ましたが、A社は資産多いから数年間は安心できるな、B社は負債多いけど倒産しないか、など
企業を見る視点が変わってきますので、社会人の教養として勉強することを勧めます。
このレビューを2人中2人が評価しています