食品衛生責任者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 公的資格 » 食品 » 食品衛生責任者

食品衛生責任者

食品を取り扱う営業所では、営業許可だけでなく、食品衛生責任者の資格を持つ人が必要になります。営業施設の所在する都道府県が実施する講習を受け、試験に合格することで取得できますが、講習と試験は同日におこなわれるため1日で済みます。受講資格は自治体により異なりますが、栄養士や調理師、製菓衛生師、食品衛生管理者などの食品衛生関連の資格が求められます。無資格者向けの養成講習を用意している自治体もあります。

資格詳細
食品衛生責任者は店舗の公衆衛生を担っており、飲食店の開業に必要な資格となっています。各都道府県が管轄となっており、基本的には各保健所で手続きを済ませることになります。ほとんどの講習会は毎月行われておりますが、難易度もほとんどなく講習を受けるだけで取得できることから、人気の資格となっていて、定員になると締切となるので、早めの申し込みが必要になります。競合多種の飲食店は開業を目指す人も多く、受講する人が多いのも特徴です。また、飲食店以外にも食品を扱う店舗を開業する場合にも必要です。

活躍場所
主に飲食店全般(食堂、居酒屋、レストランなど)です。多くのお店がレジ周辺に食品衛責任者の証書を額縁で飾ってあり、食品衛生責任者と防火管理者のネームプレートを掲示してあります。また、小型のスーパーなど食品を扱う施設でも必須です。これらの施設には営業許可証が必要ですが、営業許可証1枚につき、食品衛生責任者が1名必須となります。お店を新規に開業される方は、調理師免許や医師免許など所定の資格を持っている場合は講習が免除されます。

収入と将来性
個人の方でも飲食店を開業できます。また、チェーン店の新規店舗立ち上げに関して率先して店長候補として採用されやすくなります。店舗に一人の社員(店長)ではなく、複数の社員がいる飲食店の場合、通常の社員よりも責任者になる方が手当や給与面でも優遇されます。外食産業は開業率と閉店率が軒並み高く、新規飲食店というのは消費者からの需要も高いため、この資格を持つことでこれからのニーズも期待はできます。

向いている人
飲食店を立ち上げたいと考えているオーナーや外食産業の現場で働いている従業員です。また、食中毒などの衛生面を専門的に勉強できるので、料理が好きな人や家庭での食中毒が怖い主婦の方にもおススメといえます。

取得方法
講習会は3科目からなります。「衛生法規」、「公衆衛生学」、「食品衛生学」の3つです。5時間ほどの講義内容でビデオ鑑賞があり、小休憩や昼食休憩をはさむと6時間の拘束となり、ほぼ一日はつぶれます。また、講習会の後に小テストがあります。基本的に講習会の内容通りの問題が出題されます。全問正解率も高く、正しい記述を一つ選択するというテストなので、テキストを開いて講習をきちんと聞いてメモを取っていれば、問題ない程度の難易度です。ただし、この講習会では一日で詰め込んだ内容で大事なポイントを抜き取って説明しています。テキストに書かれていることは、お店を運営していく上で非常に重要な内容となっていますので、独自で勉強することが好ましいでしょう。



食品衛生責任者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 食品衛生責任者 修了
所轄・主催:
社団法人食品衛生協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

食品衛生責任者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 特になし 必置資格 ★★★ 特になし

食品衛生責任者試験概要

受験資格 都道府県による
試験内容 都道府県が実施する講習会を修了後、筆記試験に合格することで取得できる。

講習内容
・衛生法規
・公衆衛生学
・食品衛生学
合格率 約100%
願書受付期間 都道府県による
試験日程 都道府県による
受験地 都道府県による
受験料 都道府県による
合格発表日 都道府県による
受験申込・問合せ 都道府県の衛生主管部、保健所、食品衛生協会
ホームページ