教員免許状 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 公的資格 » 公務員 » 教員免許状

教員免許状

各種学校(幼稚園、小学校、中学校、中等教育学校、特別支援学校)の教員になるには、教員免許状が必要です。教員免許は、学校種や教科ごとに分かれており、法律上の所要資格を満たした上で、各都道府県の教育委員会に申請することで取得できます。一般的には、大学や短大の教職課程を修めて取得しますが、教員資格認定試験制度を利用するなどの方法で取得することも可能です。

資格詳細
日本では教育職に就き教育を行うためには教員免許の資格をもっていることが必須とされています。教員免許状には普通免許状、特別免許状、臨時免許状があり、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の校種別に分かれています。さらに普通免許状は専修免許状、一種免許状、二種免許状があり、取得のために必要な単位数や科目など取得方法によって異なります。教員免許状を取得するためには大学や短大で、必要な「単位」と「学位」を得る必要があります。必要な単位を修得したのち、各都道府県によって教員免許状が授与されます。

活躍場所
教員免許状の校種によって異なりますが、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校で教鞭をとることができます。養護教諭、栄養教諭の免許状では校種関係なく働くことができます。ただし、教員免許状をもっていても教員採用試験に合格しなければ教諭として働くことはできないので、教員免許状は教員採用試験を受けるための資格と捉えることもできます。他にも、塾や予備校、家庭教師も教員免許状をもっていることを条件にしていたり、採用されやすくなることがあります。学校だけでなくあらゆる教育現場で働くことが期待できます。

収入と将来性
公立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校に就職した場合、給与は各自治体の規定によって決まります。私立学校の場合は各学校の規定によって決まるので、あらかじめ調べておくことをおすすめします。公立の各校種で働く場合は教育公務員になるため、毎年の昇給と手厚い福利厚生が保障されています。ただし注意しておきたいのは、教員には残業手当がないということです。「残業見込み手当」などの名称であらかじめ基本給に見込み残業代が上乗せされています。そのため地方公務員と比べると基本給は高いといわれます。少子高齢化で教員の削減の方向に進んでいますが、一方で教育の必要性や、特別な教育を必要とする子どもの増加により教員はまだまだ一定数以上必要とされています。将来的にも必要とされ続ける貴重な職業です。

向いている人
教育に対する信念があることが第一です。教員免許状は教育のプロフェッショナルを証明する資格なので、一人ひとりの子どもと真剣に向き合える真摯さが必要です。どれだけ働いても残業代は出ないので、教育にお金以上にやりがいを感じられる人が向いていると思われます。人と関わる仕事なので、人が好きであることが必要な条件といえます。教育現場では専門科目に関係なく「先生」となるため、自分の専門科目以外の一般教養、一般科目にある程度精通していることが求められます。教育活動は子ども本人だけでなく保護者、他の教員との連携が必要になります。円滑にコミュニケーションをとれることが期待されます。

取得方法
教員免許状の取得には、定められた単位数、科目の履修が必要です。大学や短大によって異なりますが、すべての科目に試験やレポートがあります。すべて教育に関わるものなので、自分の経験や考えだけでなく様々な人の意見や専門書を読み知識と技術を積み重ねていくことが良いでしょう。教員免許状の取得には教育実習が必須なので、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校な取得したい免許状の校種で実習を重ねる必要があります。様々なシチュエーションに応じた対応など現場に基づいた指導方法を直接学ぶことがとても力になります。



教員免許状資格の難易度偏差値

専修 一種 二種
偏差値53 偏差値52 偏差値50
普通
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 高等学校教諭一種免許状(英語) 取得
平成○年○月○日 中学校教諭一種免許状(英語) 取得
所轄・主催:
文部科学省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

教員免許状資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 就職や転職にかなり有利 特になし ★★★★ 通学 通信

教員免許状試験概要

受験資格
専修免許状:
修士の学位を持つ者
一種免許状:
学士の学位を持つ者
二種免許状:
短期大学士の学位を持つ者
試験内容 大学院、大学、短大などの教職課程にて「教科に関する科目」や「教職に関する科目」などについて所定の単位を取得した上で、学位を取得することで教員免許状が授与される。

教員になるには、公立学校なら各都道府県または政令指定都市の教育委員会、国立・私立学校なら学校ごとの採用試験に合格する必要がある。
合格率 非公開
願書受付期間 取得方法により異なる
試験日程 取得方法により異なる
受験地 取得方法により異なる
受験料 取得方法により異なる
合格発表日 取得方法により異なる
受験申込・問合せ 文部科学省 初等中等教育局教職員課
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL:03-5253-4111
ホームページ 教員の免許、採用、人事、研修等:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/01_h.htm