教員免許状 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 公的資格 » 公務員 » 教員免許状

教員免許状

各種学校(幼稚園、小学校、中学校、中等教育学校、特別支援学校)の教員になるには、教員免許状が必要です。教員免許は、学校種や教科ごとに分かれており、法律上の所要資格を満たした上で、各都道府県の教育委員会に申請することで取得できます。一般的には、大学や短大の教職課程を修めて取得しますが、教員資格認定試験制度を利用するなどの方法で取得することも可能です。

教員免許状資格の難易度偏差値

専修 一種 二種
偏差値53 偏差値52 偏差値50
普通
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 高等学校教諭一種免許状(英語) 取得
平成○年○月○日 中学校教諭一種免許状(英語) 取得
所轄・主催:
文部科学省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

教員免許状資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 就職や転職にかなり有利 特になし ★★★★ 通学 通信

教員免許状試験概要

受験資格
専修免許状:
修士の学位を持つ者
一種免許状:
学士の学位を持つ者
二種免許状:
短期大学士の学位を持つ者
試験内容 大学院、大学、短大などの教職課程にて「教科に関する科目」や「教職に関する科目」などについて所定の単位を取得した上で、学位を取得することで教員免許状が授与される。

教員になるには、公立学校なら各都道府県または政令指定都市の教育委員会、国立・私立学校なら学校ごとの採用試験に合格する必要がある。
合格率 非公開
願書受付期間 取得方法により異なる
試験日程 取得方法により異なる
受験地 取得方法により異なる
受験料 取得方法により異なる
合格発表日 取得方法により異なる
受験申込・問合せ 文部科学省 初等中等教育局教職員課
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL:03-5253-4111
ホームページ 教員の免許、採用、人事、研修等:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/01_h.htm