世界遺産検定 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 趣味 » 世界遺産検定

世界遺産検定

国連機関のユネスコが1978年から登録を始めた「世界遺産」は、すでに1000件を超え、世界中の文化遺産や自然遺産が名をつらねています。世界遺産検定は、これら世界遺産に関する知識をためす民間の検定試験。文部科学省や政府観光局が後援する本格的な検定ながら、基本的に趣味の検定ですが、最近では世界遺産が旅行目的として活用されているので、旅行業においては検定で得た知識をビジネスの実益に活かすことができるでしょう。

資格詳細
人類共通の財産、宝物である「世界遺産」への知識と理解を深めるために、2006年から実施されている検定です。学んだ内容を社会へ還元することを目指しています。単に世界遺産の知識や登録条件を覚えるだけではなく、グローバルな国際理念や文化の多様性、歴史や地理なども学びます。日本でも自然遺産の屋久島や文化遺産の富士山をはじめ、多くの観光名所が世界遺産に登録され、国内観光を機に海外の歴史的な遺産に関心を持つ人も増えています。世界遺産検定は世界遺産の保全活動も目的としていて、検定料の一部は世界遺産基金に寄付されます。

活躍場所
世界遺産検定で得た知識は、旅行業界で働く上で大きな武器となります。添乗業務者であれば、世界遺産に関するツアーでの活躍が期待できます。カウンター業務では、お客様のご要望に応えるための知識として大変重宝するでしょう。世界遺産は人気の観光地ですので、事業企画やツアー立案においても大変役に立つ資格です。また旅行業界に限らず、航空業界や商社、マスコミ、国際機関や教育機関などに就職を希望する場合にも、直接的な優位性はありませんが良い印象を与えます。進学の際も、大学の推薦入試で優遇措置が取られるなどのメリットがあります。

収入と将来性
旅行業界が実施しているトラベル・カウンセラー制度には、世界遺産スペシャリストという資格があります。その認定には「世界遺産検定1級以上の合格者」であることが要件となっていますので、取得をすると将来的にも高いキャリアが望めます。収入アップにも大きく影響するでしょう。旅行業界で働くなら、この資格を持っていると大変有利です。旅行業界を中心に、人材育成の一貫として団体受験を実施している会社も増えています。受験者数も年々増加の傾向にあることから、将来的にもこの検定の価値は上がると予想されます。

向いている人
旅行業界で働いている人、旅行業界への就職を希望している人はぜひとも取得しておきたい資格です。3級以上は履歴書に書けますので、就職活動の履歴書に書く資格を求めている人にもおすすめです。他には観光や旅行が趣味の方、もともと世界遺産に興味があった方、世界遺産を通して歴史を学びたい方、環境保全に関心が高い方、教養として世界遺産の知識を持っていたい方などが受験されています。総じて知的好奇心の強い方に向いています。

取得方法
世界遺産検定には4級から1級、最上級のマイスターがあります。対象となる世界遺産の数は級によって異なります。1級まではマークシート方式ですが、マイスターは世界の全世界遺産が対象となり、世界遺産条約の理念を理解した上で自分の意見を論述することが求められます。かなり難易度が高くなりますが、多くの問題は公式テキストから出題されます。他にはWeb講座を利用して勉強する方法もあります。世界遺産は毎年増えていますので、公式テキストの改訂版情報は適宜確認してください。4級から2級は誰でも受験可能ですが、1級以上は下の級に合格していることが必須条件になります。試験は年に数回、全国の主要都市で開催されます。



世界遺産検定資格の難易度偏差値

マイスター 1級 2級 3級 4級
偏差値53 偏差値50 偏差値45 偏差値40 偏差値0
普通
簡単
簡単
超簡単
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 世界遺産○級 認定
所轄・主催:
特定非営利活動法人世界遺産アカデミー
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

世界遺産検定資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

世界遺産検定試験概要

受験資格
マイスター:
1級認定者
1級:
2級認定者
2級~4級:
不問
試験内容
マイスター:
論述方式(3題)

1級:
マークシート方式(90問)
・遺産1007件(2014年7月時点)

2級:
マークシート方式(60問)
・日本の全遺産18件と主要な世界の遺産300件(2014年7月時点)

3級:
マークシート方式(60問)
・日本の全遺産18件と主要な世界の遺産100件(2014年7月時点)

4級:
マークシート方式(50問)
・日本の全遺産18件と主要な世界の遺産27件(2014年7月時点)
合格率 62.1%(3級)
願書受付期間
マイスター・1級:
3月中旬~6月上旬・9月上旬~11月中旬
2級~4級:
12月中旬~2月上旬・3月中旬~6月上旬・7月中旬~8月下旬・9月上旬~11月中旬
試験日程
マイスター・1級:
7月上旬・12月中旬
2級~4級:
3月上旬・7月上旬・9月下旬・12月中旬
受験地
マイスター:
東京・名古屋・大阪
1級~4級:
全国各地
受験料
マイスター:
18510円
1級:
9250円
2級:
5040円
3級:
3900円
4級:
2670円
合格発表日 試験日から約1カ月後
受験申込・問合せ 特定非営利活動法人 世界遺産アカデミー
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F
TEL:03-6267-4302(月~金 10:00~17:00)
ホームページ 世界遺産検定|NPO法人 世界遺産アカデミー
http://www.sekaken.jp/