フォークリフト運転者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 自動車・車両 » フォークリフト運転者

フォークリフト運転者

最大荷重が1トン以上になるフォークリフトを操縦するには、フォークリフト運転者の資格が必要です。各都道府県の労働局長が定めた登録教習機関での講習(学科と実技)を受けてのち修了試験に合格することで免許を手にすることができます。講習の受講者のほとんどが試験に合格しています。

資格詳細
フォークリフト運転者とは、荷重がかかる大きい荷物など、通常作業では運搬できないときに使用するフォークリフトを扱う運転者のことを指します。フォークリフトは自動車の運転免許では操縦することはできません。操縦するには、「フォークリフト運転技能講習」を修了しなければなりません。また、最大積載量が1t未満であれば、各事業所のフォークリフト運転特別教育を受講すれば操縦することが可能です。

活躍場所
フォークリフトは多くの場合、製造業の工場や物流センターなどの倉庫で活躍しています。毎日トラックで材料や製品(商品)が運び込まれている職場だと、フォークリフトによって運搬された製品の先入れ後出しがスムーズに行えます。また、納入だけでなく、現場作業しているエリアへ向けて所定のルートを通り、3定(定置・定品・定量)に沿って製品を配置します。工場や倉庫では24時間体制で働く作業員が多いため、荷物も膨大な量があります。安全かつ迅速に運搬するためには、小回りが利くフォークリフトが最適といえます。

収入と将来性
工場では製造ラインや検査ラインで働く現場作業員、倉庫ではピッキングや仕分け、梱包といった作業員がいますが、これらの作業員も製品を運搬することがあっても、ほとんどがハンドリフトや電動ウォーキーで少量の運搬をしています。フォークリフトの免許を持っていても、作業している時間は現場の生産性が落ちてしまいますので、フォークリフトは専門の作業員が勤めていることがほとんどです。このことから、どこの工場や倉庫でも重宝されており、企業は優先的に採用を狙うことから、基本的に資格手当が支給されています。また、近年通販による宅配便の量が増加しています。工場や倉庫で働くフォークリフト運転者のニーズは、将来的にも安定しているといえるでしょう。

向いている人
フォークリフトは後輪操舵が基本のため、正確に運転するには慣れが求められます。ですので、運転が好きな人には向いています。また、フォークリフトで激突などによる死亡事故も多数出ており、周囲を確認しながら安全面で慎重に作業できる人は向いているといえるでしょう。

取得方法
陸上貨物運送事業労働災害防止協会(陸災防)のホームページから問い合わせることができ、フォークリフト運転技能講習を実施している各都道府県支部の講習予定を確認することができます。また、各自動車教習所でも講習を受けることが可能です。各運転免許(大型、中型、準中型、普通、大型特殊限定)を持っており、フォークリフト特別教育を修了して実務経験が3か月以上、もしくは大型特殊自動車の免許を持っていると11時間の講習となります。各種免許を持っていて、特別教育を受けていない場合は31時間の講習が必要となります。資格取得には勉強というよりも、正確・慎重に荷役作業を行う必要があり、合格率は高い資格といえます。



フォークリフト運転者資格の難易度偏差値

偏差値35
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 フォークリフト運転技能講習 修了
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

フォークリフト運転者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 業務独占・必置資格 ★★★★★ 講習

フォークリフト運転者試験概要

受験資格 18歳以上
試験内容 教習機関で講習(技能講習または特別教育)を受け、修了試験に合格することで取得できる。

技能講習

最大荷重1トン以上を含め、すべてのフォークリフト、ストラドルキャリア、コンテナキャリア、トップリフター、クランプリフトを運転できる。
学科講習

・走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識(4時間)
・荷役に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識(4時間)
・運転に必要な力学に関する知識(2時間)
・関係法令(1時間)
実技講習

・走行の操作(20時間)
・荷役の操作(4時間)

特別教育

最大荷重1トン未満のフォークリフト、ストラドルキャリア、コンテナキャリア、トップリフター、クランプリフトを運転できる。
学科講習

・フォークリフトの走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識(2時間)
・フォークリフトの荷役に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識(2時間)
・フォークリフトの運転に必要な力学に関する知識(1時間)
・関係法令(1時間)
実技講習

・フォークリフトの走行操作(4時間)
・フォークリフトの荷役操作(2時間)
合格率 非公開
願書受付期間 教習機関による
試験日程 教習機関による
受験地 教習機関による
受験料 教習機関による
合格発表日 教習機関による
受験申込・問合せ 各地の労働局安全課、労働基準監督署、労働基準協会、陸上貨物運送事業労働災害防止協会など
ホームページ