資格の取り方 » 民間資格 » IT(パソコン) » CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度

コンピュータをもちいて設計の調整やデザインをおこなうCADは、分野を問わずあらゆるビジネスシーンで求められる技術となりました。CAD実務キャリア認定制度は、そのCADの技能を認定する民間の試験で、その名のとおり実務能力を重視した内容となっているのが特徴です。科目は「3次元CADトレーサー」「3次元CADアドミニストレーター」「CADアドミニストレーター」の3つに分かれ、業務に合った認定試験を受けることができます。


CAD実務キャリア認定制度資格の難易度偏差値

3次元トレーサー 3次元アドミニスト CADアドミニスト
偏差値45 偏差値45 偏差値45
簡単
簡単
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 CAD実務キャリア認定制度○○ 合格
所轄・主催:
NPO法人コンピュータキャリア教育振興会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書受付
2017年12月4日~2017年12月22日
試験日
2018年2月4日
合格発表
2018年3月予定
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

CAD実務キャリア認定制度資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(良) 特になし ★★★★ 独学 講習 通学 公式テキスト

CAD実務キャリア認定制度試験概要

受験資格 不問
試験内容
3次元CADトレーサー

事前課題の作成・データ保存を行い、試験当日、事前課題に対し付加される課題内容を実施。試験で使用したCADのデータ形式と2次元化した図面の中間ファイル(DXF)形式の2種類を提出。
・3Dモデリング知識および技能
・部品組み立て技能(アッセンブル技能)
・アッセンブルモデルの2次元化技能
・機械製図知識(機械図面完成能力)

3次元CADアドミニストレーター

事前課題の作成・データ保存を行い、試験当日、事前課題に対し付加される課題内容を実施。試験で使用したCADのデータ形式と2次元化した図面の中間ファイル(DXF)形式の2種類を提出。
・3Dモデリング知識および技能
・簡単な部品組み立て技能(アッセンブル技能)
・2次元化技能

CADアドミニストレーター

試験当日に課題内容を実施。図面の中間ファイル(DXF)形式と試験で使用したCADのデータ形式との2種類を提出。
・図形の基礎知識
・図形の作図能力
・CADの操作技能
合格率 50.00%
願書受付期間 9月・12月
試験日程 9月下旬・2月上旬
受験地 自宅
または全国各地の認定会場
受験料
3次元CADトレーサー:
13400円
3次元CADアドミニストレーター:
10300円
CADアドミニストレーター:
7200円
合格発表日 10月・3月
受験申込・問合せ NPO法人 コンピュータキャリア教育振興会 CAD検定協会
〒540-0032 大阪市中央区天満橋京町1-1 京阪ビルディング西館4階
TEL: 06-6941-0976
(月~金10:00~12:00・13:00~17:00 土日祝は休み)
ホームページ CAD実務キャリア認定制度 ? CAD検定部会 / NPO法人日本学び協会
http://japlan.or.jp/career/

CAD実務キャリア認定制度のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。