資格の取り方 » 国家資格 » IT(パソコン) » 情報処理安全確保支援士試験(SC)

情報処理安全確保支援士試験(SC)

情報処理安全確保支援士試験(SC)は、「情報セキュリティスペシャリスト試験」からリニューアルされた国家資格試験です。近年、急激に増加したサイバー攻撃などに対抗しうるサイバーセキュリティ対策の専門家を認定する試験で、セキュリティ機能の企画や開発、運用、保守を推進・支援するための専門的な知識がためされます。合格後、登録することで情報処理安全確保支援士(通称:登録セキスペ)の国家資格を得ることができます。

資格詳細
インターネットが日常的に使われ、ネットワーク技術が進んだ現在、情報システムに対する脅威も日常的となっています。また個人情報保護法の施行や内部統制等により、企業には情報セキュリティに関する十分な対策が必要です。そのため、高度なセキュリティ技術を持つ専門家が求められています。情報処理安全確保支援士試験は、高度な情報セキュリティの専門家としての能力をはかる試験です。安全な情報システムを設計・構築し、運用管理する能力が必要です。また情報システムの診断を行い、専門家として助言する能力も求められます。

活躍場所
主なものとしてSI企業があげられます。セキュリティ技術はITを使う上で欠かせませんから、特に設計等の上流工程を行う企業で歓迎されます。また、ITコンサル企業も活躍できる場所の一つです。現代ではどの企業でもセキュリティを重視していますので、セキュリティ面でのアドバイスができる専門家は貴重な存在です。その一方、一般企業に入って活躍する方法もあります。この場合はシステム管理部門の責任者にとどまらず、CISOなど企業のセキュリティを統括する責任者として迎えられることもあります。

収入と将来性
セキュリティエンジニアの中でも、情報処理安全確保支援士を持っている人は少ないものです。そのため、合格者はプロジェクトや運用管理チームの中でも中心的な存在となるでしょう。またコンサル企業に就職する場合もあります。このため、情報処理安全確保支援士は高い収入が期待できます。また将来はネットワークの高速化とクラウドサービスの進展により、ネットワークを介した社外とのやり取りはますます進むと見込まれています。さらに個人情報保護や内部統制の観点から、セキュリティ対策もより重要な課題となります。このため、情報処理安全確保支援士の役割はますます重要になり、将来も高いニーズが見込まれます。

向いている人
セキュリティ分野は日進月歩であり、日々新しい用語や技術が登場します。そのため自らすすんで学ぶ姿勢が必須です。またトラブル発生時の対応は、時間との戦いになる場合も多いです。困難な状況であっても慌てず状況を整理し対処できる人、粘り強く原因追究をする人に向いています。ネットワークやデータベースの担当者と連携することも多くなりますから、要点を端的に伝える能力も求められます。また、セキュリティ設計やコンサル業務では顧客との折衝も多く発生します。そのため、提案能力や折衝能力がある人も向いています。実際の開発にはC言語やC++といった言語を利用しますので、プログラミングに抵抗がないことは必須です。また、組み込み系システムの設計や開発を適切に行うためには、ハードウェアの知識も必要です。そのためプログラミングだけでなく、機械いじりが得意な方にも向いているといえるでしょう。

取得方法
情報処理安全確保支援士試験の勉強には、各出版社から受験対策本が、また通信教育会社から通信講座が出ています。試験の形式に慣れるため、教材を用いて勉強することも良い方法です。これに加えて、普段からセキュリティに関する情報に注目し、積極的に情報収集することが大切です。セキュリティ分野は日進月歩ですから、スピーディーに知識を習得する必要があります。加えてセキュリティは、ネットワークやデータベースとも深い関係があります。これらの分野の知識もあってこそセキュリティ技術が生かせるものですから、すすんで学ぶことが大切です。また、あなた自身の仕事に取り組むことも勉強方法の一つです。仕様に不備はないか、起こり得る問題は何かということ等を考えながら取り組むことは、特に午後Ⅰや午後Ⅱ試験の有効な対策となります。もちろん試験形式に慣れるために、試験対策の参考書や問題集を使うことも有効です。一人で学習することに不安がある方は、通信教育を活用することも検討してください。



情報処理安全確保支援士試験(SC)資格の難易度偏差値

偏差値67
難関
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 情報処理安全確保支援士試験 合格
所轄・主催:
経済産業省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

秋期試験は詳細不明
願書受付
2020年1月9日~2020年2月6日
試験日
2020年4月19日
合格発表
不明
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

情報処理安全確保支援士試験(SC)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 専門的資格(秀) 名称独占資格 横綱クラス 独学 講習 通学

情報処理安全確保支援士試験(SC)試験概要

受験資格 不問
試験内容 午前の試験
・技術要素
 ・データベース
 ・ネットワーク
 ・セキュリティ
・開発技術
 ・システム開発技術
 ・ソフトウェア開発管理技術
・サービスマネジメント
 ・サービスマネジメント
 ・システム監査

午後の試験
・情報セキュリティシステムの企画・要件定義・開発・運用・保守に関すること
・情報セキュリティの運用に関すること
・情報セキュリティ技術に関すること
・開発の管理に関すること
・情報セキュリティ関連の法的要求事項などに関すること
合格率 19.1%
願書受付期間 1月中旬~2月中旬・7月中旬~8月中旬
試験日程 4月中旬・10月中旬
受験地 全国各地
受験料 5700円
※合格後、登録手数料10700円、登録免許税9000円が必要
合格発表日 6月下旬・12月下旬
受験申込・問合せ 情報処理技術者試験センター
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート センターオフィス15階
TEL 03-5978-7600 FAX 03-5978-7610
受付時間: 9:30~18:23 土・日・祝日は休業
ホームページ IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:情報処理安全確保支援士試験
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sc.html

情報処理安全確保支援士試験(SC)のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。