資格の取り方 » 国家資格 » 建築・土木 » ボーリングマシン運転者

ボーリングマシン運転者

土木分野におけるボーリング(boring)とは、トンネルや井戸などの建設の際に地中を掘削する技術であり、さまざまなタイプのボーリングマシンが使われます。この機械を運転するためには、労働安全衛生法により、各都道府県の労働局に登録された教習機関にて、「ボーリングマシンの運転の業務に係る特別教育」を受ける必要があります。特別教育は学科(7時間)と実際にボーリングマシンを運転する実技(5時間)で構成されています。

資格詳細
ボーリングとは、トンネルや井戸などを建設する際に地中に円筒状の穴を開ける作業のことです。地質調査、農業、土木工学など、さまざまな分野でボーリングマシンが使われています。ボーリングマシンなど、厚生労働省令で定めている「危険又は有害な業務」に労働者が就く際には、安全衛生のための特別な教育を受けさせる必要があり、この特別教育を受講した人がボーリングマシン運転者として作業を行うことができます。つまり、ボーリングマシン運転者は所定の特別教育を修了した人を指します。講習は各都道府県に登録された教育機関で実施され、労働安全衛生規則により、特別学科7時間と実技5時間で構成されています。また、特別教育を実施していない、或いは無資格の労働者をボーリングの仕事に就かせている事業者には、6か月以下の懲役または罰金(50万円以下)が罰則として課される場合があるので注意してください。特別教育を行った時は、事業者責任として、受講者や科目の内容を記録して3年間保存しておくことが義務付けられています。

活躍場所
地中はプロの作業員でなければ分からない熟練した知識と技術が必要な世界であるため、ボーリングマシン運転者は各地の様々な現場での活躍が期待されます。主に、地質調査や土木工事の現場での仕事が多く、また石油や天然ガス掘削現場でも重要な仕事です。身近なところではマンションや住宅物件の地質調査を行う際にもボーリングマシン運転者が活躍しています。この資格を持っていると、海外で土木系の仕事に就く場合にも役立つでしょう。

収入と将来性
ボーリングマシンオペレーターを募集している求人の情報では、企業により収入にかなり差があるようです。業務形態が正社員だけでなく、派遣社員やアルバイトを雇っているところも多いため、収入について言及するのは難しいといえます。また、求人詳細を見ると、「ボーリングマシンを使用し地質調査や試料採取等を行う」といった仕事内容が多いので、ボーリングの運転だけでなく、地質調査などにどこまで関われるかで給与に差が出るのではないでしょうか。ちなみに建設機械運転工としての年収データは公表されていますが、一般的な平均年収よりも低めです。

向いている人
現場仕事になるため、夏の暑さや冬の寒さなどにも耐えられる体力がある人に向いています。現場は、市街地だけでなく、山や海など様々です。そして、一つの現場に長い場合は1ヶ月程いることもある仕事なので、色々な場所に行く事を楽しめる人に適しているでしょう。また、ボーリングマシンを扱う以上、機材の点検と整備は欠かせないため、機械を扱うことに慣れていることも望まれます。さらに、地質調査に関わる仕事が多いので、地質調査に関心がある人、地質調査技士の資格を目指している人にも向いているといえます。

取得方法
この資格は、労働安全衛生法に基づいた特別教育の講習を受講することで取得できます。専門知識がなくても、講習の内容をしっかり理解して運転できるようになれば問題ないでしょう。学科では、ボーリングマシンとその運転に必要な知識と関係法令、実技では、実際にボーリングマシンを運転します。履修のみで、講習終了後に修了試験はありません。



ボーリングマシン運転者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ボーリングマシン運転者 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

都道府県労働局長登録教習機関により異なる
願書受付
試験開催地によって願書受付日等が異なります。
試験日
試験開催地によって試験日等が異なります。
合格発表
試験開催地によって合格発表の日等が異なります。
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

ボーリングマシン運転者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 専門的資格(可) 業務独占資格 横綱クラス 特になし

ボーリングマシン運転者試験概要

受験資格 満18歳以上
試験内容 教習内容(計12時間以上)
・学科
 ・ボーリングマシンに関する知識
 ・ボーリングマシンの運転に必要な一般的事項に関する知識
 ・関係法令
・実技
 ・ボーリングマシンの運転
 ・ボーリングマシンの運転のための合図
合格率 試験なし
願書受付期間 教習機関により異なる
試験日程 教習機関により異なる
受験地 各都道府県労働局の登録教習機関
受験料 地域や教習機関により異なる
(無料~20000円程度)
合格発表日 教習修了後
受験申込・問合せ 各都道府県労働局の登録教習機関
ホームページ 登録教習機関一覧(都道府県別) |厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/anzeneisei05.html

ボーリングマシン運転者のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。