CompTIA Security+

顧客情報の流出など、ネットワークのセキュリティで問題をおこした企業は甚大な被害とともに信用をも失います。ネットワーク運用のリスク回避のニーズが高まるとともに、数あるIT関連の業務のなかで、もっとも成長いちじるしく、かつ人材が不足している分野となったのがセキュリティです。CompTIA(コンプティア)のSecurity+認定資格は、セキュリティ分野におけるスキルを認定する民間資格。試験はCBT方式で、全国で受験可能です。

資格詳細
CompTIA Security+は、CompTIAが認定するセキュリティの実践的スキルを認定する資格です。現代の高度情報化社会においてサイバー攻撃の脅威が増加する中で、セキュリティ人材の需要が高まっています。この資格はグローバルに通用し、サイバーセキュリティのスキルをアピールするのに最適です。CompTIA Security+は広範なセキュリティ知識とスキルを身につけることができ、多くの政府機関でセキュリティ入門者に資格取得を推奨しています。試験はオンラインまたは試験センターで受験可能であり、オンライン試験の場合は事前にパソコンのシステムテストが必要です。また、試験内容は最新のトレンドを反映し、3年ごとに更新されるため、古いテキストを使用しないように注意が必要です。

活躍場所
主にセキュリティエンジニアとしての活躍が期待されます。セキュリティエンジニアは、業務システムのセキュリティを担当し、企業やユーザーをサイバー攻撃から守る役割を果たします。その他にはキャリアを積んでセキュリティコンサルタントやデジタル鑑識官としても活躍できるでしょう。

収入と将来性
セキュリティエンジニアの平均年収は、正社員と派遣社員ともに、日本全体の平均を上回っています。IT化やDXの進展に伴って企業が直面するデジタルリスクが増えており、情報セキュリティ専門家、特にセキュリティエンジニアが重要視されていることが高い年収の背景として挙げられます。また、セキュリティエンジニアのニーズは高まっているものの、ITの専門家が不足しているのが現状です。そのため、将来的にも需要は増加すると予測されています。セキュリティエンジニアの需要拡大は、待遇の向上や年収の上昇だけでなく、転職市場での選択肢の拡大など、ポジティブな影響をもたらすことが予想されます。

向いている人
受験資格はありませんが、セキュリティに焦点を当てたITシステム管理の実務経験が最低2年、技術的な情報セキュリティの実務経験、および広範なセキュリティコンセプトに関する知識が推奨されています。また、論理的思考力に優れ、新しい技術や脅威に関心がある人で、セキュリティリスクを見逃さないためにつねに周囲の環境を意識できる人に向いています。

取得方法
セキュリティの資格試験では初級レベルとされていますが、出題範囲が幅広いため、しっかりとした勉強が必要です。初心者にとってはハードルが高い資格と言えます。試験対策としては、まず公式教材や参考書を徹底的に読み込むことが基本です。特に公式の学習ガイドや教科書は試験範囲を包括しており、これらを中心に学習することがおすすめです。また、実際の試験問題に近い内容の模擬試験を何度も解くことで、試験の傾向や自身の弱点を理解することができます。教材としては、CompTIAが提供する「Security+ Self-Paced Study Guide eBook」が、最新のCompTIA Security+<SY0-601>の出題範囲を網羅しており、図解も含まれているため、独学で学習する方にも最適です。問題集は「SY0-601日本語問題集」が購入できます。CompTIA Security+に特化した内容なので、試験問題の傾向などを把握できます。また、英語の試験もあるため、早めに英語の専門用語に慣れるようにしましょう。英語の教材やオンラインリソースを活用して、専門用語やフレーズを覚えておくと、試験時にスムーズに問題を解けるようになります。



CompTIA Security+資格の難易度偏差値

偏差値54
普通
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 CompTIA Security+ 合格
所轄・主催:
CompTIA 日本支局
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2024年資格日程

願書受付
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
試験日
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
合格発表
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

CompTIA Security+資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(良) 特になし 大関クラス 独学 通信

CompTIA Security+試験概要

受験資格 不問
試験内容 ・ネットワークセキュリティ
・コンプライアンスと運用セキュリティ
・脅威と脆弱性
・アプリケーション、データ、ホスティングセキュリティ
・アクセスコントロール、認証マネジメント
・暗号化
合格率 非公開
願書受付期間 随時
試験日程 毎日
受験地 全国100ヵ所以上の試験センター(CBT方式)
受験料 37767円
合格発表日 試験終了後
受験申込・問合せ CompTIA 日本支局
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-4-9 水道橋MSビル7F
TEL:03-5226-5345 FAX:03-5226-0970
ホームページ 認定資格の種類と概要-CompTIA Security+ : CompTIA JAPAN (コンプティア 日本支局)
https://www.comptia.jp/cont_certif_securityplus_sy0-401.html

CompTIA Security+のレビュー

まだレビューがありません