資格の取り方 » 国家資格 » 建築・土木 » 石綿作業主任者

石綿作業主任者

建設資材などとしてよく使われた「石綿」(アスベスト)は、近年、その優れた特性の一方で人体に健康被害をおよぼすことから2006年に石綿の製造が禁止されました(特定分野の部材を除く)。また、その厳格化の一環として同年に新設された石綿作業主任者は、厚生労働省が認定する国家資格となっています。石綿による健康被害の防止のために現場で指揮・監督をおこない、労働者の衛生の確保にも配慮するという重要な役割です。

資格詳細
アスベストとも呼ばれる石綿はよく使用されていた建設資材ですが、2006年に製造禁止となりました。石綿による汚染や吸引が20年から40年の潜伏期間後に肺がんや中皮腫など重度な健康障害を引き起こすことが知られるようになったからです。石綿はごく一部が現在も使用されていますが、その作業を行う際に過去のような健康被害が発生しないように、石綿作業主任者が作業者の指揮と監督を行います。石綿取り扱い作業を行う事業者には、必ず石綿作業主任者技能講習の修了者から石綿作業主任者を選任して、職務を遂行させることが求められます。主な仕事は、粉塵を作業員が吸入するのを防止するために、作業方法の決定、局所排気措置などの予防装置の点検、保護具の確認、作業指揮、退避指示を行うことなどです。有害な石綿を使用している建築物の解体作業に係る作業を安全に行うためにも石綿作業主任者は欠かせない存在です。危険な石綿を扱うため、責任が非常に大きい仕事であり、一定の需要があります。この資格は各都道府県労働局安全課または労働基準協会連合会が実施する2日間の講習と修了考査により取得できます。講習は18歳以上であれば、学歴や実務経験などの条件なしで受けられるため取得しやすい資格です。特に現在関連事業に就いている方は、ステップアップとして講習を受けて石綿作業主任者の有資格者になることをおすすめします。

活躍場所
解体・建設工事業、化学物質除去作業関連の企業、内装工事会社などに就職して活躍できる機会があります。

収入と将来性
石綿作業主任者の年収に関するデータはありませんが、求人サイトで石綿作業主任者を求めている企業のデータを見ると、企業によって月給にかなり幅があります。実務経験によっても違いがあるのではないでしょうか。専門性の高い仕事であり、有資格者のみが主任者になれるので需要は高いようです。建築業界への就職や転職では有利になる資格であり、労働安全衛生法で石綿作業主任者の設置が義務付けられているため、今後も一定の需要があるといえます。

向いている人
アスベストの除去作業は細かく行う必要があるため、作業の指揮・監督を担う主任者にも細かい作業が苦にならない人が求められます。また、主任者として、アスベストに対して適正な対策を講じるために、アスベストについての正しい知識を持っていることが非常に重要です。未経験からでも石綿作業主任者になることができますので、建築関係の仕事で専門性のある資格を取得したい方におすすめです。

取得方法
石綿作業主任者は、講習を受講するだけで取得できる国家資格です。講習の内容は専門性の高いものですが、専門知識がない方でも丁寧に教えてもらえるので学びながら資格を取得できます。最後に簡単な修了考査がありますが、講習をきちんと受けていればほぼ問題なく資格が取得できます。



石綿作業主任者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 石綿作業主任者技能講習 修了
所轄・主催:
一般財団法人労働安全衛生管理協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

開催地により日程が異なる
願書受付
試験開催地によって願書受付日等が異なります。
試験日
試験開催地によって試験日等が異なります。
合格発表
試験開催地によって合格発表の日等が異なります。
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

石綿作業主任者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 就職や転職に有利 必置資格 横綱クラス 特になし

石綿作業主任者試験概要

受験資格 不問
※ただし18歳未満は主任者に選任できないため、18歳以上とする場合もある
試験内容 講習科目
・健康障害及びその予防措置に関する知識
・作業環境の改善方法に関する知識
・保護具に関する知識
・関係法令
合格率 試験なし
願書受付期間 教習機関により異なる
試験日程 教習機関により異なる
受験地 全国各地の教習機関
受験料 教習機関により異なる
例)11400円
合格発表日 講習修了後
受験申込・問合せ 一般財団法人 労働安全衛生管理協会
〒336-001 さいたま市南区南浦和2-27-15 信庄ビル3階
TEL:048-885-7773 FAX:048-885-5738

一般社団法人 中央労働基準協会
〒102-0084 東京都千代田区二番町九番地八
TEL:03-3263-5060 FAX:03-3263-6485

公益社団法人 東京労働基準協会連合会
東京都江戸川区中央1-8-1 内宮ビル
TEL:03-5678-5556 FAX:03-5678-6433

ほか全国各地の教習機関
ホームページ 石綿作業主任者技能講習
http://www.roudouanzen.com/annaisyo/isiwatasyunin.html

石綿作業主任者のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。