資格の取り方 » 民間資格 » スポーツ » サッカー審判員

サッカー審判員

世界が熱狂するスポーツ、サッカー。ワールドカップのような大舞台では、しばしば審判員のジャッジも世界的な話題となるほどであり、その仕事の重責をうかがい知ることができます。日本サッカー協会および各都道府県のサッカー協会では、プレイヤーだけでなくサッカー審判員の育成にも力を入れており、1級~4級と女子1級の等級に分けて審判員を認定しています。上級は狭き門ですが、4級は講習のみで取得可能です。

資格詳細
ワールドカップなど世界の人々を熱狂させるサッカーの試合で、選手とともに活躍するのが審判員です。審判員の判定は基本的には絶対的なものであり、選手はもちろん、監督やコーチも審判の判定に従います。サッカー審判員の資格は、主に2つあります。地域のサッカー協会や連盟が管轄するサッカー公認審判員と、FIFA国際サッカー連盟が管轄する国際サッカー審判員です。国際審判員の資格を取るためには、サッカー審判員の資格を取得していなければなりません。サッカー審判員のランクは、1~4級まであり、下位から順に取得していきます。1級には女子1級審判員という資格も存在します。主催団体は各ランクによって異なり、1級と女子1級の主催団体は日本サッカー協会、2級は各地域のサッカー協会、3級と4級は各都道府県です。Jリーグや国際試合で活躍する「プロフェッショナルレフリー」と呼ばれる審判員は、1級の資格取得者の中から推薦されて決定します。4級は基本的に講習を受ければだれでも取得可能です。満12歳以上であれば受講できるため、ハードルが低く、幅広い層に開かれた資格といえます。

活躍場所
サッカー審判員のランクによって活躍できる場が異なり、4級は都道府県サッカー協会の支部、地区などの試合、3級は都道府県サッカー協会の試合です。上級になると、2級は地域サッカー協会主催の試合、1級はJFA主催のサッカー競技、女子1級はJFA主催の女子サッカー競技での審判を担当できます。女子スポーツが盛んな現代、女性も審判員として活躍できる場が増えています。

収入と将来性
審判員の収入だけで生活していくためには、プロフェッショナルレフリーに認定され、契約することが必要です。プロフェッショナルレフェリーは、1級の審判員の中から選ばれます。プロフェッショナルレフリーとして年俸制で正式に契約を結ぶため、収入は安定します。とはいえ、プロフェッショナルレフリーになれるのは、200名程の1級審判員から10数人に1人位です。そのため、1級審判員でも本業のほかに副業として審判の仕事を担当している人が多いようです。最近は判定にVARなどのハイテク機器を使用した制度が採用されています。しかし、技術がどんなに進歩しても、人がチェックする審判の職業がなくなることはないでしょう。とくにサッカーのような国際的に人気の高い競技の場合、海外で活躍する日本人の審判員も増えつつあります。

向いている人
サッカーに限らず、審判員には公正な判定を瞬時に下す判断力が求められます。自分の下した判定に選手や観客から批判を受ける場合もあるため、どんな状況でも冷静で平常心を保てる人に適性があるといえるでしょう。長時間にわたり集中力を保てることも重要なポイントです。また、サッカーの場合、選手と同じようにグラウンドを走り回るので、相当な体力や運動能力が求められます。

取得方法
4級は、都道府県サッカー協会が実施する講習会を受けることで資格認定を受けられます。講座を受講した人はほとんど合格となるようです。3級を受けるには、都道府県によっては4級審判員としての実績が必要です。2級からは難易度が一気に高くなります。認定試験を受けるには、都道府県サッカー協会からの推薦が必要です。ただし、受験者の話では、推薦を獲得すること自体が容易ではないようです。1級と女子1級は、地域サッカー協会からの推薦が条件となります。どの級も認定審査の実施時期や方法などが主催する協会により異なりますので、各協会に確認しておきましょう。



サッカー審判員資格の難易度偏差値

1級 女子1級 2級 3級 4級
偏差値50 偏差値47 偏差値45 偏差値0 偏差値0
簡単
簡単
簡単
判定不能
判定不能
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 サッカー審判員○級 登録
所轄・主催:
公益財団法人日本サッカー協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2024年資格日程

都道府県により異なる
願書受付
試験開催地によって願書受付日等が異なります。
試験日
試験開催地によって試験日等が異なります。
合格発表
試験開催地によって合格発表の日等が異なります。
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

サッカー審判員資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 関脇クラス 特になし

サッカー審判員試験概要

受験資格
1級:
各地域サッカー協会の推薦を受けた者
女子1級:
2級取得後2年以上で実績を有する39歳以下の女性
2級:
3級取得者で一定の実績を有する者(要推薦)
3級:
4級取得者で一定の実績を有する者(19試合以上)
4級:
満12歳以上で心身ともに健康な者
試験内容
1級
(日本サッカー協会が認定)
JFAが主催するサッカー競技を担当することができる
・筆記テスト
・体力テスト
・実技テスト

女子1級
(日本サッカー協会が認定)
JFAが主催・管轄する女子サッカー競技、もしくは2種・3種・4種の試合を担当することができる
・筆記テスト
・体力テスト
・実技テスト

2級
(各都道府県サッカー協会が認定)
地域サッカー協会が主催する試合を担当することができる
・筆記テスト
・体力テスト
・実技テスト

3級
(各都道府県サッカー協会が認定)
都道府県サッカー協会が主催する試合を担当することができる
・筆記テスト
・体力テスト
・実技テスト

4級
(各都道府県サッカー協会が認定)
都道府県サッカー協会を構成する支部、地区/市区郡町村サッカー協会の参加の団体、連盟等が主催するサッカー競技の試合を担当することができる
・講習のみ
合格率 非公開
願書受付期間 年数回
試験日程 年数回
受験地 認定団体により異なる
受験料 登録料
1級:
20000円
女子1級:
12000円
2級:
5000円
3級:
3000円
4級:
2500円
合格発表日 認定講習および検定試験修了後
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本サッカー協会
電話:050-2018-1990
ホームページ 審判 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/referee/

サッカー審判員のレビュー

まだレビューがありません