資格の取り方 » 公的資格 » 建築・土木 » 地下タンク等定期点検技術者

地下タンク等定期点検技術者

地中に埋められたタンクや配管は腐食しやすく、漏れ出た危険物が重大な事故をおこす恐れがあります。そのため、地下タンクや地下埋設配管には定期的な点検が必要ですが、「漏れ」の検査は高度な機器と技術が求められます。地下タンク等定期点検技術者は、そうした特殊な点検技術を証明する公的資格。全国危険物安全協会が実施する講習を受け、修了考査に合格することで資格を取得できます。

資格詳細
日常生活では地下にどのようなものがあるか考えることはあまりないと思いますが、街中にたくさんあるガソリンスタンドの地下にはタンクがあり、ガソリンを貯蔵しています。ガソリンスタンド以外にも、学校、病院、ホテルなどの大型施設の地下にもタンクが埋設されており、冷暖房機やボイラーなどに使われる燃料を貯蔵しています。万が一、地下タンクに穴が空き、危険物が漏れるような事態を考えるだけでも不安なことです。施設からの危険物の流出事故は、近年増加傾向にありますが、原因の中で最も多いものが腐食と劣化によるものです。目視では容易に確認できないような地下に埋設された部分からの流出がその大半を占めています。地下のタンクや埋設された配管は、特に腐食しやすい状況下にあるため、所有者による定期的な点検が消防法で義務づけられています。また、漏れの点検については、点検方法や点検実施者などが法令で定められており、この定期的な漏れの点検を行える従事者が地下タンク等定期点検技術者です。漏れの点検を適正に行うためのスキルを証明できる地下タンク等定期点検技術者は、人命や環境を守るための重要な資格といえるでしょう。精度の高い点検機材を扱える専門知識を持つ人以外は点検作業が困難なため、有資格者の需要は高まっています。本資格は講座の受講と修了考査で比較的容易に取得でき、受講資格の制限もないため、だれでも資格を目指せます。現在、関連する業務に従事している方や、社会的に意義のある資格を取得したい方は受講してみてはいかがでしょうか。

活躍場所
一般的には地下タンク設備等の施工メンテナンス会社に就職します。現場は工場、病院などの大型施設やガソリンスタンドなどです。有資格者は歓迎されますので、活躍の場は多いでしょう。

収入と将来性
求人情報を見る限りでは、企業の規模にもよりますが、一般の平均的な収入とあまり変わりないか、それ以上のところもあります。需要の高い仕事であり、地下タンク等定期点検技術者を求めている求人は多数見つかります。未経験での入社の場合、最初の給与は低めですが、資格取得を支援している企業が多いので、講習を受けて資格を取得し、経験を積んでいくと昇給が期待できるのではないでしょうか。貯蔵タンクの定期点検は法律で義務付けられているため、官公庁をはじめ、大手企業からの仕事の依頼がなくなることはありません。定期点検だけでなく、タンクの清掃などのメンテナンスを適切に行うことでタンク設備の寿命も長くなり、コスト削減にもなるため、今後も安定した仕事の依頼が見込めるでしょう。

向いている人
受講資格は問われないので未経験の方も受講できますが、ガソリンスタンドで就業した経験がある方や配管関連の業務経験がある方、危険物取扱者資格を持っている方は取得しておくとよいのではないでしょうか。

取得方法
地下タンク等定期点検技術者は、全国危険物安全協会が全国主要都市で実施する講習(2日間)を受講し、修了考査に合格することで取得が可能です。講習は1日目が座学、2日目に実習と修了考査が行われます。講習を受講するための実務経験や学歴などの条件はなく、だれでも受講できます。講座の全カリキュラムをきちんと受けていれば、修了考査は比較的簡単に合格できるでしょう。



地下タンク等定期点検技術者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 地下タンク等定期点検技術者講習 修了
所轄・主催:
一般財団法人全国危険物安全協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

願書受付
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
試験日
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
合格発表
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

地下タンク等定期点検技術者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
公的資格 特になし 特になし 小結クラス 通学

地下タンク等定期点検技術者試験概要

受験資格 不問
試験内容 地下タンク等定期点検技術者講習を受講して修了考査に合格することで取得できる。

講習内容
・危険物法令
・危険物の概要
・危険物施設の概要
・基礎物理学
・点検実施要領
・実習
合格率 非公開
願書受付期間 開講日の1カ月~2週間前
試験日程 5月~11月(2日間)
受験地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
受験料 30800円
合格発表日 講習修了後
受験申込・問合せ 一般財団法人 全国危険物安全協会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 日本消防会館5階
TEL:03-3597-8393 FAX:03-3597-8391
ホームページ 定期点検技術者講習_一般財団法人 全国危険物安全協会
https://www.zenkikyo.or.jp/tyousa/gijyutu.html

地下タンク等定期点検技術者のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。