資格の取り方 » 国家資格 » ビジネス » 総合旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者は、国内旅行業務のみを取り扱う営業所、または海外旅行業務を取り扱う営業所の管理者になれる資格です(国内旅行業務のみなら国内旅行業務取扱管理者の資格でも可)。旅行業界では人気の国家資格となっています。試験は、観光庁長官に代行して一般社団法人の日本旅行業協会が実施しています。

資格詳細
旅行業務取扱管理者は、旅行者と旅行業者との公正なやり取りを管理および監督することができる人にあたえられる資格であり、旅行業界で唯一の国家資格です。国内の旅行会社に1名以上の有資格者の配置が義務づけられている必置資格でもあります。「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」とがあり、前者は国内旅行のみ、後者は国内と海外旅行の双方を対象にすることができます。ここでは「総合」について解説します。

活躍場所
総合旅行業務取扱管理者は、国内の旅行会社や旅行代理店に勤務する人がほとんどです。「総合」の場合、海外旅行も取り扱うことができるので、大手旅行代理店や海外旅行専門の代理店などへの就職も多くなります。これらの会社に勤めて、広告内容のチェックや旅行計画の立案、旅行者への各種説明、宿泊先や移動手段の手配、苦情への対応などをおこない、旅行業務全般における中心的な役割をにないます。

収入と将来性
定番のレジャーとして、だれでも気軽に旅に出られるようになって久しいですが、一方で、旅行取引における契約の重要性も高まっており、公正かつ公平な契約の責任者として、総合旅行業務取扱管理者の存在価値もまた高まり続けています。また、昨今は低価格のパッケージツアーなど、旅行会社のあいだで競争が激化しており、魅力的なツアーを計画できる人材が求められています。これらの動向からも、総合旅行業務取扱管理者は将来性のある資格と言ってよいでしょう。有資格者は旅行業界への就職・転職に非常に有利になるだけでなく、企業によっては資格手当が支給されたり、昇給や昇進の条件になっているケースもあり、収入の増加に直結する可能性の高い資格でもあります。

向いている人
旅行が好きで、国内外のさまざまな場所を旅した経験がある人に向いています。特に、旅行を計画の段階から楽しめる人に最適です。もちろん、ノープランの気ままな旅が好きな人であっても、旅先での経験は、旅行商品の開発や販売に充分に活かすことができます。すでに旅行業界に勤めている人なら、キャリアアップに最適な資格です。実務経験があれば試験の一部が免除されるので、未経験者よりも有利に試験にのぞむことができるというメリットもあります。

取得方法
総合旅行業務取扱管理者の国家試験は、年に1回、一般社団法人の日本旅行業協会が実施しています。試験は筆記のみですが、出題範囲の広さがネックになりがちです。効率的に受験勉強を進めないと合格は難しいので、独学よりも専門学校や通信教育などを利用して学習するのがおすすめです。



総合旅行業務取扱管理者資格の難易度偏差値

偏差値57
普通
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 総合旅行業務取扱管理者試験 合格
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

願書受付
2019年7月5日~2019年8月5日
試験日
2019年10月13日
合格発表
2019年11月21日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

総合旅行業務取扱管理者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 専門的資格(優) 必置資格 横綱クラス 独学 通学 通信

総合旅行業務取扱管理者試験概要

受験資格 不問
試験内容 ・旅行業法およびこれに基づく命令
・旅行業約款、運送約款および宿泊約款
 ・標準旅行業約款
 ・各種約款
・国内旅行実務
 ・JR・国内主要航空会社・旅館などの運賃料金計算
 ・国内観光地理
・海外旅行実務
 ・国際航空運賃計算
 ・出入国管理法令
 ・出入国に関する実務
 ・海外観光地理
 ・旅行外国語(英語)
合格率 26.10%
願書受付期間 7月上旬~8月上旬
試験日程 10月中旬
受験地 北海道・宮城・東京・愛知・大阪・広島・福岡・沖縄
受験料 6500円
合格発表日 11月下旬
受験申込・問合せ 一般社団法人日本旅行業協会 本部 試験係
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-3 全日通霞が関ビル
TEL 03-3592-1277
ホームページ 総合旅行業務取扱管理者試験|JATA
http://www.jata-net.or.jp/seminar/

総合旅行業務取扱管理者のレビュー

(1件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

クマキング
業界勉強にもなる!好きを仕事にする旅行の資格

2020年06月16日
私はこちらの資格を旅行業界で勤務をして、5年目に習得しました。学生時代に「国内旅行業務取扱管理者」は習得しておりましたが、
更なるスキルアップの為に会社の研修を通じて「総合」の習得も目指しました。国内旅行業務取扱管理者の所持者は「国内旅行業務」の科目が免除され、
「旅行業法」・「約款」「海外旅行実務」のの3科目が範囲となり、各100点満点中、6割正解が合格ラインです。一部科目免除がある事は大きなアドバンテージとなります。
免除なしで、4科目受験はかなりハードルが高く、しっかりと対策をしなくては、合格出来ない資格です。
「旅行業法」「約款」は旅行会社で勤務する上で基本となるルールの様な科目の為に、旅行会社に勤務していればある程度、触れる内容かと思います。
「国内旅行業務」の中ではJR実務が一番の 難関だと思います。同時に、JR運賃計算などのだけで60点はあり、ここの勉強を怠ると不合格となる大事な科目です。
「海外旅行業務」は4科目の中でも英語や航空券の知識・地理など広い知識が必要となります。3レターコードなど、旅行会社によっては馴染みのないものまでありますので、
旅行会社勤務の方でも勉強は勿論必要です。仕事をしながらの勉強は時間の確保が困難の為に、学生の内に習得される方もいらっしゃい、私もお薦めします。
旅行業界は学生の間でも人気上位の業界の為に、この資格を所持していると大きなアピールポイントとなります。
このレビューを5人中5人が評価しています