資格の取り方 » 国家資格 » 服飾 » クリーニング師

クリーニング師

クリーニング店の営業所には1人以上の配置が義務づけられているクリーニング師。その資格試験は、中卒程度の学歴さえあればだれでも受験することができます。試験は年1回、都道府県ごとに実施されます。多様化するファッションに対応してゆくため、資格取得後も勉強はおこたれません。

資格詳細
この資格はクリーニング店を開こうとする場合には必須の国家資格です。クリーニング業法という法律により、クリーニング業を行うにはクリーニング所(受け渡しだけを行う店舗を除く)には1人以上のクリーニング師を置くことが定められているため、この業界のスペシャリストとして評価される資格ともいえます。試験は各都道府県ごとに実施され、学科と実技の試験が行われます。資格を取得するためには、試験に合格し、合格した地域の保健所での登録手続きが必要です。実技試験の内容については各地域で特色があり、Yシャツアイロンがけ試験の実施や、繊維の鑑別や薬品の鑑別等の試験を課す場合がありますので、事前に情報収集を十分に行い試験対策を立てる必要があります。

活躍場所
この資格は洗濯から仕上げまでを行うクリーニング店では必須の資格ですので、将来的にはクリーニング工場での責任者として従事することが可能となります。大手のクリーニング企業に就職を考える方は取得すれば入社に有利になる可能性は高いです。また個人でクリーニング店を開業する場合にも必要な資格ですので、自分のお店を持ちたい方は取得を目指すことをお勧めします。衣類に関する知識や洗濯からアイロンがけに関する技能を学べる点から、ただ教養を深めたい為に受験される主婦の方も多くみられます。受験資格が中等学校卒業以上で実務経験は問わないので、受験に対するハードルが低く、どなたでも受験がしやすい資格といえます。

収入と将来性
クリーニング師を取得されている方の収入は、クリーニング会社の正社員として雇用されている場合、一般的な事務系のサラリーマンと同等程度の水準の給与を受け取る事ができます。会社の規模により多少の差はありますが、クリーニング業には必ず資格保持者の配置が1人以上必要なので、スペシャリストとしての誇りをもって働くことができます。取得する価値は大いにある資格です。個人でクリーニング店を起業されれば、収入は経営努力次第で大きく変わってきますので、将来的な独立を考える方には取得が必須といえるでしょう。クリーニング業に携わる方は事業主から取得を勧められるケースが多くなっています。

向いている人
クリーニング業に携わる方が取得されるケースが多いことから、細かい仕事を丁寧にこなすことが求められますので、器用な方が向いているといえます。また、日々の業務は単純なものが多いので、淡々と正確に仕事をこなすことが重要視されます。コツコツと目の前の仕事に集中できる方も向いています。受験資格の規定が厳しくない点から服飾系の仕事をされている方や、主婦の方が家事のスキル向上をめざして取得するといった教養目的で目指す側面もあります。取得しようという意思のある方なら、しっかりと受験対策を行えばどなたでも取得しやすい資格といえます。

取得方法
クリーニング師の試験は学科試験と実技試験の2つ試験から構成されています。学科試験への対策としては、過去問題集やテキストを書店で購入することができますので独学で勉強が可能です。実技試験の対策としては、実技試験の内容は受験を希望する都道府県により異なりますので注意が必要です。試験科目やアイロンがけ試験の方法等が大きく異なりますので、受験勉強に取り組む前に試験内容の詳細を各地域のクリーニング業の組合へ問い合わせておくことをお勧めします。試験対策講習会を実施している場合もありますので、試験の傾向をつかむ為にも参加されると良いでしょう。試験は各都道府県で実施され、実技の試験内容と難易度は地域ごとに異なります。現住所に関係なく全国どこでも受験することが可能です。合格後の保健所への申請については現住所ではなく地域の保健所での登録申請となります。その為、試験難易度の低い地域での受験も可能といえますが、合格後の申請等は管轄の保健所への直接出向く必要がありますので、資格取得後の便宜を考えると最寄りの地域での受験されることをお勧めします。



クリーニング師資格の難易度偏差値

偏差値41
簡単
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 クリーニング師免許 取得
所轄・主催:
各当道府県
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2024年資格日程

会場により日程が異なる
願書受付
試験開催地によって願書受付日等が異なります。
試験日
試験開催地によって試験日等が異なります。
合格発表
試験開催地によって合格発表の日等が異なります。
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

クリーニング師資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(可) 必置資格 横綱クラス 独学

クリーニング師試験概要

受験資格 ・中学校またはこれに準ずる学校を卒業した者
・中等教育学校の前期課程を終了した者
・上記と同等以上の学力があると認められる者
試験内容
学科試験

・衛生法規に関する知識
・公衆衛生に関する知識
・洗たく物の処理に関する知識および技能

実技試験

・洗たく物の処理に関する技能

※試験の内容は都道府県ごとに異なる
合格率 60~80%程度
願書受付期間 都道府県による
試験日程 都道府県による(年1回)
受験地 都道府県による
受験料 都道府県による
合格発表日 都道府県による
受験申込・問合せ 都道府県の担当課
ホームページ

クリーニング師のレビュー

まだレビューがありません