資格の取り方 » 国家資格 » 技能士 » ガラス施工技能士

ガラス施工技能士

窓のない建物は、人間の生活空間としては不適切と言えます。ほとんどの建物で、日光や外気を自由に取り入れるために、窓ガラスは重要な役割を果たしています。ガラス施工技能士は、窓ガラスの施工技能を認定する国家資格です。実技試験ではアルミサッシの組み立て・取り付けや板ガラスの切断・加工などをおこないます。

資格詳細
建築物には窓をはじめ、さまざまな箇所で板ガラスが使用されています。建築用の板ガラスには数多くの種類がありますが、それぞれに応じた施工方法が必要です。ガラス施工技能士は、建築工事現場でのガラス工事の施工に必要な技術を認定する検定試験であり、試験に合格すると、ガラス工事の専門家であることが認定されます。昭和46年に開始したガラス施工の技能検定は、年々内容が充実し、今日に至っています。ガラス用フィルム施工技能士という似た名前の資格がありますが、こちらはガラスに貼り付けるためのフィルムの技能についての資格になりますので間違えないでください。ガラス施工技能士には1級、2級とあり、それぞれ実技試験が行われます。実技では図面に基づいてアルミサッシを組み立て、板ガラスを切断・加工し、取り付けまでの作業を行います。ガラス施工技能士を名乗るためには、まず受験資格として、原則実務経験が必要です。1級ともなると、7年以上の実務経験、もしくは2級の資格を取得後実務経験が2年以上必要です。長年の経験が必要な資格だからこそ、ガラス施工技能士が在籍するところは、お客さんが新築やリフォームを依頼する際のお店選びの基準の一つになるといえます。

活躍場所
ガラス工事業や建具工事業の会社、建築会社、工務店などに就職して、建築現場でガラス工事の仕事を行います。

収入と将来性
ガラス施工工事の職種はあまり高収入が期待できないようですが、勤めている会社の規模もしくは力量によって変わる可能性は高いです。求人情報を見ると、ガラス施工技能士の有資格者を求めている企業は非常に多く、大半が資格手当を支給しています。有資格者が在籍していると、会社としての技術をお客さんにアピールできるので、ガラス施工技能士は優遇されるでしょう。建築現場にはガラス工事は欠かせない仕事です。建築用の板ガラスには、フロート板ガラス、強化ガラス、複層ガラスなど、多種多様の種類があり、各ガラスに応じた施工方法が必要です。それらの専門知識と技能を持っている有資格者は今後もガラス工事関連事業で欠かせない人材としてニーズが高いといえます。

向いている人
ガラス施工の仕事は、住宅やビルの窓枠に合わせて重いガラスを切断し、シリコンで素早くサッシに固定していく仕事なので、体力と同時に正確に仕事を行うための丁寧さが求められます。基本的に受験するには実務経験が必要なので、ガラス施工工事の仕事を始めて2年経ったら、資格に挑戦してみるとよいでしょう。資格取得を支援している会社も多いです。

取得方法
受験経験者の話では、実技試験が予想以上に難しかったようです。ガラスの切断はもちろんですが、極細切りや合わせガラスの切断、フィルム貼りやコーキング施工など、いくつもの課題があります。それらをすべて制限時間内で完了させなければならないため、日ごろの成果をいかに発揮できるかがポイントとなるようです。受験者は練習を積んで試験に臨んでいるものの、やはり本番では緊張するようです。学科試験の対策としては、中央職業能力開発協会のサイトで公開している過去の試験問題で勉強するとよいでしょう。



ガラス施工技能士資格の難易度偏差値

1級 2級
偏差値52 偏差値44
普通
簡単
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○級ガラス施工技能検定試験 合格
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

記載内容は学科試験の情報。
願書受付
2020年10月5日~2020年10月16日
試験日
2021年1月24日
合格発表
2021年3月12日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

ガラス施工技能士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 名称独占資格 横綱クラス 独学 講習

ガラス施工技能士試験概要

受験資格
1級

・7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上の実務経験
※学歴により必要な実務経験年数が異なる

2級

・実務経験2年以上
※学歴により実務経験が不要になる
試験内容
1級・2級

学科試験

・施工法
・材料
・建築構造
・製図
・関係法規
・安全衛生
実技試験

・ガラス工事作業
合格率
願書受付期間 4月上旬~中旬・10月上旬~中旬
試験日程
実技試験:
6月上旬~9月上旬・12月上旬~2月中旬
学科試験:
7月中旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬
受験地 指定の試験場
受験料
学科試験:
3100円
実技試験:
16500円
※都道府県によって異なる場合がある
合格発表日 10月上旬・3月中旬
受験申込・問合せ 都道府県職業能力開発協会
※都道府県よって問い合わせの電話番号は異なりますのでホームページを参照
ホームページ 技能検定のご案内 : 中央職業能力開発協会(JAVADA)
https://www.javada.or.jp/kyoukai/itiran.html

ガラス施工技能士のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。