資格の取り方 » 国家資格 » 技能士 » コンクリート圧送施工技能士

コンクリート圧送施工技能士

現代建築の資材として、もっとも代表的なコンクリート。現代人の生活は、常にコンクリートに囲まれていると言っても過言ではないでしょう。コンクリート圧送施工技能士は、建築現場でコンクリート(生コン)を型枠に流し込む作業に必要な技能を認定する国家資格。学科試験と実技試験に合格することで取得できます。

資格詳細
コンクリート圧送とは、さまざまな建築・建設現場で、コンクリートポンプを操作して生コンクリートを所定の型枠内に送り、流し込むという専門的な作業です。生コンクリートは品質が変わりやすいため、十分な経験と技術、知識が必要不可欠です。コンクリート圧送施工技能士は、建設現場でのコンクリート圧送工事の実施工としての技能と知識を認定する国家資格です。この資格は1級と2級があり、いずれも受験するには、原則として現場での実務経験が必要であり、2級は2年以上、1級を目指す場合は7年以上の実務経験が求められます。比較的難易度の高い資格ですが、国土交通省、日本建築学会、土木学会などの工事仕様書において、この資格所得者を優先起用し、現場に配置するようにと明記されているため、この資格取得を奨励している企業が多いです。また、資格取得者が在籍していると、施工依頼主からの信頼につながり、大規模の案件も手がけられます。

活躍場所
建設会社や建築会社に就職し、コンクリート圧送工事の現場で仕事をすることになります。コンクリート圧送施工が必要な現場はさまざまで、大型の商業施設から一般の住宅まであります。さらに、橋などの建築の現場での仕事もあるでしょう。

収入と将来性
コンクリート圧送施工の年収は、入社2年目から比較的高めです。経験・能力に加え、資格を持っていると、優遇されるでしょう。アルバイトやパートを日給制で雇っているところも多く、日給の額も高く、頑張った分稼げる仕事とされています。今後、建物の高層化がさらに進んでいくと、建物の強度の問題がより重要になってきます。そうなると、いかに強度の高いコンクリートを圧送するかということが課題となるため、将来的にこの仕事がなくなる可能性はまず少ないと考えてよいでしょう。また、求人数が非常に多いことからも、この業界の人手不足の状況がわかりますが、だからこそ、会社側がしっかりと若手を育ててくれることが期待できます。近年は機械化が進んでおり、必ずしも腕力が必要ではないため、技術と経験のある人なら、年を重ねてからも活躍できる仕事です。建設業の中でも、この分野の仕事への需要は今後も高まっていくといえるでしょう。

向いている人
コンクリート圧送施工の仕事は、一朝一夕で身に付くものではなく、経験がものをいう仕事です。そのため、職人肌の人に向いているでしょう。また、万が一のミスを防ぐためにも、冷静な判断と仕事への使命感が求められます。さらに、この仕事は多くのスタッフと連携を取りながら作業することが多く、協調性も必要です。コンクリート圧送工事の業界は人手不足に見舞われていますので、建設業で活躍したいという若い世代に最適な仕事ではないでしょうか。

取得方法
学科試験では、コンクリートに関する幅広い範囲の知識が必要です。また、実技試験といっても、判断等試験と計画立案等作業試験ですので、ペーパーテストになります。コンクリート圧送のための準備やポンプ操作の知識、圧送後の洗浄、積算などに関する知識が求められます。過去の試験問題は、中央職業能力開発協会のサイトで、平成30年度と令和元年度の試験問題を公開しています。実技試験の内容も出ていますので、確認しておきましょう。学科試験問題は正解表付きですので、繰り返し解いて確実にクリアしておくことが大切です。また、各地域の圧送協同組合で受験対策講習会を実施していることがありますので、問い合わせてみるとよいでしょう。



コンクリート圧送施工技能士資格の難易度偏差値

1級 2級
偏差値52 偏差値44
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○級コンクリート圧送施工技能検定試験 合格
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

記載内容は学科試験の情報。
願書受付
2020年10月5日~2020年10月16日
試験日
2021年2月7日
合格発表
2021年3月12日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

コンクリート圧送施工技能士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 名称独占資格 横綱クラス 独学 講習

コンクリート圧送施工技能士試験概要

受験資格
1級

・7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上の実務経験
※学歴により必要な実務経験年数が異なる

2級

・実務経験2年以上
※学歴により実務経験が不要になる
試験内容
1級・2級

学科試験

・建設一般
・施工法
・材料
・コンクリートの圧送性
・製図
・関係法規
・安全衛生
実技試験

・コンクリート圧送工事作業
合格率
願書受付期間 4月上旬~中旬・10月上旬~中旬
試験日程
実技試験:
6月上旬~9月上旬・12月上旬~2月中旬
学科試験:
7月中旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬
受験地 指定の試験場
受験料
学科試験:
3100円
実技試験:
16500円
※都道府県によって異なる場合がある
合格発表日 10月上旬・3月中旬
受験申込・問合せ 都道府県職業能力開発協会
※都道府県よって問い合わせの電話番号は異なりますのでホームページを参照
ホームページ 技能検定のご案内 : 中央職業能力開発協会(JAVADA)
https://www.javada.or.jp/kyoukai/itiran.html

コンクリート圧送施工技能士のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。