資格の取り方 » 国家資格 » 技能士 » アルミニウム陽極酸化処理技能士

アルミニウム陽極酸化処理技能士

アルミニウム陽極酸化処理とは、アルマイト処理とも呼ばれ、アルミニウムに陽極酸化被膜(アルマイト)をほどこし、耐食性および耐摩耗性を強化する技術です。身近なものでは、アルミ製のヤカンや鍋、弁当箱などに利用されています。この技術を有することを証明する国家資格として、アルミニウム陽極酸化処理技能士があります。

資格詳細
アルミニウム陽極酸化処理は、聞き慣れない言葉ですが、アルマイト処理のことです。生活用品から工業製品まで幅広い分野で利用されているアルミニウムの品質に重要な表面加工処理がアルマイト処理です。アルミニウムは、比較的軟らかい金属のため、硬度や耐食性に問題がありますが、アルマイト処理により、人工的に酸化皮膜をつくることで、防錆びや強度を向上させることができます。また着色も可能なめ、装飾用途でも活用できる技術です。アルミニウム陽極酸化処理により、アルミニウムの用途はお鍋などの身近な生活用品はもちろん、スマートフォンやタブレットのボディ、オートバイや船舶用部品、医療機器、自動車用エクステリアパーツなど、その用途は幅広い分野に拡がっています。アルミニウム陽極酸化処理技能士は、このようなアルミニウムの陽極酸化処理、すなわちアルマイト処理に必要な技能・知識を証明する国家資格です。工場などでアルミニウムやマグネシウム、亜鉛、チタンなどの陽極酸化処理作業を行う社員は、必要な知識と技能を習得するために、技能検定試験を受験しています。資格は1級と2級があり、1級は7年以上の実務経験、もしくは2級合格後に実務経験が2年以上あること、2級は2年以上の実務経験が必要ですが、学歴により実務経験年数が異なりますので、まずは受験資格を確認しておきましょう。

活躍場所
アルマイト処理加工会社に就職し、専門工場でアルマイト表面処理の仕事に携わります。

収入と将来性
年齢・経験等により、収入にはかなり幅がありますが、総じて、一般の平均収入よりは低めです。有資格者を歓迎しているところが多く、資格手当により収入アップが見込めるでしょう。アルミニウム陽極酸化処理は、どこでもできる仕事ではないため、需要がなくなることはありません。日本が誇る技術として、今後も期待できる職種といえます。

向いている人
モノづくりに興味があり、集中力がある人、化学薬品の取り扱いがあるため、化学の知識があり、理系が得意な方に向いている仕事です。また、工場での立ち仕事になりますので、ある程度の体力も必要でしょう。資格取得をフォローしてくれる会社が多く、未経験で入社しても、経験を積めば資格を取得できますので、前向きに根気よく仕事に取り組める人が望まれます。

取得方法
アルミニウム陽極酸化処理に関する参考書や試験問題集などの情報がほとんどありませんが、資格取得を支援している会社が多いので、職場の先輩に試験対策などについてアドバイスを受けるとよいでしょう。ちなみに、直近の実技試験では、硫酸陽極酸化処理、電解液の分析と調整計算、試験材の皮膜厚さ測定が行われました。1級では着色皮膜処理とアルカリ滴下試験も含まれます。



アルミニウム陽極酸化処理技能士資格の難易度偏差値

1級 2級
偏差値55 偏差値52
普通
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○級アルミニウム陽極酸化処理技能検定試験 合格
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

願書受付
2020年4月6日~2020年4月17日
試験日
2020年8月30日
合格発表
2020年10月2日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

アルミニウム陽極酸化処理技能士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 名称独占資格 横綱クラス 独学 講習

アルミニウム陽極酸化処理技能士試験概要

受験資格
1級

・7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上の実務経験
※学歴により必要な実務経験年数が異なる

2級

・実務経験2年以上
※学歴により実務経験が不要になる
試験内容
1級・2級

学科試験

・電気および電気化学
・陽極酸化処理一般
・陽極酸化処理作業法
・材料
・試験、測定および分析
・関係法規
・安全衛生
実技試験

・陽極酸化処理作業
合格率
願書受付期間 4月上旬~中旬・10月上旬~中旬
試験日程
実技試験:
6月上旬~9月上旬・12月上旬~2月中旬
学科試験:
7月中旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬
受験地 指定の試験場
受験料
学科試験:
3100円
実技試験:
16500円
※都道府県によって異なる場合がある
合格発表日 10月上旬・3月中旬
受験申込・問合せ 都道府県職業能力開発協会
※都道府県よって問い合わせの電話番号は異なりますのでホームページを参照
ホームページ 技能検定のご案内 : 中央職業能力開発協会(JAVADA)
https://www.javada.or.jp/kyoukai/itiran.html

アルミニウム陽極酸化処理技能士のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。