資格の取り方 » 国家資格 » 技能士 » 工場板金技能士

工場板金技能士

工場板金技能士は、手作業や加工機械によって金属板を加工する専門家。技能検定制度の一種で国家資格になっています。試験は工法ごとに、曲げ板金作業、打出し板金作業、機械板金作業、数値制御タレットパンチプレス板金作業の4つに区分されています。都道府県職業能力開発協会が実施する検定試験です。

資格詳細
板金は、薄い金属板材を指定の形状に加工する方法です。かつては手作業による板金が主流でしたが、現在では加工機械も使用して行われます。板金には、自動車の傷やへこみを修理する自動車板金や、建築物の内外装などを行う建築板金などがあり、中にはロケットの部品を製造している、高度な技術を誇る会社もあります。日本の板金は世界に誇る工業技術の1つといえるでしょう。板金工になるために、必要な資格は特にありませんが、最近は工業系高校や職業訓練校などで金属加工の基礎を学んでから、板金専門の工場などで見習いとして働くのが一般的です。基本的な技術を身につければ、一生の仕事にできるのが強みですが、板金店を自分で経営したい人は、工場板金技能士の2級以上の資格取得を目指すとよいでしょう。板金に関する技能を認定する、厚生労働省の認定する国家資格が工場板金技能士です。工場板金技能検定に合格すると、工場板金技能士を名乗れるため、仕事のモチベーションにつながります。試験は、曲げ板金や機械板金など、4つの作業区分に分かれ、特級から3級まであります。3級は初心者でも取得しやすいので、初心者はまず3級を目指しましょう。

活躍場所
板金の技術は、工業製品から日用品まで、さまざまな用途で使われているため、活躍の場も幅広いことが特徴です。自動車などの板金なら自動車や自動車部品のメーカーの工場、建築関係の板金工なら、建築板金を手掛ける建設会社の工場で板金工として活躍します。

収入と将来性
板金工は稼ぎやすい仕事といわれている通り、比較的安定した収入を得られるようです。ただし、調査年度により年収の浮き沈みが大きい傾向が見られますが、一般的には良い方だといえます。板金の仕事は需要が高く、求人数も豊富にあるので、給与などの待遇面で希望の会社を選びやすいのではないでしょうか。板金はさまざまな製品に関わっている技術であり、海外への輸出製品にも多く使われていますので、今後も安定した需要が続くといえるでしょう。

向いている人
板金は、コツコツと行う細かな作業が多いので、集中力と根気のある人に向いている仕事です。金属を扱う作業のため、大きなケガや事故につながることもあります。そのため、仕事に慣れてきても、気を緩めずに、常に安全確認を徹底して作業する慎重さも求められます。板金は力仕事があり、男性の作業員が圧倒的に多いですが、塗装などの業務では細かい作業や色のセンスが求められる場合もあり、最近は女性の板金工も少しずつ増えているようです。また、未経験からでも始められる仕事ですので、興味のある方は未経験者歓迎の求人を探して、挑戦してみるのも良いでしょう。ただし、一生ものの技術を得るには、修業を続けるタフな精神力が必要です。

取得方法
実技試験では、実際に作業を行いますが、課題は過去の試験問題を参考にして、あらかじめ練習しておくとよいでしょう。平成30年度から令和元年度の各級の試験問題は、中央職業能力開発協会のサイトで閲覧できます。特級の試験問題は令和元年度のものが公開されています。実技試験問題、作業時間、注意事項などが見られますので、参考のために確認しておくとよいでしょう。また、学科試験問題も正解表付きで掲載されています。出題の傾向をつかんで、何度も繰り返して覚えると自信がつくのではないでしょうか。



工場板金技能士資格の難易度偏差値

特級 1級 2級 3級
偏差値55 偏差値52 偏差値44 偏差値39
普通
普通
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○級工場板金技能検定試験 合格
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

記載内容は3級学科試験の情報。
願書受付
2020年4月6日~2020年4月17日
試験日
2020年7月12日
合格発表
2020年8月28日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

工場板金技能士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 名称独占資格 横綱クラス 独学 講習

工場板金技能士試験概要

受験資格
特級

・1級合格後5年以上の実務経験

1級

・7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験
※学歴により必要な実務経験年数が異なる

2級

・実務経験2年以上、または3級合格者
※学歴により実務経験が不要になる

3級

・不問
試験内容
特級

学科試験

・工程管理
・作業管理
・品質管理
・原価管理
・安全衛生管理および環境の保全
・作業指導
・設備管理
・工場板金に関する現場技術
実技試験

・工程管理
・作業管理
・品質管理
・原価管理
・安全衛生管理
・作業指導
・設備管理

1級・2級

学科試験

・工場板金加工法一般
・機械工作法
・材料
・材料力学
・製図
・電気
・安全衛生
・選択科目
 ・曲げ板金加工法
 ・打出し板金加工法
 ・数値制御タレットパンチプレス板金加工法
実技試験

・選択科目
 ・曲げ板金作業
 ・打出し板金作業
 ・機械板金作業
 ・数値制御タレットパンチプレス板金作業

3級

学科試験

・工場板金加工法一般
・機械工作法
・材料
・製図
・電気
・安全衛生
・選択科目
 ・曲げ板金加工法
 ・打出し板金加工法
 ・機械板金加工法
実技試験

・選択科目
 ・曲げ板金作業
 ・打出し板金作業
 ・機械板金作業
合格率
願書受付期間 4月上旬~中旬・10月上旬~中旬
試験日程
実技試験:
6月上旬~9月上旬・12月上旬~2月中旬
学科試験:
7月中旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬
受験地 指定の試験場
受験料
学科試験:
3100円
実技試験:
16500円
※都道府県によって異なる場合がある
合格発表日 10月上旬・3月中旬
受験申込・問合せ 都道府県職業能力開発協会
※都道府県よって問い合わせの電話番号は異なりますのでホームページを参照
ホームページ 技能検定のご案内 : 中央職業能力開発協会(JAVADA)
https://www.javada.or.jp/kyoukai/itiran.html

工場板金技能士のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。