資格の取り方 » 国家資格 » 技能士 » 金属プレス加工技能士

金属プレス加工技能士

一対の金型に素材をはさみ、プレス機械によって強い力をくわえることで、素材を金型の形に成形するプレス加工。その技術を身につけていることを示す国家資格として、金属プレス加工技能士の資格があります。試験は都道府県職業能力開発協会が実施し、学科および実技試験に合格することで取得できます。

資格詳細
金属プレス加工は、金属板を特定の形状に変形させる仕事です。通常は、金型といわれる金属の型に金属素材をセットし、圧力を上下からかけて金型の形に成形します。金型に合わせて、大型のものから細かな部品などまで、さまざまなものを作ることができ、自動車のドアやボンネット、硬貨などにもプレス加工の技術が利用されています。金属プレス加工は、金型を製作しておくことで、同じ形と質の製品を容易に大量生産できることが特徴です。日本のプレス加工技術は、高く評価されており、世界でもトップレベルです。金属プレス工になるために、資格は必須ではありませんが、金属薄板の加工に必要な技能を証明できる国家資格の金属プレス加工技能士は、多くの企業で受験を奨励している資格ですので、ステップアップのためにも取得しておくとよいでしょう。この技能検定で対象となる作業は、金属プレス作業のみです。また、資格は特級、1級、2級のレベルに区分されており、技術レベルや実務経験に合わせて受験できます。特級は管理者や監督者として必要とされる技能レベルであり、受験するには、1級に合格後5年以上の実務経験が必要です。

活躍場所
プレス加工で作られる製品は多岐にわたるので、活躍する場も自動車や家庭用電化製品など、多種多様な製品を製造する工場でプレス工としての活躍が期待されます。

収入と将来性
プレス工の年収は、一般の平均的な年収よりやや上回っているようです。もちろん、工場によって違い、勤務形態や勤続年数などの条件でも異なります。就職先を選ぶ場合は、手当、休日なども前もってしっかり考慮して選ぶようにしましょう。日本の製造業の要といえる金属プレス加工の仕事は、多くの製品を製造する工程で欠かすことができない技術ですので、今後も安定した需要が続くでしょう。

向いている人
金属プレス加工の仕事は未経験からでも始められる仕事ですが、基本的にモノづくりが好きで、技術的なことに興味が持てる人に向いています。また、プレス加工の仕事は、意外ですが、体力はあまり必要ではなく、正確さが問われる作業であるため、集中力が求められます。特に細かい部品の場合、わずかなズレがあると製品として成り立たないこともあるからです。慣れてしまえば単調な作業ですが、手先に注意して作業しないと、機械に手を挟んでしまうといった危険性もあるので、ひとりで黙々と集中して作業ができる人に適性があるといえます。

取得方法
学科試験対策としては、他の資格の場合と同様ですが、過去の試験問題集で繰り返し学習することです。雇用問題研究会やAmazonなどで「金属プレス加工1・2級技能検定試験問題集」を購入できます。また、中央職業能力開発協会で過去の特級及び1・2級の試験問題を正解表つきで公開していますので、技能検定試験問題集と併せて、学習に役立てるとよいでしょう。実技試験については、資格をすでに取得済みの職場の先輩などの指導を受け、現場で実際に金型を作成し、作業に慣れておくことをおすすめします。この資格取得を奨励している企業では、日々の業務の中で技術指導を行っており、社内研修を実施しているところもあるようです。



金属プレス加工技能士資格の難易度偏差値

特級 1級 2級
偏差値55 偏差値52 偏差値44
普通
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○級金属プレス加工技能検定試験 合格
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

記載内容は2級学科試験の情報。
願書受付
2020年4月6日~2020年4月17日
試験日
2020年8月23日
合格発表
2020年10月2日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

金属プレス加工技能士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 名称独占資格 横綱クラス 独学 講習

金属プレス加工技能士試験概要

受験資格
特級

・1級合格後5年以上の実務経験

1級

・7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験
※学歴により必要な実務経験年数が異なる

2級

・実務経験2年以上、または3級合格者
※学歴により実務経験が不要になる
試験内容
特級

学科試験

・工程管理
・作業管理
・品質管理
・原価管理
・安全衛生管理および環境の保全
・作業指導
・設備管理
・金属プレス加工に関する現場技術
実技試験

・工程管理
・作業管理
・品質管理
・原価管理
・安全衛生管理
・作業指導
・設備管理

1級・2級

学科試験

・金属プレス加工法
・材料
・材料試験
・材料力学
・機械工作法
・油圧および空気圧
・製図
・電気
・安全衛生
実技試験

・金属プレス作業
合格率
願書受付期間 4月上旬~中旬・10月上旬~中旬
試験日程
実技試験:
6月上旬~9月上旬・12月上旬~2月中旬
学科試験:
7月中旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬
受験地 指定の試験場
受験料
学科試験:
3100円
実技試験:
16500円
※都道府県によって異なる場合がある
合格発表日 10月上旬・3月中旬
受験申込・問合せ 都道府県職業能力開発協会
※都道府県よって問い合わせの電話番号は異なりますのでホームページを参照
ホームページ 技能検定のご案内 : 中央職業能力開発協会(JAVADA)
https://www.javada.or.jp/kyoukai/itiran.html

金属プレス加工技能士のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。