資格の取り方 » 民間資格 » 教育 » 日本語教育能力検定試験

日本語教育能力検定試験

日本で仕事をしたり日本文化を学びたい外国人にとって大きな障害となるのが言葉の壁。日本語を勉強したいという外国人は常に多くいます。日本国際教育支援協会が主催する日本語教育能力検定試験は、外国人に日本語をおしえている先生たちや、それを目指して勉強している人びとに向けて、日本語教育のレベルを測定する民間の検定試験。日本語学校の教師はもちろん、ボランティア活動にも役立つ検定です。

資格詳細
日本語教育能力検定試験は、日本語教育のスキルを認定する検定試験です。日本語を教えると言っても、日本人のためのいわゆる国語ではなく、日本語を習得したい外国人のための教育です。それに必要な体系的知識や、その知識を多様な現場で活かす能力が基礎レベルに達しているかどうかを判定する試験となっています。基礎レベルとはいえ、出題範囲が広く、かなり高度な内容となっており、難しい検定試験のひとつとして知られています。

活躍場所
日本語教育能力検定試験を受験する人のほとんどは日本語教師およびそれを目指している人です。活躍する場所は、国内か国外かに大別できます。国内の日本語学校では、日本語教師養成講座を実施している学校が多く、その講座の修了者から教師を採用するパターンが目立ちます。その場合、まずは非常勤講師になって経験を積み、のち専任教師になるというルートが一般的です。また、国内ではボランティア・スタッフとして外国人に日本語を教える人も多くいます。国外では、公的機関や民間教育機関から海外に派遣されて、現地の高校や語学学校に勤務するケースが一般的です。

収入と将来性
日本で暮らす外国人の数は増え、彼らの多くが言葉の壁に直面して不自由している現在、日本語教師という職業の社会的な意義は高まっているにもかかわらず、その地位はまだまだ高いとは言えません。たとえば日本語と英語が話せるなら、英語教師を目指したほうが、就職が楽で収入面でもよいかもしれません。しかし、日本語教師に対する認識は確実に高まっていますし、国外の職場では、アジアやオセアニア地域を中心に需要が高まっています。とりわけ日本企業の進出いちじるしい東南アジアでは、タイなどを始めとして日本語を学びたい人が急増していますし、その傾向は世界全体に広まりつつあります。日本語教師の将来は明るいと見てよいでしょう。

向いている人
現役の日本語教師には、海外生活の経験がある人が多く見られます。バイリンガルの人なら、外国語の学習から始める必要がないので、非常に有利です。外国語が得意で、海外で働きたいという人にも向いています。海外経験の有無いずれにせよ、教える相手は外国人ですので、異文化コミュニケーションの能力が必ず求められることになります。柔軟で偏見のない思考を持ち、人と根気よく接することができる人に向いています。

取得方法
日本語教育能力検定試験の内容は「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語一般」から構成されており、見るからに出題範囲が広いのが特徴で、しかも高度な内容となっています。試験勉強はそれなりの覚悟を持ってのぞまねばなりません。独学のみでも不可能ではありませんが、専門学校や養成施設などが実施する集中講座を利用すると効率よく学習が進むでしょう。



日本語教育能力検定試験資格の難易度偏差値

偏差値53
普通
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 日本語教育能力検定試験 合格
所轄・主催:
公益財団法人日本国際教育支援協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

願書受付
2020年6月22日~2020年8月3日
試験日
2020年10月25日
合格発表
2020年12月25日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

日本語教育能力検定試験資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
民間資格 就職や転職にかなり有利 特になし 関脇クラス 独学 通学 通信

日本語教育能力検定試験試験概要

受験資格 不問
試験内容
試験I

・日本語教育の実践につながる基礎的な知識
試験II

・基礎的な知識および基礎的な問題解決能力について音声を媒体とした出題
試験III

・熟練した日本語教員の有する現場対応能力につながる基礎的な問題解決能力
合格率 24.90%
願書受付期間 6月下旬~8月中旬
試験日程 10月下旬
受験地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
受験料 10600円
合格発表日 12月中旬
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本国際教育支援協会 日本語試験センター
〒153-8503 東京都目黒区駒場4-5-29
TEL:03-5454-5215
ホームページ JEES 日本語教育能力検定試験ホーム
http://www.jees.or.jp/jltct/index.htm

日本語教育能力検定試験のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。