資格の取り方 » 国家資格 » 金融 » 貸金業務取扱主任者

貸金業務取扱主任者

平成21年に始まった国家資格である貸金業務取扱主任者は、資金需要者を保護する目的で制定されました。この背景には、多重債務者の増加やグレーゾーン金利の廃止などがあります。そして平成22年以降、貸金業者の事業所には、規模ごとに定められた人数の貸金業務取扱主任者を配置することが義務づけられています。

資格詳細
貸金業務取扱主任者とは、2003年の「貸金業の規制等に関する法律」(貸金業法)が改正された際に創設された制度で、2009年から国家資格として試験が実施されるようになった新しい資格です。2010年以降は、貸金業務取扱主任者の設置が義務づけられ、貸金業者は営業所または事務所ごとに法定人数(50人あたり1人以上)を配置せねばならない、いわゆる「必置資格」となっています。貸金業に従事する人にとっては、もはやなくてはならないほど重要な資格です。

活躍場所
貸金業務取扱主任者の活躍場所は、消費者金融に代表される貸金業界です。ヤミ金などの悪質業者を取り締まるための法改正によって誕生した経緯からわかるとおり、貸金業務取扱主任者の使命は、貸金業界の健全化にあります。業務に従事する人びとが、貸金業に関する法令を遵守し、適正に業務をおこなえるように、助言および指導を実施するのが主な役割です。こうして利用者が、適切な契約のもとで安心してお金を借り、返済できる環境を整備、監督します。

収入と将来性
特に消費者金融業界においては、貸金業務取扱主任者の国家資格が欠かせないものとなっています。業界への就職・転職に有利となるのはもちろん、この資格がなければ業界内での出世は見込めないでしょう。当然、貸金業務取扱主任者があるとないとでは収入に差が生じてきますし、将来性の有無にも直結します。業界全体として見た場合、皮肉なことに、この資格を生んだ法改正によって規制が強化された結果、悪徳業者以外の小規模業者も淘汰されることになり、業界は縮小してしまいましたが、大手の貸金業者は健在。需要が激減するような業種ではないので、大手を中心に安定感のある業界へと成熟しています。

向いている人
貸金業務取扱主任者は法律を基盤として活動するため、ある種、法律家のような資質が求められます。試験でも法令に関する問題がほとんどを占めているので、法令文書を読むのが苦痛だという人は、試験の段階で人一倍の苦労を強いられるでしょう。また、公益に資すべき国家資格者として、貸金業を健全に保つという使命感も欠かすことはできません。たとえ相手が同僚や上司であっても、不正を見逃さない注意力と責任感のある人に向いていると言えます。

取得方法
貸金業務取扱主任者の国家試験は、年に1回だけ実施されます。試験は筆記のみで、「法及び関係法令に関すること」「貸付け及び貸付けに付随する取引に関する法令及び実務に関すること」「資金需要者の保護に関すること」「財務及び会計に関すること」の4分野から構成されており、前3者は貸金業法や民事法、個人情報保護法といった法律に関わる出題が大部分を占めます。市販のテキストを使っての独学でも合格は可能ですが、かなりの猛勉強が必要になり、合格率は26%程度と、なかなかの難関資格です。



貸金業務取扱主任者資格の難易度偏差値

偏差値53
普通
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 貸金業務取扱主任者資格試験 合格
平成○年○月○日 貸金業務取扱主任者資格 登録
所轄・主催:
金融庁
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

願書受付
2020年7月1日~2020年9月10日
試験日
2020年11月15日
合格発表
2021年1月12日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

貸金業務取扱主任者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 必置資格 横綱クラス 独学 講習 通信

貸金業務取扱主任者試験概要

受験資格 不問
試験内容 筆記試験:(50問)4肢択一のマークシート方式
・法および関係法令
・貸付けおよび貸付けに付随する取引に関する法令および実務
・資金需要者等の保護
・財務および会計
合格率 30.50%
願書受付期間 7月上旬~9月上旬
試験日程 11月中旬
受験地 札幌・仙台・千葉・東京・埼玉・横浜・高崎・名古屋・金沢・大阪・京都・神戸・広島・高松・福岡・熊本・沖縄
受験料 8500円
合格発表日 1月上旬
受験申込・問合せ 日本貸金業協会 資格試験センター
〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15 二葉高輪ビル2F・3F
TEL:03-5739-3867
受付時間:9時30分~12時・13時~17時30分(土日祝日を除く)
ホームページ 貸金業務取扱主任者 試験・登録・講習 | 日本貸金業協会
http://www.j-fsa.or.jp/chief/

貸金業務取扱主任者のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。