資格の取り方 » 国家資格 » IT(パソコン) » ネットワークスペシャリスト試験(NW)

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

インターネットが発達した現代、ネットワーク技術は私たちの生活を支える基盤技術となっています。一方でネットワークの大容量化や高速化も進んでおり、外部からの脅威も増しています。今後も快適かつ安全にネットワークを使うため、高度なネットワーク技術を持つ専門家が求められています。ネットワークスペシャリスト試験は、ネットワークの専門家としての能力をはかる試験です。ネットワークの技術やさまざまなサービスに精通し、ネットワークの設計から構築、運用を適切に行うことが求められます。

資格詳細
インターネットが発達した現代、ネットワーク技術は私たちの生活を支える基盤技術となっています。一方でネットワークの大容量化や高速化も進んでおり、外部からの脅威も増しています。今後も快適かつ安全にネットワークを使うため、高度なネットワーク技術を持つ専門家が求められています。ネットワークスペシャリスト試験は、ネットワークの専門家としての能力をはかる試験です。ネットワークの技術やさまざまなサービスに精通し、ネットワークの設計から構築、運用を適切に行うことが求められます。

活躍場所
この資格を持っている人が活躍できる場所の一つに、通信系企業があげられます。通信の品質はそのまま業績に直結するため、高い技術を持ったエンジニアは歓迎されます。また、データセンターやSI企業も活躍できる場所の一つです。現代ではクラウドサービスの利用が進んでいることにより、ネットワークの重要性はますます増加していることがその理由です。さらに、企業内のシステム管理者としても活躍できます。複数の事業所を抱える企業では、ネットワークの性能が仕事の能率を左右するといっても過言ではありません。ネットワーク管理者として、またトラブル対応ができる人として活躍することができます。

収入と将来性
ネットワークスペシャリストの収入は、担当業務によってさまざまです。その中でも設計やコンサル業務を任される場合は、ITエンジニアの平均より高い収入が期待できます。また将来はネットワークの高速化とクラウドサービスの進展により、データを社外のデータセンターに置く機会も増えてくることでしょう。もちろん、インターネット活用の深度化も進み、扱うデータの大容量化も進みます。このため、インターネットを業務に支障なく、かつ快適に使うためにはネットワークエンジニアの役割がますます重要です。将来のニーズは高いといえます。

向いている人
ネットワークを運用する際は、専門用語がたくさん使用されます。わからない言葉があれば自らすすんで学ぶ姿勢が必須です。また運用管理業務ではシフト制となりますから、体力のある人、自ら健康管理ができる人が向いています。これに加えて、高い給与を目指す場合はネットワーク設計やコンサル業務を担える実力が必要です。そのため、提案能力や折衝能力がある人も向いています。

取得方法
ネットワークスペシャリスト試験の勉強には、各出版社から受験対策本が、また通信教育会社から通信講座が出ています。試験の形式に慣れるため、教材を用いて勉強することも良い方法です。これに加え、実際にネットワーク機器を使って設定を変えてみたり、マニュアルを読み込むことも必要です。ネットワーク用語を座学だけで学ぶことは大変ですが、実機を使って操作することによって理解が深まることも多いものです。また、普段からネットワーク技術に関する情報に注目し、わからない言葉があったら調べて自分のものにすることも大切です。加えてネットワーク技術はセキュリティとも深い関係がありますから、セキュリティ分野に関心を持ち、知識を得ることも必要です。



ネットワークスペシャリスト試験(NW)資格の難易度偏差値

偏差値67
難関
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ネットワークスペシャリスト試験 合格
所轄・主催:
経済産業省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2021年資格日程

願書受付
2019年7月11日~2019年8月8日
試験日
2019年10月20日
合格発表
2019年12月20日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

ネットワークスペシャリスト試験(NW)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
国家資格 専門的資格(優) 特になし 横綱クラス 独学 講習 通学

ネットワークスペシャリスト試験(NW)試験概要

受験資格 不問
試験内容
試験時間

午前I:50分/午前II:40分
午後I:90分/午後II:120分

出題形式

午前I:四肢択一式/午前II:四肢択一式
午後I:記述式/午後II:記述式

出題範囲
(午前)
テクノロジ系:コンピュータシステム・技術要素・開発技術

出題範囲
(午後)
ネットワークシステムの企画・要件定義・開発に関すること
ネットワークシステムの運用・保守に関すること
ネットワーク技術・関連法規・標準に関すること
ネットワークサービス活用に関すること
ネットワーク・アプリケーション技術に関すること
合格率 14.4%
願書受付期間 7~8月
試験日程 10月
受験地 全国主要都市
受験料 5700円
合格発表日 12月
受験申込・問合せ 情報処理技術者試験センター
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート センターオフィス15階
TEL 03-5978-7600 FAX 03-5978-7610
受付時間: 9:30~18:20 土・日・祝日は休業
ホームページ IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験
http://www.jitec.ipa.go.jp/

ネットワークスペシャリスト試験(NW)のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。