DELF DALF

フランス国民教育省認定の資格試験であるDELFとDALFは、世界およそ160カ国でおこなわれているフランス語検定です。DALF C1の合格者は、フランス国内の大学入学に必要なフランス語能力評価試験を免除されるなどの特典があたえられます。

資格詳細
DELF DALF(デルフ・ダルフ)は、フランス教育省が認定する唯一のフランス語能力を評価する資格試験です。母国語がフランス語ではない人のための試験であり、世界160か国で実施されています。DELFはA1・ A2・ B1・ B2とレベル順に分かれており、さらに上級レベルのDALFは、C1・C2に分かれています。これらのヨーロッパ言語共通参照枠が定めた6つのレベルに応じて、自分のフランス語力を証明でき、DALF(C1・C2)に合格すると、フランスの大学入学時に必要な語学試験が免除されるという特典もあります。フランス語を学習している人たちには、DELF DALFに合格することで留学やフランス系企業への就職が有利になるため、資格を取得することが大きなモチベーションとなっています。また、日本の仏語検定は国内でのみ有効ですが、DELF・DALFは国際的に有効な試験ですので、フランス社会で外国人が働く場合や、高等教育機関への入学時にフランス語の力を判断する基準になっています。フランスの大学や大学院へ留学する際の入学基準は、一般的に、学部留学の場合はDELF B2以上、大学院留学の場合はDALF C1以上です。受験資格に制限はなく、フランス語の能力を試したい方ならどなたでもチャレンジできますが、フランス国籍の方は受験制限がありますので受験資格を確認しておきましょう。

活躍場所
フランス系企業やフランス語の通訳などでの活躍が期待されます。ただし、近年ビジネスの場では英語が普及しているため、需要があまり高くないかもしれません。

収入と将来性
収入については職種により異なりますので、一概に言えませんが、フランス系企業の総務や秘書の求人情報を見ると、日本の一般的な収入よりやや高い程度です。DELF DALFは世界各国で同じ試験が実施されている信頼度が高い試験ですので、フランス語学習者にとって、今後も大きな目標となるでしょう。

向いている人
DELF DALFは、フランスの大学や大学院への留学を考えている人、フランス語が必要な外資系企業で活躍したい人におすすめの資格です。特にフランスの大学への留学を予定している人には必須の資格です。

取得方法
DELF・DALFの資格取得を目指している人の多くは、DELFのB2レベルの合格を目標としている傾向があります。B2レベルは、フランスのほとんどの大学や大学院に入学できるレベルだけあり、準備にもかなり時間を費やすことが必要でしょう。B2は仏語検定の準1級と同等レベルといわれています。DELF・DALFの試験内容の特徴は、構成が論理的になっていることです。そのため、合格対策としては最初に戦略を立てることが良いでしょう。たとえば、読解と作文が得意な方であれば、「読む」パートで20点、「書く」パートで20点、残りの2項目のパートで10点ずつというように配分して考えます。つまり、パートで構成されているので、どのパートで点数を取るかを決めて学習すると効果的です。また、フランス語に限りませんが、語学の学習では毎日聞く習慣をつけ、言語に日常的に触れることが合格への近道になります。単語検索ができる辞書アプリは有用ですので活用するとよいでしょう。過去の問題集や参考書はネットで購入できます。また、通信・オンライン講座、通学講座も利用できますので、自分に合った方法で学習しましょう。



DELF DALF資格の難易度偏差値

DALF C2 DALF C1 DELF B2 DELF B1 DELF A2 DELF A1
偏差値69 偏差値64 偏差値62 偏差値58 偏差値52 偏差値50
難関
難関
難関
普通
普通
簡単
※資格難易度の偏差値は当サイトの独自のものです。毎年微調整していますので難易度が変わる場合がありますのでご注意ください。
※資格の偏差値(難易度)は人によって感じ方が異なります。より正確に知りたい場合は「偏差値より難易度(難関、普通など)」を参考になさってください。

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 フランス語資格試験○ 合格
所轄・主催:
フランス文部省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2022年資格日程

記載内容はDELF A1の情報
願書受付
2020年8月21日~2020年9月25日
試験日
2020年11月7日
合格発表
級や部門によって合格発表の日等が異なります。
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

DELF DALF資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ おすすめ度 取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 おすすめ度の画像 取得方法の画像
公的資格 キャリアアップ(良) 特になし 横綱クラス 独学 通学 公式テキスト

DELF DALF試験概要

受験資格 不問
試験内容
DELF A1:
聴解(約20分)読解(30分)文書作成(30分)口頭表現(5~7分)
入門の学習事項を評価。言語使用のいわゆる「発見の」段階にある初歩のレベルにあたる。簡単なやりとりが可能で、自分や、身近な物事について話すことができる。

DELF A2:
聴解(約25分)読解(30分)文書作成(45分)口頭表現(6~8分)
A1レベルと同様の射程に立ちながら、社会における行為者とみなされる初歩の使用者の言語能力を評価。日常生活に関わる簡単な課題を実行できる。丁寧表現を用いたり、もっとも日常的なやり取りを交わすことができる。

DELF B1:
聴解(約25分)読解(35分)文書作成(45分)口頭表現(15分)
B1レベルでは、使用者は自立可能になる。やりとりを維持すること、議論を理解、継続し、自分の見解や意見を述べることができる。日常生活の予期せぬ状況にも対処できる。

DELF B2:
聴解(約30分)読解(60分)文書作成(60分)口頭表現(20分)
使用者はさらに自立の度合いを増し、自分の意見を主張するために筋道の通った議論の流れを作ることができ、自分の見解を展開し、交渉することができる。社交的な談話の中で流暢に会話を交わし、自分の間違いを自分で修正することができる。

DALF C1:
聴解(約40分)読解(50分)文書作成(150分)口頭表現(30分)
使用者は自主的に言語を運用できる。流暢で自然なコミュニケーションを成立させることが可能。豊富な語彙があり、自分の意見を伝える際に適切な表現を選択できる。明瞭で構成の整った話を滑らかに発し、様々な構文に習熟している。

DALF C2:
聴解と口頭表現(準備60分・試験30分)読解と文書作成(210分)
言語への熟練が、表現の正確さや適切さ、流暢さに現われる。受験者は学術的な、あるいは高度な課題を実現することができる。

DALF C1またはC2を取得すると、フランスの大学に入学するための語学試験を免除される。
合格率 72%(全体平均)
願書受付期間
春季:
3~4月ごろ
秋季:
6~8月ごろ
試験日程 春季(5月~6月)と秋季(10~11月)の年2回
受験地 全国8会場
(札幌・仙台・新宿・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡)
受験料
DELF A1
:9900円
DELF A2
:11000円
DELF B1
:13000円
DELF B2
:15000円
DALF C1
:20000円
DALF C2
:22000円
合格発表日 試験終了から約2カ月後に送付
その約2カ月後にはディプロム(証書)を発行
受験申込・問合せ アンスティチュ・フランセ関西―大阪
DELF・DALF試験管理センター
〒530-0041 大阪市北区天神橋2-2-11
阪急産業南森町ビル9階
TEL: 06-6358-7391
FAX: 06-6358-7393
ホームページ DELFDALF.JP
http://www.delfdalf.jp/

DELF DALFのレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。