資格の取り方 » 国家資格 » 工業 » 酸素欠乏・硫化水素 危険作業主任者

酸素欠乏・硫化水素 危険作業主任者

酸素欠乏におちいる恐れがある工事現場などで、作業員の安全を見守るのが酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者。トンネル工事や下水道の敷設工事の現場には必置の資格となっており、安全を確保できる作業方法の決定や換気装置の点検などをおこないます。資格は講習を受講してのち、学科および実技の修了試験に合格することで取得できます。現場では講習修了者のなかから作業責任者が選任されます。


酸素欠乏・硫化水素 危険作業主任者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 酸素欠乏危険作業主任者技能講習修了証 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書受付
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
試験日
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
合格発表
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

酸素欠乏・硫化水素 危険作業主任者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(可) 必置資格 ★★★★★ 講習

酸素欠乏・硫化水素 危険作業主任者試験概要

受験資格 18歳以上
試験内容 全国各地の登録教習機関にて講習(学科・実技)を受け、修了試験に合格することで取得できる。

学科

・酸素欠乏症、硫化水素中毒及び救急蘇生法に関する知識
・酸素欠乏、硫化水素の発生原因及び防止措置に関する知識
・保護具に関する知識
・関係法令

実技

・救急蘇生の方法
・酸素濃度及び硫化水素濃度の測定方法
合格率 ほぼ100%
願書受付期間 教習機関により異なる
試験日程 教習機関により異なる
受験地 全国各地
受験料 教習機関により異なる
※受講料のほか教材費がかかる
合格発表日 教習機関により異なる
受験申込・問合せ 一般財団法人 日本産業技能教習協会 神田本部
〒101-0038 東京都千代田区神田美倉町10 共同ビル3F34号室
TEL:03-3254-8404 FAX:03-3254-8405
ホームページ 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習
http://www.kyousyu.org/kousyu/san/index.htm

酸素欠乏・硫化水素 危険作業主任者のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。