看護師

医師の右腕として医療の現場で大活躍する看護師。医療機関にて患者のケアや診療のサポートをおこなうスタイルが代表的ですが、社会福祉施設や訪問看護ステーションなど、スキルを発揮する場はほかにも多くあります。看護師の免許は、厚生労働大臣が実施する国家試験に合格することで取得できますが、准看護師免許の試験は、都道府県知事がおこなっています。

資格詳細
医療の現場で医師の力強い助手となり、患者さんの身の回りのお世話に献身する看護師は、「白衣の天使」の異名のとおり、医師や患者にとっては頼もしい味方です。その一方で夜勤や三交代制などがあるハードワークとしても知られ、理想と現実のギャップに悩まされやすい職場でもありますが、それだけに非常にやりがいのあるお仕事であり、特に女性にとっては、あこがれの職業であり続けています。「ナースバンク」などの就業支援が充実しているので、結婚や育児などでいったん退職したあとでも再就職がしやすいという、女性にとって大きなメリットもあります。

活躍場所
看護師の活躍場所は、もちろん病院や診療所などの医療機関が主です。その他、老人福祉施設や訪問看護などでも看護師は欠かせません。日本中あらゆる場所に働ける職場があり、人によっては発展途上国などの海外で看護の技術を役立てているケースもあります。また、看護師免許を取得したあとで、助産師や保健師といった他の国家資格に挑戦する人も少なくありません。

収入と将来性
医療現場の人手不足、特に看護師不足が長らく社会問題となった結果、看護師の重要性が見直され、勤務条件の厳しさは徐々に改善されつつあります。特に今後は、高齢化社会かつ福祉社会が進展するため、看護師の価値と職場の選択肢はより増してゆくでしょう。また、どの現場においても優秀な看護師は重宝されるので、キャリア次第で順調な昇給や昇格も見込めます。

向いている人
看護師という職業は、人の生命に関わるお仕事です。重大な責任がともなうので、的確な判断力や正確な技術、そして人間的な誠実さは欠くことのできない要素です。病気や怪我によって気持ちが落ち込んでいる患者さんを励ましたり、明るく対応して元気づけることも看護師の大切なスキルですので、面倒見のよい人や思いやりのある人に向いていると言えるでしょう。基本的にハードワークであり、体力のいる仕事ですので、健康に自信がある人にも向いています。

取得方法
看護師の国家試験を受けるには、高校卒業後、3年以上、文部科学大臣が指定する学校もしくは厚生労働大臣が指定する看護師養成所に通学する必要があります。准看護師の場合も、看護師養成所で勉強し直す必要があります。看護師試験の合格率は9割ほどと、かなり高くなっており、学校や養成所でしっかり勉強していれば、さほど難しくはありません。試験は2月下旬ごろ、北海道、青森、宮城、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡、沖縄で実施されます。



看護師資格の難易度偏差値

偏差値41
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 看護師免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2019年資格日程

願書受付
2018年11月16日~2018年12月7日
試験日
2019年2月17日
合格発表
2019年3月22日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

看護師資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にかなり有利 業務独占資格 ★★★★★ 通学

看護師試験概要

受験資格 ・文部科学大臣の指定した大学(短期大学を除く)において看護師になるのに必要な学科を修めて卒業した者その他3年以上当該学科を修めた者(3月までに修業する見込みの者を含む)
・文部科学大臣の指定した学校において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者(3月までに修業する見込みの者を含む)
・厚生労働大臣の指定した看護師養成所を卒業した者(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・免許を得た後3年以上業務に従事している准看護師または高等学校もしくは中等教育学校を卒業している准看護師であって、指定大学、指定学校または指定養成所において2年以上修業したもの(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・外国の保健師助産師看護師法第5条に規定する業務に関する学校もしくは養成所を卒業、または外国において看護師免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めたもの
ほか
※受験資格は多岐に渡るので事前に要確認
試験内容 ・人体の構造と機能
・疾病の成り立ちと回復の促進
・健康支援と社会保障制度
・基礎看護学
・成人看護学
・老年看護学
・小児看護学
・母性看護学
・精神看護学
・在宅看護論
・看護の統合と実践
合格率 88.50%
願書受付期間 11月下旬~12月中旬
試験日程 2月中旬
受験地 北海道・青森・宮城・東京・愛知・石川・大阪・広島・香川・福岡・沖縄
受験料 5400円
合格発表日 3月下旬
受験申込・問合せ 受験地ごとの厚生局および厚労省医政局医事課試験免許室

厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
TEL 03(5253)1111 FAX 03(3591)9073
ホームページ 看護師国家試験の施行|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/kangoshi/

看護師のレビュー

(4件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

倉知 由美子
永久ライセンス

2019年05月27日
 高校生の頃から母親に「これからの時代は女性も資格を持って働いたほうが良い」と言われました。
私の母は資格を持っていませんでした。母の勧めで看護師を目指し、看護学校に入学しました。看護学校は
人体の解剖生理に始まり、慣れない用語やカタカナが多く、勉強はとても大変でした。学校は3年間で、2年
生の1月から3年生の11月までの約1年間はほとんど実習です。その後、12月から本格的に資格のための勉強
をし、2月の末に試験があります。医療的なことから福祉、法律など試験範囲は広いですが、看護師は常に人
手不足なので、決して落とすための試験ではありません。合格率も毎年、90%超えています。この資格の良い
ところは、国家資格で、一度取得すると永久に持っていられるところです。定期的に更新をすることはありま
せん。病院など働く場所が多く、結婚や出産、介護などで離職しても再就職しやすいです。女性の多い職場な
ので、育児や介護などに理解のある職場が多いです。この資格の悪いところは、私は感じたことがありません。
こんな資格ですが、特に女性の方にお勧めします。
このレビューを2人中1人が評価しています


小城
病院で働きながら半日学校に通い取得

2019年04月15日
勤めている病院で隣の市の准看護学校に働きながら通う制度があるから行ってみるかと声
をかけて頂きました。午前中仕事をしてから午後学校に月曜から金曜まで通い、土曜は夜
勤をするというスタイルでした。実習中は休みをいただき、給料は二年間の学生の間は時
給扱いでした。月々病院から17000円の補助がでて学費にあてていました。授業は一日3時
間ですが毎日バラエティにとんでいました。コツコツやらないと日々の疲労で定期テスト
に間に合わないので休む暇もなく大変でした。取得後は給料が介護福祉士をしていた時よ
り格段にアップ。まだ何もできない4月から准看護師の金額で5万は違います。仕事中も正
看護師となんら変わらない仕事内容で、介護福祉士の時は高齢者が転んでかけつけてもあ
なたじゃ話にならない扱いでしたが、看護師さんよんできてと引っ張りだこ。もちろん責
任もありますが発言一つにしても医師からの信頼も厚い。患者様からの信頼も厚く近所の
人や社会的にも何をするにも「この人は看護師さんだから」と尊敬されたり信用が違いま
す。OLさんより給料はいいし、産休・育休がしっかりあります。人手不足なのでいつでも
有り難がられます。家族などもちょっとした病気やけがに対応できるし他の病院の情報が
入るから助かっています。
このレビューを1人中1人が評価しています


しーちゃん
持っていて絶対に損はない、手に職という資格

2019年02月04日
4年生国立大学の看護学科を卒業し、看護師資格を取得しました。
現在10年目になり、新卒からずっと看護師を続けています。
看護師は国家資格であり、やはり資格の力は強いな、と感じます。
まず、就職について困ることはほとんどありません。
どこも人が足りないので、選ばなければどこでも働けます。
ある程度条件をしぼったり、休日日数や残業の少なさ、収入面などをこだわったとしてもいくつも選択肢があります。
収入も他の職業よりは平均的に高いですし、看護師のパート勤務の自給も高いほうだと思います。
資格の取りやすさで言うと、看護専門学校3年間、もしくは看護学科の大学を4年間就学が必要であり、規定の単位が取れないと看護師の国家試験の受験資格が得られません。
学生時代の勉強や実習はラクなものではなく、苦い思い出やつらかったこともたくさんあります。国家試験の勉強も、直前の2カ月程度で叩き込みではありましたが、今までで一番つらく、ハードな受験勉強でした。
それでも、頑張って取った甲斐がある資格だなと感じています。
このレビューを4人中4人が評価しています