資格の取り方 » 国家資格 » 航空・船舶 » 海上保安学校学生/海上保安大学校学生

海上保安学校学生/海上保安大学校学生

海の治安を守る海上保安庁。その一般職員を養成するために、海上保安学校があります。教育期間は1~2年で、さまざまな分野の専門家を育成しています。一方、海上保安庁の幹部を育てるのが、海上保安大学校です。こちらは4年間の教育・訓練期間を経て、12カ月の専門教育をほどこし、陸海両部門における未来の幹部を輩出しています。

資格詳細
日本は四方を海で囲まれており、諸外国の不法漁船侵入などの可能性を考えなければならず、海の治安を守る海上保安庁は欠かせない存在です。海上保安学校は、一般職員を養成するための教育機関であり、船舶運航システム課程、航空課程、情報システム課程、海洋科学課程の4課程が設けられています。選択した課程で1年または2年の教育期間で各分野のエキスパートを目指します。海上保安大学校は、幹部に必要な知識と技能を学ぶ機関であり、本科4年、専攻科6ヶ月、国際業務課程3ヶ月の教育期間を経て、卒業後は巡視船での勤務に就いた後、陸上・海上勤務をそれぞれ経験しながら幹部への道を歩んでいきます。保安学校も保安大学校も在学中は学生ですが、国家公務員となるため、入学金や授業料は無料、全寮制で月給と賞与も支給されます。それぞれ受験資格があるので、海上保安庁のホームページで早い段階で確認しておきましょう。両方を併願することもできます。

活躍場所
海上保安官として、海上勤務だけでなく、陸や空でも業務があるので活躍できるフィールドは幅広いです。海上では巡視船艇での勤務が中心です。陸上勤務では海上保安庁や全国の管区本部で海上保安行政の企画や立案などの様々な仕事があります。海難救助や犯罪取り締まりのため、航空基地でパイロットとして飛行機やヘリコプターに乗ることもあります。

収入と将来性
海上保安学校学生・海上保安大学校学生は学生であると同時に国家公務員であるため、毎月給与が支給されます。月収は決して高くはありませんが、各種手当やボーナスも支給され、さらに授業料が無料であるほか、寮費や食費などが安いので、生活には困りません。教育課程修了後、晴れて海上保安官になると、平均年収は高めで安定します。日本は常に日本海沿岸で近隣諸国との緊張が高まっているため、海上保安官の役割は重要です。今後も国際化が進むとともに、海上保安庁、そして海上保安官に求められる役割や期待がさらに高まるでしょう。

向いている人
海上保安学校や海上保安大学校の寮生活では、規則正しい生活態度が求められ、時に先輩から怒られるなど辛い思いをすることもあるでしょう。海上保安官で学生時代の辛さを語る人が多いようですが、長い教育期間は下積み時代であり、ここでの経験を通して一人前になっていきます。そのため、意志の強さと忍耐力、寮生活で仲間とうまくやっていくためのコミュニケーション力が求められるでしょう。卒業後は、海上での勤務が中心となるため、海が好きであることが大前提です。また海上の仕事は心身ともにハードなため、体力的にも精神的にもタフな人に向いています。不審船を確保したり、海難救助をしたりなど、危険な場面に直面することもあるので、正義感が強い人にも向いているでしょう。

取得方法
海上保安官になるためには、まず海上保安学校採用試験を受験し、採用されることが必要です。各課程により試験科目が異なりますが、第一次試験が共通で基礎能力試験になります。これは、公務員として必要な基礎的な知識についての筆記試験です。基本的に警察官や市役所職員の試験と同じような問題ですが、海上保安庁なので自然科学や職務に必要な分野も出題されます。そのため、公務員3種の過去問の他、海上保安庁が出している過去問を繰り返し解いて覚えていく方法が効率的です。全国からかなりの人が受験しますので、しっかりと勉強して臨む必要があります。また、採用試験関係については、海上保安学校のホームページに掲載されている「よくある質問-2. 採用試験関係」に目を通しておくと参考になるでしょう。



海上保安学校学生/海上保安大学校学生資格の難易度偏差値

大学校 学校:船舶運航システム 学校:航空 学校:情報システム 学校:海洋科学
偏差値59 偏差値59 偏差値59 偏差値59 偏差値59
普通
普通
普通
普通
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 海上保安学校 合格
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2019年資格日程

記載内容は海上保安学校の情報。
願書受付
2019年7月16日~2019年7月25日
試験日
2019年9月22日
合格発表
2019年10月9日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

海上保安学校学生/海上保安大学校学生資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 特になし ★★★★★ 独学

海上保安学校学生/海上保安大学校学生試験概要

受験資格
大学校

(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して2年を経過していない者及び翌年3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
(2)高等専門学校の第3学年の課程を修了した者であって、当該課程を修了した日の翌日から起算して2年を経過していない者等人事院が(1)に掲げる者と同等の資格があると認める者

学校

(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して5年を経過していない者及び翌年3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
(2)高等専門学校の第3学年の課程を修了した者であって、当該課程を修了した日の翌日から起算して5年を経過していない者等人事院が(1)に掲げる者と同等の資格があると認める者
試験内容 大学校
一次試験

基礎能力試験:
(多肢選択式)公務員に必要な基礎的な能力(知能および知識)についての筆記試験
学科試験:
(多肢選択式・記述式)数学・英語・物理または化学
作文試験:
文章による表現力、課題に対する理解力など
二次試験

人物試験:
個別面接(性格検査)
身体検査:
主に胸部疾患、血圧、尿など一般内科系検査
身体測定:
身長・体重・視力・色覚・聴力の測定
体力検査:
上体起こし・反復横跳び・鉄棒両手ぶら下がり


学校:船舶運航システム課程
一次試験

基礎能力試験:
(多肢選択式)公務員に必要な基礎的な能力(知能および知識)についての筆記試験
作文試験:
文章による表現力、課題に対する理解力など
二次試験

人物試験:
個別面接(性格検査)
身体検査:
主に胸部疾患、血圧、尿など一般内科系検査
身体測定:
身長・体重・視力・色覚・聴力の測定
体力検査:
上体起こし・反復横跳び・鉄棒両手ぶら下がり

学校:航空課程
一次試験

基礎能力試験:
(多肢選択式)公務員に必要な基礎的な能力(知能および知識)についての筆記試験
学科試験:
(多肢選択式・記述式)数学・英語
二次試験

人物試験:
個別面接(性格検査)
身体検査:
一般、呼吸器系、循環器系、消化器系、血液などの検査
身体測定:
身長・体重・視力・色覚・聴力の測定
体力検査:
上体起こし・反復横跳び・鉄棒両手ぶら下がり
三次試験

人物試験:
個別面接(性格検査)
適性検査:
模擬飛行装置による操縦検査
身体検査:
精神および神経系の検査

学校:情報システム課程
一次試験

基礎能力試験:
(多肢選択式)公務員に必要な基礎的な能力(知能および知識)についての筆記試験
学科試験:
(多肢選択式・記述式)数学・英語
二次試験

人物試験:
個別面接(性格検査)
身体検査:
主に胸部疾患、血圧、尿など一般内科系検査
身体測定:
身長・体重・視力・色覚・聴力の測定
体力検査:
上体起こし・反復横跳び・鉄棒両手ぶら下がり

学校:海洋科学課程
一次試験

基礎能力試験:
(多肢選択式)公務員に必要な基礎的な能力(知能および知識)についての筆記試験
学科試験:
(多肢選択式・記述式)数学・英語・物理
二次試験

人物試験:
個別面接(性格検査)
身体検査:
主に胸部疾患、血圧、尿など一般内科系検査
身体測定:
視力・色覚・聴力の測定
体力検査:
鉄棒両手ぶら下がり

身体検査や身体測定(身長や体重など)で規定値に達していないと不合格になる
合格率 14.7%(大学校)
願書受付期間
大学校:
8月下旬(約1週間)
学校:
7月下旬(約1週間)
試験日程 一次試験
大学校:
10月下旬
学校:
9月下旬

二次試験
大学校:
12月中旬
学校:
10月下旬

三次試験
学校(航空課程):
12月
受験地 全国主要都市
受験料 なし
合格発表日
大学校:
1月下旬
学校:
11月下旬
学校(航空課程):
1月下旬
受験申込・問合せ 全国の海上保安官署・人事院各地方事務所

資料請求

海上保安庁総務部教育訓練管理官付学校教育係
〒100-8976 東京都千代田区霞が関 2-1-3
TEL 03-3580-0936
ホームページ 海上保安大学校・海上保安学校 学生採用試験|海上保安庁
http://www.kaiho.mlit.go.jp/ope/saiyou/bosyu.html

海上保安学校学生/海上保安大学校学生のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。