資格の取り方 » 国家資格 » 技能士 » 工業包装技能士

工業包装技能士

工業包装とは、工場から出荷された製品が無事に店頭にならぶまでのあいだ、商品を保護する目的でほどこされる包装のことです。段ボールや発泡スチロールなどの梱包材および緩衝材をもちい、内部への衝撃をふせぎます。工業包装技能士は、この包装の技能を認定する国家資格。試験は学科試験と実技試験で構成されています。

資格詳細
工業製品の輸送用の包装を工業包装といいます。工場で生産された製品を無事に届けるために、工業製品の運びやすさ、積みやすさなどの作業性や、安定感、衝撃に対する強さを考慮した梱包が求められる、製品を保護するための大切な包装技術です。工業包装技能士は、これらの技術を有していることを認定する資格です。製品の梱包状態はその製品のメーカーの信頼に関わるため、工業包装は物流においては大切な役割を持つ仕事となります。基本的に単調な作業の繰り返しですが、場合により検品や仕分けの作業が含まれこともあるため、柔軟な対応が必要です。また、製品の梱包が破損していた場合に、原因調査を行うことも工業包装技能士の仕事に含まれます。工業包装技能士の資格は1級と2級があり、受験資格として、2級は2年以上、1級は7年以上の実務経験が必要ですが、各学校の卒業資格の有無などにより必要な実務経験年数が異なるため、受験前に受験資格についてきちんと調べておくことが大切です。

活躍場所
主に梱包会社や運送会社などの物流業界や生産用機器製造業界に就職し、工場や倉庫で工業包装の仕事に従事します。また、デパートやスーパーなど小売業界の専用物流センターなどでも活躍が期待されるでしょう。

収入と将来性
工業包装技能士として給与をもらうのではないため、一概にはいえません。物流関係の企業に就職して、梱包・包装の仕事に就くことになるため、年収はその企業の規定により決まります。ただし、資格手当がある企業の場合は年収がアップする可能性があります。また、梱包・包装関係の仕事は、正社員のほかに、派遣、アルバイトやパートといった複数の雇用形態があり、給与形態もさまざまです。工業包装の仕事は輸送の安全を確保するための大切な包装技術を要するため、物流業界では不可欠であり、多くの企業で必要とされますので、今後も高い需要が続くと考えられます。また、モノ作りのグローバル化により、多国間で原材料や製品を安全に経済的に運ぶことが国際物流の大切な課題であり、梱包素材や方法については、今後もまだ発展することが期待されている分野といえるでしょう。

向いている人
梱包・包装の仕事は、複雑な作業ではないので、一度手順を覚えると、コツコツと仕事をこなせます。ただし、単調作業のため、飽きっぽい人には向きません。単純作業が苦にならず、淡々と作業することが好きな人に向いています。また、力仕事は少ないですが、立ち作業が多いため、ある程度体力に自信がある人におすすめです。なお、ノルマをクリアするために素早く、正確に作業する効率が求められるでしょう。現在、工場内で検品やピッキングなどの仕事をしている方は、製品の梱包・包装の技能についても学んでおくとプラスになるのではないでしょうか。

取得方法
1級、2級共に学科試験と実技試験があります。受験資格として、実務経験が必要なため、日々の業務知識をしっかりと習得し技術を身に付けていくことが必要です。学科試験は包装に関する全般的な内容ですが、包装の材料、製品に負荷がかかった際に生じる変形と包装の関係を学ぶ材料力学、製函・梱包作業の方法、輸出業務に必要な書類知識など、幅広い知識が問われます。実技試験では、実際に梱包作業を行いますが、決められた作業スペース、材料、道具を使用し、品質、後片付けまで全ての過程をクリアしなければ合格できないようです。作業方法など具体的な内容については、あらかじめ各都道府県の職業能力開発協会のホームページで確認しておきましょう。



工業包装技能士資格の難易度偏差値

1級 2級
偏差値52 偏差値44
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○級工業包装技能検定試験 合格
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

工業包装技能士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 名称独占資格 ★★★★★ 独学 講習

工業包装技能士試験概要

受験資格
1級

・7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上の実務経験
※学歴により必要な実務経験年数が異なる

2級

・実務経験2年以上
※学歴により実務経験が不要になる
試験内容
1級・2級

学科試験

・包装一般
・包装の材料および容器
・材料力学
・製函、梱包作業法
・パッキングリストおよび輸出業務
・試験法
・製図
・安全衛生
実技試験

・工業包装作業
合格率
願書受付期間 4月上旬~中旬・10月上旬~中旬
試験日程
実技試験:
6月上旬~9月上旬・12月上旬~2月中旬
学科試験:
7月中旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬
受験地 指定の試験場
受験料
学科試験:
3100円
実技試験:
16500円
※都道府県によって異なる場合がある
合格発表日 10月上旬・3月中旬
受験申込・問合せ 中央職業能力開発協会
TEL 03-6758-2855
ホームページ 技能検定のご案内 : 中央職業能力開発協会(JAVADA)
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html

工業包装技能士のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。