資格の取り方 » 国家資格 » 不動産 » 宅建士(宅地建物取引士)

宅建士(宅地建物取引士)

あまたの国家資格のなかで抜きん出て人気の宅地建物取引主任者、通称「宅建」は、不動産取引に不可欠な資格です。毎年およそ20万人の受験者が殺到するほどの人気ぶりで、受験者の顔ぶれも学生からサラリーマン、OL、主婦に至るまで多種多様。これは学歴や実務経験といった制約がないためで、たしかに挑戦しやすい国家資格と言えるでしょう。

資格詳細
不動産として売買される「土地」は、どこのだれの土地であっても日本国の国土の一部であるため、その取引の責任者は国から認められた人物でなければなりません。そして国に認定された責任者にあたえられる国家資格が、宅地建物取引主任者、略して「宅建」です。不動産業界で活動している人すべてが宅建を所持しているわけではありませんが、契約締結の前に重要事項の説明をする業務、契約締結のあとに相手方に交付する書面に記名・押印する業務は、宅建のみに許された仕事ですので、不動産取引は宅建なくして完結できないようになっています。

活躍場所
宅建の主な活躍場所は、不動産業界や土地への投資をおこなう金融業界です。不動産業界には、街角で細々と数名規模で経営される小さな不動産屋から、数百名規模の大きな不動産会社まで、さまざまなスケールの会社が存在していますが、規模の大小に関わらず、宅建の有資格者がいないことには業務ができないため、不動産業界への就職および転職において、宅建ほど重要な資格はないでしょう。また、不動産以外の一般企業でも、資格手当の対象になっている場合があります。

収入と将来性
不動産業界は景気の動向に左右されやすい面がありますが、相場がどう変動しようとも、土地の取引そのものが停滞することはありません。宅建は手堅い資格であり、今後もその需要がおとろえることはないでしょう。法律上、宅地建物取引業をいとなむには従業員5名につき1名の宅建有資格者が義務づけられているという仕組みからも、宅建は求職に有利な国家資格と言えます。独立開業も可能で、みずからの営業努力次第で高収入が見込めます。

向いている人
宅建の取得には、土地の形質や建物の構造などといった、いわば商品知識も求められますが、不動産関連の法律知識がメインです。そのため、難解な法令文書を読んで理解できる能力が基本となります。その読解力に加え、地学や建築学に関心のある人であれば、なお宅建に向いていると言えるでしょう。また、不動産屋の店頭でお客さんと接することを想定すれば、相手の望みをよく聞いて適切に応じることができるコミュニケーション能力も必須となります。

取得方法
宅建の国家試験は例年10月に実施され、受験資格は不問となっています。合格率は16%程度と高くはありませんが、独学で取得できるレベルの国家資格です。手堅い資格であることから非常に受験者が多く、参考書などの受験資料も充実しています。それらのテキストを使って効率的に学習を進めましょう。独学に不安があるようなら、通信講座などを利用するのもおすすめです。



宅建士(宅地建物取引士)資格の難易度偏差値

偏差値57
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 宅地建物取引士資格試験 合格
平成○年○月○日 宅地建物取引士 登録
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2019年資格日程

願書受付
2019年7月1日~2019年7月31日
試験日
2019年10月20日
合格発表
2019年12月4日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

宅建士(宅地建物取引士)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(優) 業務独占・必置資格 ★★★★★ 独学 講習 通学 通信

宅建士(宅地建物取引士)試験概要

受験資格 不問
試験内容 筆記試験:(50問)四肢択一
・土地の形質、地積、地目および種別ならびに建物の形質、構造および種別
・土地および建物についての権利および権利の変動に関する法令
・土地および建物についての法令上の制限
・宅地および建物についての税に関する法令
・宅地および建物の需給に関する法令および実務
・宅地および建物の価格の評定
・宅地建物取引業法および同法の関係法令
合格率 15.40%
願書受付期間
ネット:
7月上旬~中旬
郵送:
7月
試験日程 10月下旬
受験地 47都道府県
受験料 7000円
合格発表日 12月上旬
受験申込・問合せ 一般財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-8-21 第33森ビル3階
03-3435-8181
ホームページ 一般財団法人 不動産適正取引推進機構 | 宅建試験 | 宅建試験のスケジュール
http://www.retio.or.jp/exam/

宅建士(宅地建物取引士)のレビュー

(4件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

ゆき
女性で接客が好きな方ならこの資格は、生涯使えるばず!

2019年04月23日
 学生の時に、法律を勉強しておりました。その中で、民法の初学者でも取得できる資格と学校の先生の勧めがありましたので、この資格試験を受験しました。合格率は、大体15%から17%です。すべて選択式の回答方法で、記述式はありません。民法が8割、他法が2割の内容だったと思います。


 勉強教材は、大手資格会社の出版している資格本(私は、「パーフェクト宅建」)1冊と過去問10年分です。過去問はコピーして何度も解きました。教材は、前述のものだけで十分でした。余力があれば、予想問題集も役に立つと思いますが、合格を目指すなら過去問で十分だと思います。
勉強の仕方は、とにかく民法ができないと宅建の合格はないので、民法から勉強し、とにかくインプット、アウトプットをしまくりました。もちろん、民法は内容が理解できていないと合格には辿りつけませんので、理解することは大事です。もし、法律を勉強したことがない人であれば、通信講座とか資格の学校に行くとか、不明なことが出来たときに解説してくれる人が周りにいると良いと思います。
試験は、正答率が大事なことはもちろんですが、解答へのスペードも求められます。総設問量は50問で、解答時間は2時間です。
1問、2問なら最後まですべての設問に答えた後に、戻ってじっくり検討すればいいのですが、試験中に考え込む時間はない設問量です。


 宅建士として活躍する予定は今のところありませんが、宅建の求人を見ていますと、お給料も一般事務に比べて遥かに良いです。また、不動産を扱う会社でしたら、宅建士は4人に1人置かねばならないと法定されている宅建士特有の事務でありますので、仕事に困ることもないと思われます。それから、私は女性なので女性の観点から言いますと、年齢に左右されることなく仕事に結びつく資格だと思います。不動産関係の求人を眺めていますと、「宅建士歓迎」「宅建士優遇」みたいな表記をよく目にします。
 また、最近では、不動産屋の求人募集に、不動産の契約書読み上げ業務などが出てきます。女性で接客が好きな方ならこの資格は生涯に渡って使えると思います。
このレビューを12人中4人が評価しています


まーさん
週2回の講義で2年目で合格しました。

2019年01月30日
建築系の大学を病気で中退し、建築士を諦めたのですが、将来どうしても住宅に携わる仕事がしたくて宅建受験を決めました。
体調のこともあり自分には独学は無理だと思ったので、宅建では名のある学校に週2回ほど通い、PCでの講義を受けながら勉強しました。
1年目は寝込むことも多く思ったように勉強が進まなかった結果2点足りず落ちてしまいました。
2年目は1年目の経験もあり、宅建特有の勉強方法も理解できたこともあり民法を深追いせず業法を完璧に近い状態にできたことで合格することができました。
宅建の要となる業法や法令制限は暗記することが多いので試験の1ヶ月前は時間があれば机に向かう日々でした。
机で朝方まで勉強し、そのまま机で仮眠する日も多かったです。
1週間前からはネットで無料公開してくださる先生の直前講義をずっと視聴し、その年の傾向などを参考にして追い込みをかけました。
受験勉強は辛い事が多いですが、合格した時の達成感は強くいい経験ができたと思います。
宅建の強みとしては就職活動だけでなく民法などの法律の基礎がわかるようになることです。
自分や身近な人が家や宅地を売買、貸借する場面でも素人よりは的確なアドバイスができるのは自信にも繋がります。
職場などでも宅建士手当が出る所もありますし、受験の時に出費はかさみますが取得して損のない資格だと思います。
しかし、合格した後に取引士になるには実務登録講習の受講や、県へ納める金額も数万円にはなるので合格してから仕事に繋がるまでは多少のお金と時間は必要な資格です。
このレビューを4人中3人が評価しています


あかね
就職の幅を広げるため受験しました

2018年12月17日
司法書士を勉強中に、他の資格にも挑戦してみようと思い受験しました。
司法書士は不動産の登記がメインの仕事となるので、司法書士と併せて持っていると就職の幅が広がり、また見地も広められると思ったからです。
勉強は通信教育でしました。民法は司法書士でかなり勉強していたので、その他の科目を重点的に勉強しました。宅建業法は理解する部分もありますが、暗記する部分も多く直前期にかなり詰め込みました。
結果は1回目で合格しました。
合格したあと、実際に宅地建物取引主任者として仕事をするにはは実務経験が2年かもしくは実務講習を受けなくてはならないのが少し難点ではありました。私の場合はすぐに仕事をしたいわけではなかったので実務講習はすぐには受けませんでした。
しかし、不動産取引における法律的な知識を身につけることが出来たのは、今後自分が不動産にまつわる仕事に就くときには必ず役立つだろうと思います。また、不動産とはこのような決まりの中取引されていたんだということを知ること自体がとても楽しく、勉強しているだけで社会勉強になりました。
このレビューを1人中1人が評価しています