資格の取り方 » 民間資格 » 医療事務 » 医療事務管理士

医療事務管理士

医療事務管理士は、診療や検査内容、投薬などを保険点数に換算して、診療報酬明細書を作る医療事務担当者で、事務の方面から医療の現場をささえる重要な仕事です。その資質向上を目的に診療報酬請求事務能力認定試験があり、実技試験では現場を想定した実務能力が判定されます。

資格詳細
医療事務管理士は、診療費の計算や受付など、医療の現場を事務の面からささえるスタッフの能力を認定する民間資格のひとつです。病院などの医療機関に勤務し、来院した患者さんの受付や会計、カルテの整理、診療費の計算(レセプト業務)など、事務全般を幅広く担当します。事務職でありながら、デスクワークのみならず、患者さんと顔を合わせたコミュニケーションが多いのも大きな特徴です。

活躍場所
医療事務管理士のほとんどは、病院やクリニック、診療所などの医療機関に勤務し、事務面での医療支援をおこないます。病院によっては、事務仕事を逸脱して、空調管理や清掃なども担当する場合があります。医師や看護師と異なり、かなり自由な就業形態が選べるのも医療事務のメリットで、午前中のみのパートタイムなど、勤務時間に融通がききやすいため、出産や育児を終えて再就職を目指す女性に人気があります。こうした柔軟な就業環境や看護師ほど体力を要しない業務内容から、年齢に関係なく、末永く安定した仕事にしやすい資格です。

収入と将来性
病院に勤務する医療事務管理士の年収は、300万円から400万円前後といったところが相場です。実務経験をかさねれば、昇給や好条件での転職なども期待できます。社会の高齢化が進むなかで、病院や診療所の数は増加する一方であり、それにつれて医療事務スタッフの需要も全国的に伸び続けています。将来性についても不安のないお仕事です。

向いている人
医療事務管理士は、デスクワークが本分の事務職ですが、患者さんと直接かかわる機会の多い職場でもあり、コミュニケーションのスキルやホスピタリティの心も求められるお仕事ですので、明るく人あたりのよい人に向いています。また、病院という組織において、医師や看護師とのチームワークも必要ですので、協調性は欠かすことができません。もちろん事務処理能力も大切ですので、計算やパソコンのあつかいが得意な人にも向いています。

取得方法
医療事務管理士の資格試験は、年6回(奇数月の第4土曜日)に、技能認定振興協会によって実施されます。医療系の資格ですが、受験資格は特にありません。試験は学科と実技からなり、学科では「法規」「医学一般」「保険請求事務」が出題され、実技では診療報酬明細書の作成と点検を実際におこないます。出題範囲が広そうに見えますが、テキストも充実しているため、独学での合格もさほど困難ではありません。独学に不安があるようなら、効率よく受験対策ができる通信講座を受講するのもおすすめです。



医療事務管理士資格の難易度偏差値

医科 歯科
偏差値44 偏差値43
簡単
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 医療事務管理士技能認定試験 合格
所轄・主催:
技能認定振興協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2019年資格日程

願書受付
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
試験日
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
合格発表
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

医療事務管理士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 通学

医療事務管理士試験概要

受験資格 不問
試験内容 「医科」または「歯科」から選択する。

学科試験:
マークシート形式
・法規
 医療保険制度・公費負担医療制度等についての知識
・保険請求事務
 診療報酬点数の算定、診療報酬明細書の作成・医療用語等の知識
・医学一般
 臓器・生理機能・傷病等についての知識

実技試験

・レセプト点検問題
・レセプト作成(外来・入院)
合格率 47.50%
願書受付期間 試験月の前月下旬まで
試験日程 奇数月の第4土曜日
受験地 札幌・旭川・仙台・福島・山形・盛岡・東京・横浜・千葉・埼玉・甲府・群馬・栃木・茨城・新潟・長野・名古屋・三重・静岡・浜松・金沢・大阪・奈良・神戸・京都・岡山・島根・広島・松山・高知・福岡・宮崎・熊本・沖縄
※沖縄は3月・9月のみ
受験料 7500円
合格発表日 試験日から1カ月以内
受験申込・問合せ 技能認定振興協会
〒101-8638 東京都千代田区神田佐久間町3-2 ソラスト秋葉原ビル2F
TEL 03-3864-3559 FAX 03-3864-5112
ホームページ 医療事務管理士|医療事務の資格ならJSMAの医療事務管理士
http://www.ginou.co.jp/iryoujimu/tabid/157/Default.aspx

医療事務管理士のレビュー

(1件)
レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。

yucon
職業訓練校で、しっかり知識を身につけ資格取得を行いました。

2019年02月26日
私は今まで介護のお仕事に携わってきていましたが、別の方向で同じく福祉のお仕事に携われる資格はないかなぁと探していた時に医科医療事務管理士という資格がある事を知りました。

資格を取るといえばユーキャン等が思い浮かぶと思いますが、私は自分で参考書を読み理解し勉強すると言うのを苦手としていたので、人に教わりながら資格を取れる方法として、ハローワークの職業訓練校に通い資格取得を目指しました。

国家資格ではないですが、やはり資格ですので最初は理解が難しかったので、実際に質問も出来て教えてもらえる訓練校での資格の勉強はとても有意義だったと思います。

またユーキャンでは出来ない、実際に病院や診療所へ行き実習が行えたのもとても良かったと思います。私の場合は実習先でそのまま就職内定をもらう事も出来ました。

医科医療事務管理士は病院等でのレセプト作業がメインであり、医療事務として働く為にはもちろん必要不可欠ではあります。それと同時に、資格の勉強をしたおかげで自分が実際に病院へがかかった時にこういう風に点数を取られているんだ。。。と知らない事が沢山あり、病院にかかるという事は自分の生活とは切り離せない事なので、仕事だけとは関係なく生きて行く上での大切な人生勉強にもなり役に立っています。
このレビューを1人中1人が評価しています