資格の取り方 » 国家資格 » 環境 » 公害防止管理者

公害防止管理者

公害防止管理者は、企業における公害防止の責任者で、公害を発生する施設あるいは防止する施設の運転および維持・管理、使用燃料や原材料の検査などをおこなう事業所には、この資格を有する人物が必要になります。公害防止管理者は、煤煙や汚水、騒音、振動など、発生する公害を法律で規制された範囲内にとどめるよう厳格に管理します。

資格詳細
公害防止管理者は、大気汚染、水質汚濁、騒音、振動等の公害を防止するため、法律が定める特定の工場において、定期的に検査を行い、公害の予防と管理をおこなう技術者です。製造業、ガス供給業、電気供給業、熱供給業のいずれかの事業に該当し、ばい煙や粉じん・汚水・騒音・振動・ダイオキシンなどの有害物質を排出する設備を設置している工場に公害防止管理者の選任が義務づけられています。資格を取得するには、産業環境管理協会が主催する国家試験に合格する方法と、技術資格または学歴に応じた実務経験の資格要件を満たし、資格認定講習を受講する方法があります。

活躍場所
公害防止管理者の活躍場所は、化学工場をはじめとして食品や製薬メーカー等の工場が中心となります。入社する前から資格を取得している人は少なく、大学の理系学部出身者や工業系の高校や専門学校の卒業者が、入社後に資格を取得するケースが一般的です。試験が大気、水質、振動・騒音などの13分野に分かれており、勤務先で必要な業務に対応した分野の資格を取得して、業務にあたります。工場での検査や公害防止の予防の業務だけでなく、会社側の代表者として、付近住民からの苦情、行政側の指導の窓口を務めることもあります。

収入と将来性
勤務先の企業の規模や業種によって得られる収入は変わってきますが、試験の難易度がそれなりに高く、工場に1人以上は設置が必要な資格であることから、製造業では有資格者は評価されます。一部の大手企業を除き、まだまだ不足している状態なので、今後もニーズは高い資格といえるでしょう。資格手当の対象としている会社も多く、また資格を持っていることで責任者に抜擢される可能性も高くなり、勤務先での昇格や昇給が期待できます。環境技術のスペシャリストとして、キャリアアップしたい人には取っておいて損はない資格です。

向いている人
公害の発生を未然に防ぐため日々の業務にあたるのが公害防止管理者の仕事です。異常があった場合は安全管理者や衛生管理者などと話し合って対策を立てなければなりません。公害は一度発生してしまうと、解決まで長い年月と多額の費用がかかってしまいます。日頃から業務に地道に取り組む根気強さと緊急時に的確に行動ができる判断力が要求されます。決して目立つ仕事ではありませんが、責任感のある人が向いているといえるでしょう。また、地域住民との折衝の際には工場側の代表者となる場合も多いため、コミュニケーション能力も必要です。

取得方法
技術資格または学歴と実務経験があれば、資格認定講習を受けて資格を取得できますが、認定講習の受験資格がない場合は、国家試験に合格する必要があります。国家試験の合格を目指す人は、仕事をしながら勉強するのが一般的です。難易度が比較的に高い試験なので、数カ月から半年程度を勉強期間にあてる計画を立てたほうがいいでしょう。産業環境管理協会が発行する公式テキストからの出題が中心になるので、公式テキストと過去問題集を使うのが一般的な勉強方法です。また、協会の有料講習会や民間の通信教育を利用するのも試験対策に有効です。



公害防止管理者資格の難易度偏差値

大気1種 大気2種 大気3種 大気4種 粉じん特定 粉じん一般 水質1種 水質2種
偏差値57 偏差値56 偏差値55 偏差値54 偏差値55 偏差値55 偏差値57 偏差値56
普通
普通
普通
普通
普通
普通
普通
普通
水質4種 騒音振動 ダイオシキン類 公害防止
偏差値54 偏差値55 偏差値56 偏差値55
普通
普通
普通
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 公害防止管理者等国家試験国家試験 合格
所轄・主催:
経済産業省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書受付
2017年7月3日~2017年7月31日
試験日
2017年10月1日
合格発表
2017年12月15日
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

公害防止管理者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(優) 必置資格 ★★★★★ 独学 講習 通信

公害防止管理者試験概要

受験資格 不問
試験内容 試験は科目ごとに多肢選択方式による五者択一式の筆記試験(マークシート方式)

大気関係

・公害総論
・大気概論
・大気特論
・ばいじん・粉じん特論
第1種

・大気有害物質特論
・大規模大気特論
第2種

・大気有害物質特論

第3種

・大規模大気特論
大気関係第4種

(追加科目なし)

特定粉じん関係

・公害総論
・大気概論
・ばいじん・粉じん特論

一般粉じん関係

・公害総論
・大気概論
・ばいじん・一般粉じん特論

水質関係

・公害総論
・水質概論
・汚水処理特論
第1種

・水質有害物質特論
・大規模水質特論
第2種

・水質有害物質特論

第3種

・大規模水質特論
第4種

(追加科目なし)

騒音・振動関係

・公害総論
・騒音・振動概論
・騒音・振動特論

ダイオシキン類関係

・公害総論
・ダイオキシン類概論
・ダイオキシン類特論

公害防止主任管理者

・公害総論
・大気・水質概論
・大気関係技術特論
・水質関係技術特論
合格率 25.80%
願書受付期間 7月上旬~下旬
試験日程 10月上旬(第1日曜日)
受験地 札幌・仙台・東京・愛知・大阪・広島・高松・福岡・那覇
受験料
大気関係第1種:
6800円
大気関係第2種:
6400円
大気関係第3種:
6800円
大気関係第4種:
6400円
特定粉じん関係:
6400円
一般粉じん関係:
6400円
水質関係第1種:
6800円
水質関係第2種:
6400円
水質関係第3種:
6800円
水質関係第4種:
6400円
騒音・振動関係:
6400円
ダイオシキン類関係:
6800円
公害防止主任管理者:
6800円
合格発表日 12月中旬
受験申込・問合せ 一般社団法人 産業環境管理協会 公害防止管理者試験センター
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町二丁目2番1号(三井住友銀行神田駅前ビル)
TEL:03-5209-7713 FAX:03-5209-7718
ホームページ 資格制度の概要|国家試験・資格認定講習|公害防止管理者 |一般社団法人産業環境管理協会
http://www.jemai.or.jp/polconman/

公害防止管理者のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。