資格の取り方 » 国家資格 » IT(パソコン) » エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)は、組み込みシステムの専門家としての能力を問う試験です。広範な知識や経験、実践能力をフルに活かすことで、要求された機能や性能、品質、セキュリティを含めた信頼性など、ハードウェアおよびソフトウェアに求められる内容を分析して、ベストな組み込みシステムを実現できる人材であるかどうかが判定されます。

資格詳細
ITの機能はパソコンや情報機器以外に、家電や産業用ロボット、自動車といった機器にも搭載されています。このような機器をシステム化するためには情報機器とは異なった、組み込みシステムに対応した技術が必要となります。エンベデッドシステムスペシャリストは、このような目的に適した技術者を認定する資格です。家電や産業用ロボット等に搭載された組み込みシステムに関して、ハードウェアやソフトウェア両方に関する知識や技能を活用することにより、最適な組み込みシステムを設計し構築する能力をはかります。

活躍場所
エンベデッドシステムスペシャリストは組み込み系エンジニアとして、家電や自動車等を開発するメーカーや、関連するSI会社で活躍することができます。また工場等で使用する産業機械にも組み込みシステムがありますから、産業機械メーカーでも活躍することが可能です。なお、メーカーや一次請けのSI会社に入社することができれば、より高いレベルの仕事を任されることが期待できます。また、最近は組み込みシステムにもウィルス感染等の被害が出てきています。組み込みシステムはパソコン等とは異なる特性がありますから、セキュリティ関連企業も活躍できる場所の一つです。

収入と将来性
組み込み系エンジニアの収入は、平均的といえます。その中でも設計等の上流工程に携わることができれば、多少高い収入も期待できます。またIoTの進展に伴い、家電や自動車にもIT機器を搭載した製品が増え続けると見込まれます。その一方で組み込みエンジニアは人出不足であり、特にこの資格の保持者は、高いスキルを持つ者として迎えられることが期待できます。このため、将来のニーズは高いと見込まれます。

向いている人
組み込み系システムは、不具合があったとしても簡単に修正を施すわけにはいきません。そのため、不具合を出さないということにこだわる人が向いています。また仕様の認識の違いは、些細なものであっても不具合につながることがありますから、細かい点にも注意を払える人も向いています。実際の開発にはC言語やC++といった言語を利用しますので、プログラミングに抵抗がないことは必須です。また、組み込み系システムの設計や開発を適切に行うためには、ハードウェアの知識も必要です。そのためプログラミングだけでなく、機械いじりが得意な方にも向いているといえるでしょう。

取得方法
ハードウェアとソフトウェアの両方の知識が必要な資格です。そのため、システム開発についての学習はもちろん、ハードウェアについての情報にも関心を持つことが重要です。専門誌やWeb等で、積極的に知識を得ることが大切です。また、あなた自身の仕事に取り組むことも勉強方法の一つです。仕様に不備はないか、起こり得る問題は何かということ等を考えながら取り組むことは、特に午後Ⅰや午後Ⅱ試験の有効な対策となります。もちろん試験形式に慣れるために、試験対策の参考書や問題集を使うことも有効です。一人で学習することに不安がある方は、通信教育を活用することも検討してください。



エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)資格の難易度偏差値

偏差値67
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 エンベデッドシステムスペシャリスト試験 合格
所轄・主催:
経済産業省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書受付
2018年1月11日~2018年2月8日
試験日
2018年4月15日
合格発表
2018年6月下旬
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(優) 特になし ★★★★★ 独学 通学

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)試験概要

受験資格 不問
試験内容
試験時間

午前I:50分/午前II:40分
午後I:90分/午後II:120分

出題形式

午前I:四肢択一式/午前II:四肢択一式
午後I:記述式/午後II:記述式

出題範囲
(午前)
テクノロジ系:コンピュータシステム・技術要素・開発技術

出題範囲
(午後)
組込みシステムの設計・構築に関すること
組込みシステムのソフトウェア設計に関すること
組込みシステムのハードウェア設計に関すること
合格率 17.20%
願書受付期間 1月中旬~2月中旬
試験日程 4月
受験地 全国主要都市
受験料 5700円
合格発表日 6月
受験申込・問合せ 独立行政法人 情報処理推進機構 IT人材育成本部情報処理技術者試験センター
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15F
TEL:03-5978-7600
ホームページ IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験
https://www.jitec.ipa.go.jp/

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。