資格の取り方 » 民間資格 » 食品 » きき酒師

きき酒師

「sake」が英単語として通用するほど世界的に有名な日本酒。?酒師(ききさけし)は、その日本酒の正しい知識を豊富に有し、酒の香りや味わいのわずかな違いも敏感に鑑定できる能力を持った人にあたえられる資格です。認定試験は飲料全般および日本酒に関する知識を問う筆記のほか、実技試験として日本酒のテイスティングもおこなわれます。プロを目指す人だけでなく、趣味のお酒好きにも人気が高まっている資格です。

資格詳細
縄文時代の遺跡に製造の痕跡が見られるほど古い歴史を持つ日本の酒造。なかでも米を原料とする「日本酒」は、その名のとおり日本を代表する酒として世界的にもよく知られています。高級なものから廉価なものまで出そろっており、入手も容易で非常にポピュラーなお酒ですが、「きき酒」によって銘柄ごとの特徴などを吟味しようと思うとかなり難しく、専門的な知識や技術が必要になります。「きき酒師」は、そのきき酒の技能を認定する民間資格。なお、「きき」は漢字で「?」(口へんに利)と表記します。

活躍場所
きき酒師が活躍する場所は、飲食店のサービスや調理、管理部門、酒類を中心にした飲食小売店および卸売業者が主です。飲食店では、ワインにおけるソムリエのように、お客さんの注文や料理に応じて最適な日本酒を選び出す手助けをおこないます。また、在庫の管理や発注などにおいても、きき酒師の専門知識が活かせるでしょう。宿泊業や旅行代理店といった旅行業でも活用できる資格です。もちろん、趣味の資格として、飲み会の席などでも役に立つことでしょう。

収入と将来性
現に飲食店に勤務しており、日本酒を提供することが多い人にとって、きき酒師の資格はスキルアップに最適となります。ソムリエのような活動ができなくても、日本酒に関する専門知識は業務のレベルを深めることにつながり、昇進や昇給にも影響してくるでしょう。かつて日本酒は、中高年の男性に人気というイメージでしたが、現在では若者や女性にも愛好者を広げており、とても将来性のあるアルコール飲料として価値が見直されていますので、この資格の評価もおとろえることはなさそうです。

向いている人
きき酒師は、お酒が好きで、特に日本酒が好きという人に向いている資格です。専門的な知識やテイスティングの技術を身につければ、大好きな日本酒がより好きになること請け合いです。また、飲食店や小売店で日本酒を取り扱っている人にもスキルアップのために取得しておきたい資格でしょう。お客さんの要望に応じて最適なお酒を選んだり、料理に合ったお酒を選んだりすることができれば、お客さんや上司から信頼を得られる特別なスキルとなります。

取得方法
きき酒師は、NPO法人の日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が認定する民間資格です。取得には養成講座を受ける必要がありますが、会場受講、在宅受講、通学受講など、さまざまなコースが用意されています。講座を修了後、認定試験に合格することで資格を取得できます。試験では、筆記のほか、実際に日本酒を飲み比べるテイスティングも出題されます。通信コースも用意されており、この場合は添削問題(全6回)の提出を完遂すれば、試験なしで資格が認定されます。



きき酒師資格の難易度偏差値

偏差値36
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 日本酒品質鑑定士認定証 取得
所轄・主催:
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書受付
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
試験日
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
合格発表
常時行われています。(年に4回以上試験がある)
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

きき酒師資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 通学

きき酒師試験概要

受験資格 20歳以上
試験内容 「通信コース」以外の講習を修了後、試験に合格することで資格が認定される。

1次試験:
筆記
・酒類をはじめ飲食全般における基礎知識
2次試験:
筆記
・日本酒に関する基礎知識
・季節別提案
3次試験:
テイスティング
・2種類の日本酒のテイスティング
・正常な日本酒と劣化した日本酒の品質の鑑定
4次試験:
筆記
・日本酒の季節別提案
・サービス知識
合格率 約80%
願書受付期間 受講スタイルにより異なる
試験日程 受講スタイルにより異なる
受験地 東京・名古屋・大阪
受験料
受講・受験料:
受講スタイルにより異なる
認定登録料:
25000円
入会金:
19000円
年会費:
15900円
合格発表日 試験日から約2週間後
受験申込・問合せ 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)
〒112-0002 東京都文京区小石川1-15-17
TEL:03-5615-8205 フリーダイアル:0120-492-676
ホームページ ?酒師 | 日本酒のソムリエ
http://kikisake-shi.jp/

きき酒師のレビュー

まだレビューがありません

レビューを書く: twitter facebook
※レビューを書くのにはいたずら防止のため上記IDが必要です。アカウントと連動していませんので個人情報が洩れることはございません。