eco検定(環境社会検定試験) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 公的資格 » 環境 » eco検定(環境社会検定試験)

eco検定(環境社会検定試験)

「eco検定」こと環境社会検定試験は、環境問題への社会的意識の高まりとともに平成18年に始まった公的検定試験です。環境について幅広い知識を有し、みずから率先して環境問題に取り組める人間を育成することを目的としています。エコが社会の重大事項となり、企業にも対応が求められている現在、キャリアアップに役立つ検定として注目が高まっています。

資格詳細
eco検定は、2006年10月に創設された公的な検定で、環境に対する幅広い知識がためされる試験です。正式には「環境社会検定試験」といい、エコロジーの必要性への関心が高まるとともに受験者を増やしており、これからの社会に求められる環境知識を持った人材を育成するために、環境意識の高い企業や団体においても受験が奨励されています。

活躍場所
eco検定によって身につく知識が役立つ場所は非常に多岐に渡ります。いまや環境問題は、個人から地域、学校、企業などなど、全国民レベルで取り組まねばならないテーマとなっているからです。しかしながら、この検定が、実益に結びつくことはあまりないでしょう。あくまでも、エコロジー関する教養の高さを示す資格です。特に、環境保全に取り組んでいる企業や団体で高く評価されます。就職および転職を希望している企業が、環境意識が高いようなら、確実に有利なアピール材料になるでしょう。

収入と将来性
eco検定は、現時点では、実利に直結することがあまりない資格ですが、将来において、エコロジーに関する知識は社会人として必須の教養になると予想されています。実際、現段階でも企業のCSR(社会的責任)対応や環境ビジネス分野への展開を見越して、eco検定の受験を推奨する企業が増えています。就職や転職の際の評価要素としても、その有利性はますます高まってゆくでしょう。

向いている人
環境問題について興味のある人に向いています。日頃から環境破壊に問題意識を持っていたり、自然を守りたいと願っている人なら、受験勉強も大幅にはかどるでしょう。また、就職をひかえた学生にとっては、どんな業種においてもアピール材料になりますので、おすすめの検定です。eco検定で身につく知識は、日常生活においても役に立ちますので、単純に知的好奇心からチャレンジするのもおもしろい検定です。

取得方法
eco検定の試験勉強には、検定の主催者である東京商工会議所が作った公式テキストが欠かせません。検定試験は、このテキストで得られる基礎知識を前提とした応用力がためされます。出題範囲もこのテキストがフォローしている範囲になりますが、独自に最新情報も補強しておくとよいでしょう。環境省の『環境・循環型社会・生物多様性白書』に目を通したり、新聞や雑誌などから環境関連のニュースをチェックしておきましょう。
「eco検定」こと環境社会検定試験は、環境問題への社会的意識の高まりとともに平成18年に始まった公的検定試験です。環境について幅広い知識を有し、みずから率先して環境問題に取り組める人間を育成することを目的としています。エコが社会の重大事項となり、企業にも対応が求められている現在、キャリアアップに役立つ検定として注目が高まっています。

資格詳細
eco検定は、2006年10月に創設された公的な検定で、環境に対する幅広い知識がためされる試験です。正式には「環境社会検定試験」といい、エコロジーの必要性への関心が高まるとともに受験者を増やしており、これからの社会に求められる環境知識を持った人材を育成するために、環境意識の高い企業や団体においても受験が奨励されています。

活躍場所
eco検定によって身につく知識が役立つ場所は非常に多岐に渡ります。いまや環境問題は、個人から地域、学校、企業などなど、全国民レベルで取り組まねばならないテーマとなっているからです。しかしながら、この検定が、実益に結びつくことはあまりないでしょう。あくまでも、エコロジー関する教養の高さを示す資格です。特に、環境保全に取り組んでいる企業や団体で高く評価されます。就職および転職を希望している企業が、環境意識が高いようなら、確実に有利なアピール材料になるでしょう。

収入と将来性
eco検定は、現時点では、実利に直結することがあまりない資格ですが、将来において、エコロジーに関する知識は社会人として必須の教養になると予想されています。実際、現段階でも企業のCSR(社会的責任)対応や環境ビジネス分野への展開を見越して、eco検定の受験を推奨する企業が増えています。就職や転職の際の評価要素としても、その有利性はますます高まってゆくでしょう。

向いている人
環境問題について興味のある人に向いています。日頃から環境破壊に問題意識を持っていたり、自然を守りたいと願っている人なら、受験勉強も大幅にはかどるでしょう。また、就職をひかえた学生にとっては、どんな業種においてもアピール材料になりますので、おすすめの検定です。eco検定で身につく知識は、日常生活においても役に立ちますので、単純に知的好奇心からチャレンジするのもおもしろい検定です。

取得方法
eco検定の試験勉強には、検定の主催者である東京商工会議所が作った公式テキストが欠かせません。検定試験は、このテキストで得られる基礎知識を前提とした応用力がためされます。出題範囲もこのテキストがフォローしている範囲になりますが、独自に最新情報も補強しておくとよいでしょう。環境省の『環境・循環型社会・生物多様性白書』に目を通したり、新聞や雑誌などから環境関連のニュースをチェックしておきましょう。



eco検定(環境社会検定試験)資格の難易度偏差値

偏差値44
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 eco検定(環境社会検定試験) 合格
所轄・主催:
東京商工会議所
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

eco検定(環境社会検定試験)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 キャリアアップ(良) 特になし ★★★★★ 独学 講習 通信 公式テキスト

eco検定(環境社会検定試験)試験概要

受験資格 不問
試験内容 マークシート選択問題
・わたしたちの地球と自然環境
 地球の生い立ち、大気・海と川・土壌と森林の役割、地球環境と生態系など
・環境問題の実態
 公害問題、大気汚染・水質汚濁・土壌汚染、地球温暖化、生物多様性、エネルギー消費の実態など
・環境をめぐる世界の動き
 地球サミット、気候変動・生物多様性・環境問題に対する国際的な取組み、循環型社会(3R推進)
・環境と社会
 環境基本法、公害防止技術、再生可能エネルギー、化学物質の環境リスク対策など
・環境と経営
 CSR、環境マネジメントシステム、環境アセスメント、排出量取引、温室効果ガスの排出状況など
・環境と商品
 グリーン購入、ライフサイクルマネジメント、環境ラベルの種類など
・豊かな食事と環境の関係
 日本の食料自給率、農商工連携・6次産業化、フードマイレージ、地産地消、旬産旬消、食育など
・自然と共生した住環境
 住まいの変遷、シックハウス症候群、VOC、スマートシティ、エコ住宅とコミュニティなど
・生活と環境
 生活排水、ごみの排出、ソーシャルビジネス、エコツーリズムなど
合格率 53.8%
願書受付期間 5月中旬~6月中旬・9月下旬~10月下旬
試験日程 7月下旬・12月中旬
受験地 全国各地の商工会議所が指定する会場
受験料 5400円
合格発表日 9月上旬・1月下旬
受験申込・問合せ 東京商工会議所 検定センター
03-3989-0777
(土日祝日・年末年始を除く10:00~18:00)
ホームページ eco検定(環境社会検定試験)? | 公式サイト
http://www.kentei.org/eco/