Oracle認定 Javaプログラマ資格(OCJP) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » IT(パソコン) » Oracle認定 Javaプログラマ資格(OCJP)

Oracle認定 Javaプログラマ資格(OCJP)

WebサービスやIC技術などでニーズが高まっているプログラミング言語「Java」。そのプログラマー向けの資格はいくつかありますが、日本オラクル株式会社のオラクルユニバーシティが実施するOracle認定Javaプログラマ資格(OCJP)は、Java言語の開発会社による国際的な資格として高いステータスを誇っています。初級者向けの「Bronze」から「Silver」「Gold」のランクが用意されており、2015年からはSE8にバージョンアップしています。

Oracle認定 Javaプログラマ資格(OCJP)資格の難易度偏差値

Gold Silver Bronze
偏差値63 偏差値58 偏差値47
難関
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 Oracle認定 Javaプログラマ資格○○ 合格
所轄・主催:
日本オラクル株式会社オラクルユニバーシティ
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

Oracle認定 Javaプログラマ資格(OCJP)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

Oracle認定 Javaプログラマ資格(OCJP)試験概要

受験資格
Gold:
OCJP Silver SE 8 資格所有者
Silver:
不問
Bronze:
不問
試験内容
Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8

Java SE 8 Programmer II 試験
・Java Class Design
・Advanced Java Class Design
・Generics and Collections
・Lambda Built-in Functional Interfaces
・Java Stream API
・Exceptions and Assertions
・Use Java SE 8 Date/Time API
・Java I/O Fundamentals
・Java File I/O (NIO.2)
・Java Concurrency
・Building Database Applications with JDBC
・Localization

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8

Java SE 8 Programmer I 試験
・Javaの基本
・Javaのデータ型の操作
・演算子と判定構造の使用
・配列の作成と使用
・ループ構造の使用
・メソッドとカプセル化の操作
・継承の操作
・例外の処理
・Java APIの主要なクラスの操作

Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 / 8

Java SE 7/8 Bronze 試験
・Java言語のプログラムの流れ
・データの宣言と使用
・演算子と分岐文
・ループ文
・オブジェクト指向コンセプト
・クラス定義とオブジェクトの生成、使用
・継承とポリモフィズム
合格率 非公開
願書受付期間 試験会場により異なる
試験日程 試験会場により異なる
受験地 試験会場により異なる
受験料
Gold:
26600円
Silver:
26600円
Bronze:
13600円
合格発表日 試験終了後
受験申込・問合せ 日本オラクル株式会社 オラクルユニバーシティ
TEL:0120-155-092
ホームページ オラクル研修サービス & 認定資格 | Oracle University
http://education.oracle.com/