ITコーディネータ - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » IT(パソコン) » ITコーディネータ

ITコーディネータ

ITコーディネータは、企業の情報技術化(IT化)をサポートする専門的なアドバイザーです。NPO法人のITコーディネータ協会が主催する「ITC試験」に合格し、「ケース研修」を修了することで取得できる民間資格で、経済産業省の提言によって平成13年に誕生しました。平成不況で低迷した企業の業績を回復させるためにITの導入を促進する役割が期待されており、ITの専門知識はもちろん、コミュニケーションの力も要求されます。

資格詳細
ITコーディネータ(ITC)は、経済産業省が推進する資格で、2001年に国家プロジェクトの一環としてスタートした民間資格です。経営者の視点に立って企業経営の未来のためにIT投資に関する的確な支援をおこなうことを使命としています。IT系の資格といっても、技術の開発や導入が目的ではなく、企業の経営戦略に沿って、IT戦略やIT資源調達、導入、活用、モニタリングといった一貫したIT投資のサポートに尽力するのがITコーディネータの大きな特徴です。

活躍場所
ITコーディネータは、大企業や官公庁、地方自治体といった大組織のほか、中堅企業や中小企業といった中小規模の会社組織でも活躍しています。業種も多種多様で、製造業や小売業、サービス業、病院、学校、農業法人などなど、ITの活用が経営を改善しうるあらゆる分野でその能力が求められています。ITコーディネータの多くは企業に所属し、IT部門で自社の経営に貢献していますが、独立して中小企業のIT化を支援している人も少なくありません。

収入と将来性
いわゆる「IT革命」がもたらした社会の変化は、ビジネスの世界にもっとも大きな影響をおよぼしました。現在はあらゆる業種でIT化なくして経営の発展がなしえないほどになっています。しかし経営とITの双方に精通した人材は不足しているのが現状。ITコーディネータの需要はきわめて高く、特に外部の専門家に頼りたい中小企業から大きな期待を寄せられています。独立開業も含めて、ITコーディネータは将来性のある資格です。また、企業によっては、社員にこの資格の取得を奨励していたり、昇給や昇進の判断材料にしているケースもあります。

向いている人
経営とITの両面からのアプローチが求められるので、すでにどちらか一方に関わっている人であれば、比較的、容易に取得できるでしょう。たとえば経営者や経営指導者、公認会計士、税理士、中小企業診断士、あるいはIT技術者やITコンサルタント、ベンダー企業の営業職の人などです。また、ITコーディネータは、ITパスポート試験などIT系の資格を取得していて、さらなるスキルアップを目指す人にも最適な目標となります。ノウハウの蓄積と更新が重要なので、常に新しい経営およびITの知識を追い求めることができる探究心おうせいな人に向いています。

取得方法
ITコーディネータの資格を得るには、ITC試験に合格するだけでなく、ケース研修を受講して修了する必要があります。試験と研修はどちらが先でもかまいません(期限は4年間)。研修は、事前学習のeラーニングと6日間の集合研修、フォローアップ研修で構成されています。合格率は60%程度ですが、特に研修に高額な費用がかかるので、一発合格を目指したいところです。試験および研修はNPO法人の日本ITコーディネータ協会が実施しています。



ITコーディネータ資格の難易度偏差値

偏差値54
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ITコーディネータ 認定
所轄・主催:
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

ITコーディネータ資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 独立開業にかなり有利 特になし ★★★ 独学 講習 公式テキスト

ITコーディネータ試験概要

受験資格 不問
試験内容 資格取得は、「ITC試験」に合格することと「ケース研修」を修了することが条件。

ITC試験

多肢選択式(CBT試験)
・IT経営認識プロセスに関すること
・経営戦略に関すること
・IT戦略策定に関すること
・IT資源調達に関すること
・IT導入に関すること
・ITサービス活用に関すること
・プロセス&プロジェクトマネジメントに関すること
・モニタリング&コントロールに関すること
・コミュニケーションに関すること
合格率 60.00%
願書受付期間
ITC試験:
7月上旬~8月下旬・2月上旬~3月上旬
ケース研修:
3月中旬~5月下旬・9月上旬~11月中旬
試験日程
ITC試験:
8月上旬~9月中旬・2月中旬~3月中旬
ケース研修:
6月上旬~8月下旬・11月下旬~2月下旬
受験地
ITC試験

全国のCBT-Solution社・CBT試験会場

ケース研修

北海道・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・富山・石川・福井・愛知・京都・大阪・広島・香川
受験料
ITC試験:
19440円
ケース研修:
216000円
合格発表日
ITC試験:
即時(CBT試験)
受験申込・問合せ 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス9F
TEL:03-6912-1081 FAX:03-5981-7371
ホームページ ITコーディネータ協会(ITCA)
http://www.itc.or.jp/