IATAディプロマ認定試験 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 航空・船舶 » IATAディプロマ認定試験

IATAディプロマ認定試験

1977年に始まったIATA DIPLOMA(ディプロマ)試験は、正式には「International Cargo Agents Training Programme」といい、世界100カ国で実施されている国際的な資格認定試験です。合格者には「ディプロマ」の国際資格があたえられ、航空貨物輸送に関する一切の業務を全世界でになえる人材であることが証明されます。18カ月または12カ月の講習期間(自宅学習)のなかで試験に合格することで取得が可能です。

IATAディプロマ認定試験資格の難易度偏差値

基礎 上級 危険物
偏差値44 偏差値47 偏差値47
簡単
簡単
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 IATAディプロマ 取得
所轄・主催:
一般社団法人航空貨物運送協会主催
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

IATAディプロマ認定試験資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(良) 特になし ★★★★ 独学 講習 公式テキスト

IATAディプロマ認定試験試験概要

受験資格 不問
試験内容 基礎コース(18カ月)、上級コース(18カ月)、危険物コース(12カ月)からコースを選択して講習を受講(自宅)する。講習期間内に試験を受け、合格することで資格が認定される。
なお、試験はすべて英語でおこなわれる。

基礎コース

国際航空貨物の運送および運送スケジュールの作成、運賃計算などに関する基礎知識
上級コース

国際航空貨物の積み合わせ、ULD使用などによる運賃計算、運送状などに関する専門知識
危険物コース

危険物輸送に関わる書類、貨物保険、輸送梱包などに関する専門知識
合格率 62.8%(基礎)
願書受付期間
基礎:
5月・11月
上級:
5月・11月
危険物:
2月・5月・11月
試験日程
基礎:
6月・12月
上級:
6月・12月
危険物:
3月・6月・12月
受験地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡・広島ほか
受験料
基礎:
53000円
上級:
50000円
危険物:
50000円
合格発表日 試験後に合否を通知し、合格者には「DIPLOMA」が交付される
受験申込・問合せ 一般社団法人 航空貨物運送協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-6-1 アステール茅場町4階
電話(03)6222-7571 FAX(03)6222-7577
ホームページ JAFA HOMEPAGE【一般社団法人航空貨物運送協会】
http://www.jafa.or.jp/diploma/index.html