FP(ファイナンシャル・プランナー)[AFP/CFP] - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 金融 » FP(ファイナンシャル・プランナー)[AFP/CFP]

FP(ファイナンシャル・プランナー)[AFP/CFP]

ファイナンシャル・プランナーは、個人の家族構成や収支、資産および負債状況、保険の加入状況など、さまざまな情報を総合して、その人に合った生活を設計し、その実現をサポートする仕事です。職務内容から、金融商品や株式だけでなく、税制や年金などについても広い知識が求められます。また、個人の人生設計に関わることなので、倫理観などの面でも高い水準が求められます。

資格詳細
ファイナンシャル・プランナー、略して「FP」は、資産設計に関するアドバイスの専門家です。顧客のライフプランに則して、家族構成や収支状況、資産や負債、保険などのデータを収集、総合し、資産運用から貯蓄計画、保険、税制、相続関連に至るまで、人生全般にわたるトータルな資産設計を助言します。必要があれば、税理士や公認会計士などのエキスパートたちと連携して、高度かつ最適なファイナンシャル・プランニングを実施します。FPの資格としては、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認定するものと、国家検定の「ファイナンシャル・プランニング技能士」とがありますが、ここでは前者について解説します。

活躍場所
FPの知識と技能が活用できる場は、主に保険や証券、銀行などといった金融業界、または不動産業界、税務会計事務所などです。これらの業界で勤務しながら、お客さんに適切な資産設計アドバイスを提供しています。独立開業して、自由な立場から個人の相談に応じる人や、セミナー講師になったり執筆活動をおこなったりして、より多くの人の資産設計に助言している人もいます。

収入と将来性
人生において、お金はきわめて重要な要素です。そして上手な資産設計は、人生をより豊かに安心して送るために、避けることができないプロセスだと言ってもよいでしょう。このため、FPの需要は常に一定以上の高さを維持しています。景気がよければよいなりの、悪ければ悪いなりのファイナンシャル・プランニングがありますので、その点でも有利です。また、独立開業すれば、信用と実力次第で高収入も期待できます。

向いている人
FPは、顧客のお金を取りあつかうという点から責任が重いだけでなく、人生設計にまで関わるため、責任感の強い人でなければ、お客さんの信頼を得ることはできないでしょう。また、顧客の家族構成や職業、収入などなど、多くの個人情報に接することになりますので、厳重な情報管理能力と、決して客を裏切らない誠実さが求められます。また、人の相談に乗るお仕事ですので、相手の要望をくまなく聞き出せるコミュニケーション能力も欠かすことはできません。

取得方法
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認定するFP資格は、AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)とCFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)に区分されており、前者は一般的な普通資格、後者は世界23カ国で通用する国際的な上級資格となっています。AFPの取得には、国家検定であるファイナンシャル・プランニング技能士の2級に合格し、AFP認定研修に参加して修了することが前提条件となります。CFPの取得は、AFPを取得してのち、CFP試験に合格、CFPエントリー研修の修了および3年の実務経験を積む必要があります。



FP(ファイナンシャル・プランナー)[AFP/CFP]資格の難易度偏差値

CFP AFP
偏差値58 偏差値48
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 APF 登録
所轄・主催:
日本FP協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

FP(ファイナンシャル・プランナー)[AFP/CFP]資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(良) 特になし ★★★★ 独学 通学 通信 公式テキスト

FP(ファイナンシャル・プランナー)[AFP/CFP]試験概要

受験資格
CFP

・AFP資格認定者
・協会が認定する大学院で所定の課程の単位を取得した者

AFP

以下の要件を満たすことで取得。
・日本FP協会認定の教育機関が実施するAFP認定研修(合計68単位以上)を受講・修了すること
・指定試験(1級もしくは2級ファイナンシャル・プランニング技能検定)に合格すること
・所定期限内に日本FP協会に登録すること
試験内容
CFP:
筆記試験(各課目120分)四肢択一式
・金融資産運用設計
・不動産運用設計
・ライフプランニング・リタイアメントプランニング
・リスクと保険
・タックスプランニング
・相続・事業継承設計

6課目すべてに合格後、CFPエントリー研修を受講し、通算実務経験が3年以上になれば、CFP資格が認定される。
合格率 37.6%(2級FP学科)
願書受付期間
CFP

郵送:
4月上旬~中旬・9月上旬~中旬
ネット:
4月上旬~5月上旬・9月上旬~10月上旬
試験日程
CFP
(試験)
6月・11月

AFP
(研修)
5月・9月・1月
受験地
CFP
(試験)
札幌・仙台・宇都宮・東京・新潟・金沢・静岡・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・熊本・那覇

AFP
(研修)
認定教育機関による
受験料
CFP
(試験)
1課目:
5400円
2課目:
9720円
3課目:
14040円
4課目:
18360円
5課目:
22680円
6課目:
27000円

AFP
(研修)
認定教育機関による
合格発表日
CFP:
7月中旬・12月中旬
受験申込・問合せ
NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5F
TEL 03-5403-9900 FAX 03-5403-9797
ホームページ FPの試験情報 |日本FP協会
http://www.jafp.or.jp/examine/