Excel表計算処理技能認定試験 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » IT(パソコン) » Excel表計算処理技能認定試験

Excel表計算処理技能認定試験

ビジネス技能のなかでもコンピュータに関連するスキルを専門に資格を認定しているサーティファイ。Excel表計算処理技能認定試験は、そのサーティファイが実施する『Microsoft Excel』の技能を認定する資格試験です。ビジネスに欠かせない表計算ソフトだけに多くの受験者を獲得しています。

資格詳細
株式会社サーティファイの主催する資格試験。Excelの基本操作からレイアウト、関数、グラフ、テーブル、マクロに至るまで、Excelの操作や機能に関する知識が問われます。3級はやや初歩的な内容で、2級・1級は仕事での活用を考えてややExcel上級者向けの内容となっています。Excel2007、2010、2013、2016の試験が用意されており、普段使用しているExcelのバージョンから受験することが可能です。また、随時試験が導入されているのもExcel表計算処理技能認定試験の特徴。最寄りの試験会場から試験日程を確認して応募できます。

活躍場所
今やExcelやWordなどのOffice系ソフトは、どの業種においてもある程度必要なスキルとなりました。日々請求書作成や経理処理などを行っている事務職はもちろん、IT関連職、営業職、飲食店、建築業に病院など。さまざまな業種や分野でOffice系ソフトを活用した業務が行われています。内容は営業報告書であったり、作業進捗報告であったりさまざまですが、利便性の高さからExcelで書類を作成することも少なくありません。Excelは使えても、Excelに備わっている機能を知っているか知らないかで雲泥の差がうまれてしまうこともあります。Excelの機能を知っていて活用できれば、それだけ仕事も効率的に回すことができるためです。つまり、Excelを活用できるだけの知識があることを証明できる「Excel表計算処理技能認定試験」はほとんどすべての業種において活躍が期待できると言えます。

収入と将来性
Excelの知識については社会人として知っておくことが望ましい、さらに応用できるとなお良しというのが現状です。そのため、Excel表計算処理技能認定試験を持っているから、直接収入に繋がるという訳でもありません。しかし、就職や転職においては、即戦力として期待できるという点で、Excel表計算処理技能認定試験の資格を所持しておくことの意義があります。特に、日常的にExcelを利用することが多い事務職においては、Excelを使いこなせるというスキルは大きなメリットです。

向いている人
Excelがすべての業種に通じるところがあるという点では、できればどの業種に就くにしても取得しておくと安心です。少なくとも、Excelの基礎となるExcel表計算処理技能認定試験の3級は取得しておくと良いでしょう。さらに上の級となる2級と1級については、事務職関連の仕事に就きたいのであれば取得しておきたいレベル。1級とはいかなくても、だいたいの内容を理解できている2級レベルは取得しておくべきでしょう。なお、ExcelなどのOffice系ソフトの資格として有名なのが、マイクロソフトオフィススペシャリスト(通称MOS)。Excel表計算処理技能認定試験はMOSの応用版のようなものなので、MOSのさらに上を目指したい人にもおすすめの資格です。

取得方法
Excelに関する知識も問われますが、試験内容に関しては実技試験が大きなウエイトを占めています。つまり、実技の内容が合否に大きく関わってくるということです。勉強方法についても、机上で用語やExcelの操作を学習するのではなく、実際にパソコンでExcelを開いて練習問題をこなしていく方法を中心にやっていく方が良いでしょう。なお、実技試験は全体の得点数に応じて合否が決定します。1級や2級になると、関数やマクロなどやや高度な内容も入ってくるので、得意分野に絞って得意な部分を伸ばしていくのも勉強方法のひとつです。



Excel表計算処理技能認定試験資格の難易度偏差値

1級 2級 3級
偏差値42 偏差値38 偏差値0
簡単
超簡単
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 Excel表計算処理技能認定試験○級 合格
所轄・主催:
株式会社サーティファイ
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

Excel表計算処理技能認定試験資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(可) 特になし ★★★★★ 独学 通学 公式テキスト

Excel表計算処理技能認定試験試験概要

受験資格 不問
試験内容
1級

Excelを用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができる。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表、ビジネス帳票、データベースに関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができる。
知識試験:
コンピュータに表示される多肢選択式の試験問題に解答
・表計算処理、およびMicrosoft Excelに関する知識
実技試験:
コンピュータに表示される仕様や指示に基づきワークシートを作成
・xlsxファイル、xlsmファイルの作成、編集

2級

Excelを用いてビジネス社会における通常の表計算処理を行うことができる。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する実践的な技能を有している。
知識試験:
コンピューターに表示される多肢選択式の試験問題に解答
・表計算処理、およびMicrosoft Excelに関する知識
実技試験:
コンピュータに表示される仕様や指示に基づきワークシートを作成
・xlsxファイル、xlsmファイルの作成、編集

3級

Excelを用いてビジネス社会における簡単なワークシートの作成とデータの入力を行うことができる。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する基礎的な技能を有している。
実技試験:
コンピュータに表示される仕様や指示に基づきワークシートを作成
・xlsxファイルの作成、編集
合格率 77.30%
願書受付期間
公開試験:
4月~8月・10月~2月
随時試験:
試験会場により異なる
試験日程
公開試験:
9月・3月
随時試験:
試験会場により異なる
受験地
公開試験:
北海道・宮城・埼玉・東京・神奈川・新潟・愛知・大阪・岡山・広島・香川・福岡・沖縄
随時試験:
全国主要都市
受験料
1級:
7500円
2級:
6500円
3級:
5500円
合格発表日 試験日から約1カ月後
受験申込・問合せ サーティファイ認定試験事務局
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル
TEL:0120-031-749 FAX:0120-031-750
ホームページ Excel?(エクセル)表計算処理技能認定試験│資格検定試験│ビジネス能力認定 サーティファイ
http://sikaku.gr.jp/ns/el/