BATIC(国際会計検定) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 公的資格 » 金融 » BATIC(国際会計検定)

BATIC(国際会計検定)

BATICとは、「国際コミュニケーションのための簿記会計テスト(Bookkeeping and Accounting Test for International Communication)」の略称で、簡潔に「国際会計検定」と訳される世界的な簿記会計試験です。英語力も求められるため難度は高いですが、ビジネスのグローバル化がすすむ昨今では、国際会計のスキルがますます需要を高めており、まさに最先端のビジネス検定試験のひとつと言ってよいでしょう。

資格詳細
BATICは「Bookkeeping and Accounting Test for International Communication」の略で「国際会計検定」と訳される公的な検定試験です。ビジネスのグローバル化が進展した現在、海外に事業所を持つ企業との取引や外資系企業との競合および提携、海外からの資金調達、国際的なM&Aなどなど、外資系のみならず日本企業にとっても、国際市場との関係性を絶つことはできなくなりました。それは業種や規模の大小を問わず、全世界的な傾向です。BATICは、そうしたグローバル化に対応できる国際的な会計のスキルをためす試験であり、世界共通語として英語の能力も問われる内容となっています。試験結果に合否はなく、TOEICなどと同様、スコアによって能力が認定されます。

活躍場所
BATICで認定される国際会計のスキルは、海外取引のある企業の財務担当者や管理職には欠かせない能力です。商社や製薬会社、外資系企業など、さまざまな場で活かすことができます。これらの職場で、英語をもちいた国際会計のエキスパートとして活躍し、国際ビジネスの架け橋となるのが主な仕事となります。また、BATICのスコアが高ければ高いほど、貿易会社や外資系企業への就職・転職で有利になることは言うまでもありません。

収入と将来性
グローバル化が進むとともに、企業は国際的な会計基準への統合を迫られつつあります。その必要性は業種や規模の大きさを超えて波及しつつあるのが現状です。こうした社会の動きのなかで、BATICで評価される国際会計の能力はますます必要性を増してゆくでしょう。非常に将来性のある資格ですし、特に、すでに国内向けの会計に関する資格を持ち、業務についている人にとっては、キャリアアップのために最適な検定だと言えます。実際、企業によっては、BATICのスコアが、昇給や昇進の判断材料とされるケースもあります。

向いている人
会計の技術ですので、数字に強い人が向いています。一日中、数字に向き合っていられるための集中力や忍耐力も欠かせません。国際会計は英語が基本になるので、英語が得意であるに越したことはありませんが、使用される単語や英文は限られるため、さほど高度な語学力は必要ありません。将来性のある資格ですので、現在、会計関連の職についていて、さらなるステップアップを求める人にぜひおすすめしたい検定です。

取得方法
BATICの試験は東京商工会議所が実施しており、年2回(7月と12月)におこなわれます。試験はSubject1(英文簿記)とSubject2(国際会計理論)で構成されており、前者は簿記3級程度、後者は簿記2級程度の知識が要求されます。スコアが200点以上で「ブックキーパー」、320点以上で「アカウンタント」、700点以上で「アカウンティングマネジャー」、880点以上で最高レベルの「コントローラー」の称号を得ることができます。



BATIC(国際会計検定)資格の難易度偏差値

コントローラーレベル
偏差値65
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 BATIC(国際会計検定)スコア○○
所轄・主催:
東京商工会議所
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

BATIC(国際会計検定)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 キャリアアップ(可) 特になし ★★★ 独学 公式テキスト

BATIC(国際会計検定)試験概要

受験資格 不問
試験内容
Subject 1(英文簿記):
全受験者必須
筆記試験:
マークシート方式・記述式
・Bookkeeper Level & Accountant Level
 ・勘定科目
 ・借方と貸方
 ・仕訳帳
 ・元帳
 ・売上取引
 ・仕入取引
 ・入金取引
 ・出金取引
 ・返品
 ・割引
 ・手形
 ・利子付手形
 ・コラムナー現金出納帳
 ・小口現金出納帳
 ・内部統制
 ・バウチャーシステム
 ・統括勘定
 ・売掛金明細および買掛金明細
 ・試算表の作成
 ・会計の構造
 ・取引の記帳
 ・決算修正仕訳
 ・再振替仕訳
 ・精算表の作成
 ・財務諸表
 ・一般に公正妥当と認められた会計原則
 ・財務諸表分析

Subject 2(国際会計理論):
受験者の修得レベルに応じて任意
筆記試験:
マークシート方式・記述式
・Accounting Manager Level
 ・財務報告と会計基準
 ・財務諸表
 ・時間価値
 ・現金預金
 ・売掛債権
 ・収益認識
 ・棚卸資産
 ・有形固定資産および減価償却
 ・無形固定資産
 ・投資:負債証券と持分証券
 ・負債
・Controller Level
 ・内部統制
 ・株主持分
 ・繰延税金
 ・キャッシュフロー計算書
 ・会計上の変更および誤謬の訂正
 ・リース会計
 ・年金会計
 ・企業結合/連結財務諸表
 ・デリバティブ
 ・公正価値評価
 ・外貨建財務諸表の換算
 ・中間財務報告
 ・セグメント報告
合格率 スコア表示
願書受付期間 5月中旬~6月中旬・9月下旬~10月下旬
試験日程 7月下旬・12月中旬
受験地 全国各地の商工会議所
受験料 10150円
Subject 1のみ:
5400円
Subject 2のみ:
7990円
合格発表日 試験後、成績票が送付される
受験申込・問合せ 東京商工会議所 検定センター
TEL:03-3989-0777
(土日祝日・年末年始を除く10:00~18:00)
ホームページ BATIC(国際会計検定)? | 公式サイト
http://www.kentei.org/batic/