(証券)外務員(一種・二種) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 金融 » (証券)外務員(一種・二種)

(証券)外務員(一種・二種)

証券外務員の資格は、金融機関に就職し、登録を受けた後、株式などの有価証券の売買等を行う外務員として活動するには、欠かせない資格だ。一種では、二種で取り扱うことのできる商品の他、先物取引などのデリバティブ取引等に関する知識が必要だ。

(証券)外務員(一種・二種)資格の難易度偏差値

一種 二種
偏差値55 偏差値48
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 外務員試験○種 合格
所轄・主催:
日本証券業協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

(証券)外務員(一種・二種)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 就職や転職にやや有利 特になし ★★★★ 独学 通学 公式テキスト

(証券)外務員(一種・二種)試験概要

受験資格 不問
試験内容
一種

二種外務員で扱う商品の他、先物取引、オプション取引、信用取引などを取り扱うことができる。
学科試験:
(160分)PCを使った選択方式および○×方式
・法令・諸規則
 ・金融商品取引法および関係法令
 ・投資信託および投資法人に関する法律ならびに関係法令
 ・協会定款・諸規則
 ・取引所定款・諸規則
・商品業務
 ・株式業務
 ・債券業務
 ・投資信託および投資法人に関する業務
 ・付随業務
・関連科目
 ・証券市場の基礎知識
 ・株式会社法概論
 ・経済・金融・財政の常識
 ・財務諸表と企業分析
 ・証券税制
 ・セールス業務
・デリバティブ取引
 ・先物取引
 ・オプション取引
 ・特定店頭デリバティブ取引等

二種

取り扱うことができる取引や商品には制限がある(先物取引・オプション取引に関する業務ができないほか、信用取引についても制限がある等)。
学科試験:
(120分)PCを使った五肢選択方式および○×方式
・法令・諸規則
 ・金融商品取引法および関係法令
 ・投資信託および投資法人に関する法律ならびに関係法令
 ・協会定款・諸規則
 ・取引所定款・諸規則
・商品業務
 ・株式業務
 ・債券業務
 ・投資信託および投資法人に関する業務
 ・付随業務
・関連科目
 ・証券市場の基礎知識
 ・株式会社法概論
 ・経済・金融・財政の常識
 ・財務諸表と企業分析
 ・証券税制
 ・セールス業務
合格率 69.2%(二種)
願書受付期間 試験日の1カ月前から5日前
試験日程 随時
※土日祝日、年末年始を除く
※試験会場により異なる
受験地 全国主要都市
受験料 8463円
合格発表日 試験終了後即時
※不合格になった場合、以後30日間は再受験できない
受験申込・問合せ 日本証券業協会
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1の5の8
ホームページ 外務員資格・外務員資格試験 | 日本証券業協会
http://www.jsda.or.jp/katsudou/open/index.html