食生活アドバイザー - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 食品 » 食生活アドバイザー

食生活アドバイザー

食生活の乱れは現代人のかかえる大きな悩みのひとつです。栄養バランスが崩れることで、健康を害したりストレスを受けやすくなったりします。食生活アドバイザーは、広い視野から人々の食生活を見直し、心身の健康を管理したり、正しい情報を提供したりするお仕事。健康な食生活を総合的に提案できるスペシャリストです。「食」に対する意識が高まっている現在、活躍の場は今後も増えてゆくことでしょう。

資格詳細
戦後の貧しい時代を乗り越え、豊かになった現在の日本では、食生活の面でも繁栄の時をむかえています。毎日、膨大な量の食糧が消費されるだけでなく、栄養はもちろん、味や見た目に至るまで、「食」に対する消費者の関心はきわめて高くなっています。その一方で、食事の変化による生活習慣病や食品添加物の問題、環境汚染など、食に関わる課題も明らかになってきました。食生活アドバイザーは、安全で健康な食生活を送るために、消費者の疑問や悩みにこたえ、本当の意味で豊かな食生活を提案できる人にあたえられる資格です。

活躍場所
食生活アドバイザーの資格を有する人で、実際にアドバイザーの仕事だけで活動している人はごくわずかです。しかしこの資格は、消費者の立場から食品や食材を選別するための知識を得ることができるので、食品関連業界や卸売業などで広く活かされています。企業によっては、社員に資格取得を推奨している場合もあるほどです。また、日常の食事や料理に役立つ知識が得られるため、主婦をはじめとして一般の受験者も多くいます。充分な実務経験があれば、食生活指導の講師として独立することも可能です。

収入と将来性
近年、大手の冷凍食品メーカーやファストフード・チェーンなどで、食の安全をおびやかす不祥事が多発しており、安全で健康な食生活に対する関心は大いに高まっています。そもそも日本のような先進国では、食の危険性や不健康な食生活が大きな社会問題であり続けるのが常です。今後とも食生活アドバイザーの存在意義は社会的にきわめて大きいと見てよいでしょう。食品業界でもその専門知識は高く評価されており、この資格の取得を推奨する企業があるほか、昇給や昇進の評価ポイントにしている企業もあります。

向いている人
食の全般に興味があり、特にヘルシーな食事を志向している人にとって、食生活アドバイザーの知識はとても有益でしょう。また、すでに食品関連の業界や食品卸売業で仕事をしている人にとって、スキルアップのために最適な資格です。自分で料理をし、自分や家族に健康で安全な食事を提供したいと考えている人にとっても、食生活アドバイザーの知識は非常に重宝するはずです。食は健康の基本であり、すこやかな成長に欠かせないものですので、子育て中のお母さんに特におすすめしたい資格です。

取得方法
食生活アドバイザーの資格は、社団法人FLAネットワーク協会が実施する食生活アドバイザー検定試験に合格することで取得できます。2級と3級の級位が用意されており、3級は消費者の立場での知識、2級は提供者の立場での知識がためされます。この資格を食品関連業界で活かすつもりなら、2級の取得を目指しましょう。2級の合格率は33%ほどと、やや難関です。公式テキストや同協会が開催する合格講座を利用するなどして、効率的に勉強する必要があるでしょう。



食生活アドバイザー資格の難易度偏差値

2級 3級
偏差値47 偏差値39
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 食生活アドバイザー検定試験○級 合格
所轄・主催:
一般社団法人FLAネットワーク協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

食生活アドバイザー資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(良) 業務独占資格 ★★★★★ 独学 講習 公式テキスト

食生活アドバイザー試験概要

受験資格 不問
試験内容
2級:
選択問題(マークシート形式)と筆記試験(記述形式)
3級:
選択問題(マークシート形式)

・栄養と健康
 栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など
・食文化と食習慣
 行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立など
・食品学
 生鮮食品・加工食品・食品表示・食品添加物など
・衛生管理
 食中毒・食品衛生・予防・食品化学・安全性など
・食マーケット
 流通・外食・中食・メニューメイキング・食品販売など
・社会生活
 消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など
合格率 約65%(3級)
願書受付期間 4月上旬~5月下旬・9月上旬~10月中旬
試験日程 7月中旬・11月下旬
受験地 札幌・仙台・さいたま・千葉・東京・横浜・新潟・金沢・静岡・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡
受験料
2級:
7300円
3級:
4700円
合格発表日 8月上旬・12月下旬
受験申込・問合せ 一般社団法人 FLAネットワーク協会 食生活アドバイザー検定事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-15-10 大山ビル2F
フリーダイヤル:0120-86-3593
TEL:03-3371-3593
※月曜日~金曜日 AM 9:00~PM 5:00 (土日祝日除く)
ホームページ 食の資格、食生活アドバイザー?|FLAネットワーク協会
http://www.flanet.jp/