電気工事士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 電気 » 電気工事士

電気工事士

電気工事士の資格は、工事できる範囲により第一種と第二種とに細分化されています。第一種電気工事士は、住宅や店舗などの一般用電気工作物のほか、中小ビルなどの自家用電気工作物の工事ができます。第一種よりも需要が高く、受験者数も多い第二種電気工事士は、一般用電気工作物の工事のみとなります。

資格詳細
電気工事士とは、屋内外のさまざまな電気工事に必要な技術職の資格です。高圧の電気を取り扱う際には重大な危険がともなうため、国家資格かつ有資格者のみが実務作業を許される業務独占資格となっています。工事できる範囲および規模によって「第一種」と「第二種」に区分されていますが、いずれも受験資格は不問であり、特に第二種電気工事士は電気工事系の資格のなかでも取得しやすいものとなっています。

活躍場所
電気工事士の主な職場は電気工事会社です。電気設備工事会社または建設会社、電力会社などに勤務する人もいます。第二種では、一般家屋や小規模商店などの電気工事ができ、第一種では、さらに中小規模の工場やビル、高圧受電の商店などの工事をおこなうことができます。具体的には、住宅や店舗の新築および改装時の屋内配線工事、照明器具やエアコン、アンテナの設置工事などが一般的な作業ですが、実際の工事の種類は就職先により異なってきます。

収入と将来性
電気工事会社の社員になった場合、年収400万円から500万円ほどの収入が見込めるでしょう。経験が重要な世界ですので、実務をかさねることで昇給してゆきます。電気工事の需要は常に安定しており、急に仕事がなくなるといった不安はあまりありません。また、最近はオール電化住宅や太陽光発電システムの普及により、住宅向け電気工事の幅も広がっていますし、家電量販店でも小規模な電気工事をおこなう店が増え、電気工事士の活躍の場は増えています。充分な経験を積めば独立開業も可能ですが、他の電気工事系および関連の深い資格を取得して業務の幅を広げることが成功の秘訣となります。

向いている人
作業のミスが重大な死亡事故につながる恐れのある危険な仕事ですので、ある程度、几帳面に作業をこなせる人でなければつとまりません。作業時のミスが自分の生命に関わるだけでなく、電気工事の不備はのちに火災などの悲劇につながりかねませんので、責任感の強い人である必要もあるでしょう。職場は工事現場であり、一日中、屋外で働き続けることもあるので、それなりの体力も求められます。

取得方法
電気工事士の国家試験は、一般財団法人の電気技術者試験センターが実施し、第一種は年1回、第二種は年2回おこなわれます。いずれも筆記試験と技能試験(実技)とで構成されています。筆記対策としては、市販のテキストを利用してとにかく暗記することが大切です。技能試験の対策には電気工事作業の練習が必要ですが、ホームセンターなどで道具と材料をそろえれば独学でも実習が可能です。こちらもテキストを早めに入手し、試験でスムーズに作業が進められるように練習をかさねておきましょう。



電気工事士資格の難易度偏差値

第1種 第2種
偏差値53 偏差値45
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 第○種電気工事士免状 取得
所轄・主催:
経済産業省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

電気工事士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(良) 業務独占資格 ★★★★★ 独学 通学 通信

電気工事士試験概要

受験資格 不問
※第一種は合格後に3年または5年以上の実務を経て免状が交付される
試験内容
第一種

第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できる。
筆記試験

・電気に関する基礎理論
・配電理論及び配線設計
・電気応用
・電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
・電気工事の施工方法
・自家用電気工作物の検査方法
・配線図
・発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
・一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令
技能試験

・電線の接続
・配線工事
・電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
・電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
・コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
・接地工事
・電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
・自家用電気工作物の検査
・自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理

第二種

一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できる。
筆記試験

・電気に関する基礎理論
・配電理論及び配線設計
・電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
・電気工事の施工方法
・一般用電気工作物の検査方法
・配線図
・一般用電気工作物の保安に関する法令
技能試験

・電線の接続
・配線工事
・電気機器及び配線器具の設置
・電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
・コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
・接地工事
・電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
・一般用電気工作物の検査
・一般用電気工作物の故障箇所の修理
合格率 58.2%(第二種筆記)
願書受付期間
第一種

郵便:
6月下旬~7月中旬
ネット:
6月下旬~7月下旬

第二種

3月上旬~4月上旬
試験日程
第一種

筆記:
10月上旬
技能:
12月上旬

第二種

筆記:
6月上旬・10月上旬
技能:
7月下旬・12月上旬
受験地 札幌・仙台・東京・愛知・石川・大阪・広島・高松・福岡・西原(沖縄)
受験料
第一種

郵便:
11300円
ネット:
10900円

第二種

郵便:
9600円
ネット:
9300円
合格発表日
第一種:
1月中旬
第二種:
9月上旬・1月中旬
受験申込・問合せ 一般財団法人 電気技術者試験センター
〒104-8584 東京都中央区八丁堀2-9-1(RBM東八重洲ビル8F)
TEL:03-3552-7691/FAX:03-3552-7847
問い合せ時間 平日9:00~17:15
ホームページ 一般財団法人 電気技術者試験センター
http://www.shiken.or.jp/